タグ:味噌作り ( 3 ) タグの人気記事

2015年 09月 17日
自家製麦味噌作り 2015 (Hand made MISO)
今年の我が家の麦味噌作り、3月29日に仕込んで、7月26日に味噌開き、今は冷蔵庫でゆっくり熟成しています。

友人に自家製麦味噌をおすそ分けしましたら、とても気に入っていただけて、
レシピを頼まれていましたので2014年度の味噌作りを振り返ってみます。

f0095647_06201470.jpg



ところで今回、味噌瓶を新調しました!
実は、、昨年&一昨年使った味噌瓶の焼きが甘かったのか、昨年熟成中に「溜まり」が漏れてしまったんです、、、
それで今年に入って色々探して、、ようやくゲットしたのがこの新しい瓶、、
と、いうか、、、スペイン製の土鍋? 5L用。

f0095647_02434572.jpg



手作りなので、形が全て微妙に違い、、蓋がイビツ、、、

f0095647_02462419.jpg



でも、IHクッキングヒーター、ガスの直火、電子レンジ、オーブン、食洗機、全てOKの優れもの!
今度は折角の「溜まり」が漏れないで作れそう。

f0095647_02485583.jpg



*** 2015年 麦味噌作り ***

2015.3.29 仕込

材料 : オーガニック大豆(スペイン産)  1kg
     乾燥麦糀             2kg
     ゲランド粗塩           640g(1割は縁用)
     大豆の煮汁           900〜940cc
   (2013年は煮汁940cc、2014年は950cc、2015年は900cc)     
f0095647_02200136.jpg




今年も名刀麦こうじ(Trigo Koji)を使いました。(Koji

f0095647_00475093.jpg




綺麗な象牙色。

f0095647_00492598.jpg
f0095647_00473451.jpg




味噌作り、何よりも大切なのは滅菌!!
滅菌に始まり、滅菌に終わる。

全ての道具を熱湯消毒して、ウォッカ(焼酎がないので、、)を使って滅菌。
手もウォッカで滅菌!

f0095647_00491026.jpg



(1) 大豆は前日の夜から水に浸け、翌日アク取りしながら煮る。(私は圧力鍋を使っています)

f0095647_00481284.jpg




アクがなくなったら蓋をして、圧力が入ってから約30分。
茹で上がりは指で潰すとねっとりする位。

f0095647_00482310.jpg




(2)  茹で上がった大豆は全て使うのではなくて、2.2倍(1kg x 2,2 = 2,2kg) 分だけフードプロセッサーかハンドミキサーを使って潰します。(1kg茹でると少し余ります。)

*** 煮汁は忘れずに捨てないでとっておきます。
*** 茹で大豆は大きな粒が残らないように兎に角均等になるように潰す! 

f0095647_00484140.jpg




(3) ゲランド粗塩はコーヒーミルを使って顆粒にしてから、麦こうじとムラなく混ぜ合わせます。

f0095647_00494662.jpg




(4) 2.2kgの煮潰し大豆と上記の塩と混ぜ合わせた麦こうじを混ぜて馴染ませてから、大豆の煮汁を少しづつ加えしっかり捏ねて混ぜ合わせます。

*** この時の煮潰し大豆の温度及び煮汁は30度以下に。

f0095647_00495914.jpg




*** 少しづつ煮汁を加えながら混ぜて軽く握って味噌玉の形ができるくらいの固さになるよう煮汁の量を調整する。麦味噌の場合はちょっと柔らかめになるように。

f0095647_00504247.jpg




(5) ギュギュっと握って味噌玉を作る。

f0095647_00505073.jpg




(6) 空気が入らないように、味噌玉を叩きつけるようにして詰めていく。途中ゲンコツでギュッギュっと隙間なく詰める。

*** 空気が入るとカビの原因になります。

f0095647_03051242.jpg



(7) 最後に表面に刷毛でサッとウォッカを塗り、カビ防止の為に縁に塩を置きます。

f0095647_03020395.jpg




(8) 表面を空気がはいらないようにサランラップで覆ってから重しを置きます。(私はビニール袋に塩を詰めて重石にしています)

f0095647_02553516.jpg



蓋をして熟成。 気温があまり低いと熟成が進まないので、4月頃まではリビングに置いておき、暖かくなってからはキッチンに移動しました。

f0095647_02521165.jpg



2015.5.6  天地返し

中身はまだ糀の色が変わっていません。
味噌の外側と中心や上下で熟成にムラが出てきしまうので、掘りおこして空気に触れさせて全体を均一に熟成させる為に天地返しをするそうです。
掘り起こしているうちに収拾がつかなくなって、また全てステンレスボールに取り出して、味噌玉を作って詰め込みました、、、、

f0095647_02330407.jpg



2015.7.26 味噌開き♪

だんだん暑くなってきたので蓋を開けてみると、味噌の香りがしていたので、味噌開きすることに。

f0095647_02172018.jpg




掘り起こしてみると、中は綺麗なオレンジ色に。

f0095647_03095770.jpg



左側が2015年産、そして右側は2014年度産。

f0095647_00550750.jpg




熟成のスピードを遅らせる為にタッパに詰めて冷蔵庫に入れてあります。





麦味噌はお味噌汁に使うだけではなく、味噌漬けにしても美味しいですね。
簡単に日本の味を楽しめます。
我が家がよく牛肉の味噌漬け、豚肉の味噌漬けを作ります。数日間は日持ちするので保存食に便利。

f0095647_02035499.jpg
f0095647_02040999.jpg



麦味噌を味醂代わりに使っている甘口ワインのMoscatelと白ワインでのばして肉類を漬け込みます。


f0095647_02205747.jpg
f0095647_00561522.jpg
f0095647_00555742.jpg



ナスの味噌炒めも美味しい。豚ひき肉を入れても入れなくても美味しい。味が濃いのでご飯がすすむのが難点。。。。

f0095647_00554004.jpg



こちらは自家製ではないのですが、京都の白味噌(西京味噌)を使って鮭を西京漬けに。

f0095647_00564074.jpg
f0095647_00572189.jpg



焼く時に気を付けないと焦げてしまう、、、けど、香ばしくて美味しい。
スペインではレンジには魚焼き機能がないので、日本から買ってきた魚焼き網をで焼いています。

f0095647_00565850.jpg



*** 2014年 麦味噌作り ***

昨年は色々忙しく仕込みの時期が遅れてしまった上に、陶器の瓶の底から溜まりが漏れ始め、慌てて味噌開きをしました。

     仕込み  : 2014年4月10日
     天地返し : ? 多分5月中旬頃だったと、、、
     味噌開き : 2014年7月20日

f0095647_02290875.jpg



タッパに詰めて冷蔵時でゆっくり熟成させました。

f0095647_02345456.jpg



*** 2013年 麦味噌作り ***

     仕込み  : 2013年3月10日
     天地返し : 2013年4月23日
     味噌開き : 2013年8月4日



寒くなってきたら、味噌鍋、雑炊など、麦味噌活躍します。
作り方は複雑ではないのですが、、ちょっと手間はかかってしまうかもしれません。。。
でも、途中天地返しをしても、2日の作業で美味しい味噌ができるのですから、海外で美味しい味噌が手に入らない場合は一度試してみてください。
ちなみに2013年当時、乾燥麦麹を扱っている色々な所に問い合わせした結果、名刀味噌本舗だけが海外発送もしていただけました。





by rudy-love-111 | 2015-09-17 19:30 | 我が家の食卓
2014年 01月 30日
初めての自家製麦味噌、完成!
覚えて下さっている方もいらっしゃるかもしれませんが、昨年2013年3月10日に仕込んだ自家製麦味噌のその後なのですが、、、約5ヶ月後の8月4日に初めての手作り味噌が完成しました。

こんなに奇麗な山吹色に仕上がりました。

f0095647_573181.jpg



実は完成する一ヶ月位前から仕込んでおいた味噌瓶の下にこんな液体が、、
多分、焼きがあまいので液体が染み出てきてしまったのだと思うのですが、、

これって、、、「溜まり」ですよね、、

f0095647_513767.jpg



夏場でもキッチンに置いてあったのであまり暑くはならないのでもう少し置いておこうかとも思ったのですが、、それでも発酵がどんどん進んでしまいそうなので、思い切って味噌開きをする事に。

f0095647_534773.jpg



味噌色!

f0095647_515757.jpg



溜まりも上がってきていていい感じ♪ 香りも味噌! 

f0095647_521432.jpg



ちょっと掘り起こしてみると、、、中は奇麗な山吹色。

f0095647_542192.jpg



勿論お味も立派な味噌です。発酵加減が私好みで丁度よく仕上りました。

f0095647_545483.jpg



<天地返し>

3月10日に仕込んで1ヶ月ちょっとの2013年4月23日に天地起こしをしたのがこちら。

天地返しによって大豆を空気にふれさせ、微生物の働きを活発にするそうです。

f0095647_4591233.jpg



縁の周りの白いツブツブはチロシンというα-アミノ酸で、これがでてきたら熟成が進んでいると言う事だそうです。カビではなくて、旨味成分ですよ。

f0095647_4585246.jpg



全体が空気に触れるように上下入れ替えます。

f0095647_4593212.jpg



が、、、ただ混ぜるだけのはずが、、、掘り起こせば掘り起こすだけどんどんカサが増えていく、、、
結局ステンレスのボールに移す事に、、、

f0095647_50647.jpg



仕方がないので、仕込んだ時と同じように、お団子造りを始めました、、

f0095647_50387.jpg



こんなに出来た味噌玉、、、、

f0095647_502280.jpg



味噌瓶めがけて思いきり投げつけて、、

f0095647_505576.jpg



ぎゅっぎゅっぎゅっと押し込んで、最後にまた表面にウォッカを塗って、縁に塩をしました。

f0095647_512262.jpg



初めの自家製味噌なのですが、自分で言うのも何ですが、、本当に美味しく仕上がったのでビックリでした。

自家製麦味噌で豚汁♪

f0095647_575967.jpg

f0095647_5103269.jpg



味噌ヒレカツも作ってみました。

味噌にテラスで栽培しているシソを挟んで揚げたのですが、豚肉と味噌は栄養学的にも相性がよく、美味しい。

f0095647_1251564.jpg



シンプルに味噌キュウ、これが本当に美味しくて、 キュウリを買って来ては味噌キュウしています。

f0095647_4582056.jpg



スペインで普通に売られているキュウリは超ジャンボなのですが、このキュウリはこんなに小さいミニキュウリなんです。ボンヌママンのジャムの蓋位の長さ。

バルセロナのEl Corte Ingles(スペインのデパートです)の地下のスーパーで売られているので、バルセロナに行った時にはわざわざキュウリを買いにデパートに寄ります、、、

f0095647_459028.jpg



先週末鮭の半身、お頭付きを買ったので(その方がお安いわよって勧められて、、)、その頭と中骨で石狩汁を作ってみました。

f0095647_4584434.jpg



雑炊にしても美味しい。

f0095647_45817.jpg



今の時期、大根がとても美味しいですね。こちらでもバルセロナのアジアンショップに行くと新鮮な青首大根が手に入ります。
ここのところ週1回はバルセロナに出かけていますので、その際にはミニキュリ同様、必ず大根2本(!)買って帰ります。

翌日に1本は下茹でして出汁で軽く煮て、半分はさつま揚げ(自家製です)と一緒におでん味に、そして残りはふろふき大根ように薄味に煮て保存。

今日はふろふき大根にして自家製麦味噌で作った味噌ダレでいただきました。

f0095647_6525380.jpg



この他にも豚肉や牛肉を味噌漬けにしても美味しいし、、兎に角味噌は色々なお料理に使えて本当に重宝しています。

勿論今年も作ります。
乾燥麦麹をお取り寄せして2月半ば頃には仕込もうと思っています。
味噌作り、ちょっと手間はかかりますが、でもその出来上がりを考えたら、頑張れる、頑張れる!

by rudy-love-111 | 2014-01-30 23:40 | 我が家の食卓・食材編
2013年 03月 17日
自家製麦味噌 仕込み 2013年
以前から気になっていた味噌作り、、興味はあったのですがハードルが高くて、、
でも、、、ついに挑戦してみました。

我が家の味噌瓶、熟成中♪

f0095647_1373010.jpg



先日納豆作りに使った大豆がとても良い大豆だったので、今回もオーガニック・スーパー Veritas で買ったオーガニック大豆を使いました。

大豆を良く洗って20時間位水に浸けて、朝10時頃から茹で始め、、、
なんたって、量が多いので圧力鍋で3回煮てしまいました、、、

f0095647_1145026.jpg



味噌作りをする前に色々なサイトでレシピをチェックし自分なりに配分を決めてみました。

<第一回目のレシピ やや甘口でマイルド 塩分10.8%>

大豆      1kg (煮潰し大豆ーー> 2.2kg)
乾燥麦麹    2kg
自然塩     640g (1割は縁置き用にとっておく)
大豆の煮汁   900cc


フランスから買って来た自然塩。

f0095647_1145332.jpg



粗塩なので溶けやすいようにバーミックスで粉状に。

奥に写っているのはウォッカ。味噌作りに大切なのは雑菌が混ざり込まないようにする事。
味噌作りに使うキッチン用品や保存用の容器も熱湯消毒して日本だったら焼酎で消毒するのでしょうが、焼酎はありませんでしたので、39℃のウォッカで消毒しました。
手までウォッカで消毒してしまいました、、、

f0095647_1145135.jpg



麦麹、サマーニットに欲しいような素敵な象牙色。

f0095647_115333.jpg



今回使った麦麹はこちら。パパさんの友人がはるばる持って来て下さいました。Iさん、その節はありがとうございました☆

f0095647_114552.jpg



麦麹と塩をまんべなく混ぜて、、混ぜて、、、ムラがあると出来上がった時に酸っぱい部分が出来てしまうので、よく混ぜる事! だそうです。

f0095647_1422790.jpg



よく混ぜた麹と塩を煮潰し大豆(フードプロセッサーとバーミックスで潰しましたが、これが時間がかかった、、)と混ぜます。
煮潰し大豆は乾燥した状態の2.2倍(塩分比率の低下を防ぐ為)にしますので、今回は2.2kgを味噌作りに使います。
残りは牛ひき肉と混ぜてヘルシーハンバーグにしました。
煮潰し大豆及び大豆の煮汁は30℃以下になってから混ぜないと麹菌が死んでしまうそうです。

3回に分けて圧力鍋で煮ていたので大豆が冷めすぎないか心配していたのですが、、30℃って結構冷めている状態なんですね、
パン作り用の酵母を発酵させる作業の時に使う温度計を使ったのですが、結構便利。

f0095647_1171076.jpg



大豆の煮汁を少しづつ混ぜてコネコネ コネコネ、、参考にしたレシピでは煮汁の量はもう少し多かったのですが、途中で柔らかくなり過ぎないように調整しました。

f0095647_1165991.jpg



お団子作り。

f0095647_117356.jpg



今回出来上がった麦味噌を保存する容器を探したのですが、なかなか見つからなくて、、
プラスチックの容器に保存するしかないかなと諦めかけたのですが、プラスチックというのが気になるし、、大きさが合わない様な気がして、、
当日、大豆を煮てさましている間に探しに行って見つけたのがこのスペインの焼き物、オーブンにも直火にもかけられる鍋なのですが、今回は味噌瓶として使う事に♪

f0095647_117534.jpg



この味噌瓶にお団子を、エイ ヤーッ!! って投げつけます。
お団子状にして詰めるのは、カビ防止の為、隙間がないようにするためだそうです。

f0095647_117999.jpg



空気が入らないようにビッチリとね。

f0095647_1171194.jpg



買った時にはちょっと小さいかしらと思っていたのですが、なんとピッタンコ!
出来上がり予定は5kgくらいになるらしいです。

f0095647_1171650.jpg



カビ防止の為に、刷毛で表面にウォッカを塗って、縁に塩をおきぴったりと隙間なくラップを被せます。

f0095647_1171443.jpg



最後にカビや雑菌を防ぐ為に、塩をビニール袋入れてふさぐように蓋をしました。

f0095647_1171778.jpg



味噌の熟成は基本的には人の生活する空間に一緒においていいそうです。
暑い時期(6月~9月)は空調のあるリビング等が良らしいですが、一時的に最高気温が35度を超えても味噌自体の品質は変わらないそうです。
寒い時期は27℃前後が良いそうで、温度が低いと発酵がなかなか進まず熟成に時間がかかってしまうそうです。

f0095647_137681.jpg



麦味噌は3ヶ月後くらいから食べ始められるそうですので、うまくいけば9月半ばには我が家の食卓にあがる、、、 かな?

味噌作り、手間はかかりますが、行程はシンプルなので、慣れるともっとテキパキと時間がかからず出来るようになるような気がします。
海外では無添加の味噌など殆ど(絶対に無理かも、、)買う事はできませんので、これくらいの手間で無添加で美味しい味噌がいただけるのであれば、これからも頑張れる様な気がします。
ああ、、3ヶ月後が楽しみ。

by rudy-love-111 | 2013-03-17 21:00 | 我が家の食卓・食材編