2009年 10月 27日
ルディの検査結果
本来の気候に戻ったのか、、、はたまた温暖化の影響か、、、今日も物凄く暑い1日でした。
ルディの病院に用事があり寄った後でビーチに出ましたが、、沢山の人たちが砂浜に寝転がって日光浴をしていました。
流石にこの時期にはもう海の家(?)は撤去されていまして、ビーチパラソルもチェアも借りる所はありませんが、バルタオルを敷いたり、そのまま砂の上に寝転がっている人達が沢山いました。
泳いでいる人もいましたよ、、、



今日は病院にルディの検査結果を受け取りにいきました。
何の検査結果といいますと、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の検査です。
実は先日19日にルディの血液検査と尿検査(半年に一度している定期検査です)をしたのですが、その時にちょっと気になる事があり詳しい検査をしていただくことになりました。

f0095647_22956.jpg



血液検査の結果は良好、肝臓・腎臓・カルシウム値や白血球値など異常なく一安心、ただ赤血球関係の数値RBC・HCT・HGBだけが少し高めでした。

f0095647_2283748.jpg

f0095647_2522569.jpg


    RBC : 赤血球数
    HCT : ヘマトグリット
    HGB : ヘモグロピン

が、これらの数値は低ければ貧血などで問題ですが、多少高い位では問題ないとベアトリス先生に説明を受けました。
あまり数値が高すぎる場合は、心臓病・クッシング症候群等が疑われるそうなのですが、ルディの現在の状況は心臓に異状はみられず、クッシング症候群も検査結果は問題なしとの事なので、取りあえず様子を見る程度で構わないという事になりました。


尿検査の結果は、タンパク質は出ていませんでしたが、PH8でちょっと高めかもしれません、、、
アルカリ性気味という事なので手作り食の野菜の比重が多いのか、、、、ちょっと野菜の分量を減らしてみようと思います。


尿比重 : 1.012   正常値は1.015~1.050なのでちょっと低く目でした。実は前回の時も低めでしたので、少々気がかり、、、
尿比重の低下の考えられる原因は、利尿剤など薬物の影響、腎不全など腎臓自体の問題、副腎皮質機能亢進症(クッシング症)などのホルモン異常、腫瘍だそうです。

肝臓・腎臓の数値は問題ないのですが・・・・・年も年ですし、、副腎皮質ホルモンの検査に回していただくことになりました。
そして、今日いただいた検査結果では、検査数値は正常値以内ですので、クッシング症の心配は取りあえずないという結果になりました。



良かった~! 実は・・・・・とても心配だったんです、、、
ルディお兄ちゃん、来年1月で14歳になりますが、まだまだ若いものには負けていられません!

f0095647_2292140.jpg



でも、、、尿比重が低めであるのは確かなので、腎臓機能が多少は低下しているのではないかと思います。BUN(血中尿素窒素)の数値は正常値なので、腎不全などには至っていないものの、、年も年ですし、、、一度悪くなってしまうと治療は難しい臓器ですのでこれからは腎臓に負担のかからない食生活をもっと心がけたいと思います。
ワンコの手作り食をされていらっしゃる皆様、腎臓に負担をかけないレシピ、お勧めがありましたら是非教えて下さいませ。

f0095647_2293637.jpg


ちなみにルディ&リナの主食は、茹でた肉類(牛・鶏・ターキー・兎・ラム・ウズラ等がこちらでは入手しやすくよく使っています)と魚類(リナはアレルギーなので魚類はNG)、そして茹でた野菜類・ワカメやヒジキ等の海藻類・雑穀類、etc.を消化に良いようにバーミックスでペース状にしたもの、そしてメルポレン(ビーポーレン(蜂花粉): 免疫力向上の為)とスリゴマをトッピングして与えています。
腎臓に負担をかけない為にはタンパク質・リン・カリウムを抑えなければなりませんが、野菜類・肉類を茹でることによってリン・カリウムを抑えることができるそうです。
牛カルパッチョの生食もたまに与えています。ラムのリブ部分の軟骨や最近ではカルシウム補強の為に丸ごとウズラを軽くフライパンであぶってミンチ(骨が細く危ないので)にして与えています。


1日30品目は難しいでしょうが兎に角日々なるべく多くの食材を使い、また同じ食材を続けないように変えながら与えることに注意しています。
オヤツにはヨーグルト(10日1回の割合では山羊乳のヨーグルト)やリンゴ等のフルーツ類を少々。
毎朝プロポリスを数滴入れたミルクを与えていますが、サプリメントは一切使っていません。


また手作り食で不足がちなナトリウムを補うためにコラーゲンスープにとろろ昆布や味噌少々入れたり、トマトジュースなどを与えています。
調べましたところ犬の体に理想とされる一日のナトリウム摂取量は体重1kgあたり50mgだそうで、ルディ&リナの場合は250mg前後必要になります。ルディは腎臓の事を考えると塩分は控えめにしなければなりませんが、それでもある程度のナトリウムは必要なのだと思います。

ドックフードを与えている場合はフードにナトリウムが含まれていますが、塩を使わない手作り食ではナトリウムが不足がちになるそうです。確かに我が家も人間用に味のついている食べ物を与えませんので、ナトリウムは不足しているかもしれません。
ルディとリナは暑くなり始めた頃、頻繁に汗をかいた私達の顔を手足をペロペロ舐め、あまりにも激しいので何か問題があるのではと調べていて分かりました。
手作り食に昆布やワカメ等のナトリウムが含まれている食材を上手く取り入れながら適度に塩分も接取出来るようにしています。


腎機能が低下してしまうと、タンパク質も制限しなければならなくなり、食事療法が難しくなってしまいますので、今のうちにしっかりメンテナンスしていこうと思います。




ルディお兄ちゃんだけを撮っていると、直ぐに私も私も~~って、自分が仲間外れにされていると大騒ぎのリナです、、、

f0095647_2295930.jpg



今回はリナの検査はしていませんが、次回のルディの検査の時には一緒にしてもらうつもりです。

f0095647_2301878.jpg



次回の検査は何事もなければ半年先です。それまでに今度は全部正常値になれるよう健康管理頑張らなくては。
ルディお兄ちゃん、ママも頑張っているのだからルディお兄ちゃんも頑張って元気で長生きしてね☆

by rudy-love-111 | 2009-10-27 21:40 | Rudy&Lina


<< アンダルシアへ♪      前夜祭♪ >>