2015年 09月 17日
自家製麦味噌作り 2015 (Hand made MISO)
今年の我が家の麦味噌作り、3月29日に仕込んで、7月26日に味噌開き、今は冷蔵庫でゆっくり熟成しています。

友人に自家製麦味噌をおすそ分けしましたら、とても気に入っていただけて、
レシピを頼まれていましたので2014年度の味噌作りを振り返ってみます。

f0095647_06201470.jpg



ところで今回、味噌瓶を新調しました!
実は、、昨年&一昨年使った味噌瓶の焼きが甘かったのか、昨年熟成中に「溜まり」が漏れてしまったんです、、、
それで今年に入って色々探して、、ようやくゲットしたのがこの新しい瓶、、
と、いうか、、、スペイン製の土鍋? 5L用。

f0095647_02434572.jpg



手作りなので、形が全て微妙に違い、、蓋がイビツ、、、

f0095647_02462419.jpg



でも、IHクッキングヒーター、ガスの直火、電子レンジ、オーブン、食洗機、全てOKの優れもの!
今度は折角の「溜まり」が漏れないで作れそう。

f0095647_02485583.jpg



*** 2015年 麦味噌作り ***

2015.3.29 仕込

材料 : オーガニック大豆(スペイン産)  1kg
     乾燥麦糀             2kg
     ゲランド粗塩           640g(1割は縁用)
     大豆の煮汁           900〜940cc
   (2013年は煮汁940cc、2014年は950cc、2015年は900cc)     
f0095647_02200136.jpg




今年も名刀麦こうじ(Trigo Koji)を使いました。(Koji

f0095647_00475093.jpg




綺麗な象牙色。

f0095647_00492598.jpg
f0095647_00473451.jpg




味噌作り、何よりも大切なのは滅菌!!
滅菌に始まり、滅菌に終わる。

全ての道具を熱湯消毒して、ウォッカ(焼酎がないので、、)を使って滅菌。
手もウォッカで滅菌!

f0095647_00491026.jpg



(1) 大豆は前日の夜から水に浸け、翌日アク取りしながら煮る。(私は圧力鍋を使っています)

f0095647_00481284.jpg




アクがなくなったら蓋をして、圧力が入ってから約30分。
茹で上がりは指で潰すとねっとりする位。

f0095647_00482310.jpg




(2)  茹で上がった大豆は全て使うのではなくて、2.2倍(1kg x 2,2 = 2,2kg) 分だけフードプロセッサーかハンドミキサーを使って潰します。(1kg茹でると少し余ります。)

*** 煮汁は忘れずに捨てないでとっておきます。
*** 茹で大豆は大きな粒が残らないように兎に角均等になるように潰す! 

f0095647_00484140.jpg




(3) ゲランド粗塩はコーヒーミルを使って顆粒にしてから、麦こうじとムラなく混ぜ合わせます。

f0095647_00494662.jpg




(4) 2.2kgの煮潰し大豆と上記の塩と混ぜ合わせた麦こうじを混ぜて馴染ませてから、大豆の煮汁を少しづつ加えしっかり捏ねて混ぜ合わせます。

*** この時の煮潰し大豆の温度及び煮汁は30度以下に。

f0095647_00495914.jpg




*** 少しづつ煮汁を加えながら混ぜて軽く握って味噌玉の形ができるくらいの固さになるよう煮汁の量を調整する。麦味噌の場合はちょっと柔らかめになるように。

f0095647_00504247.jpg




(5) ギュギュっと握って味噌玉を作る。

f0095647_00505073.jpg




(6) 空気が入らないように、味噌玉を叩きつけるようにして詰めていく。途中ゲンコツでギュッギュっと隙間なく詰める。

*** 空気が入るとカビの原因になります。

f0095647_03051242.jpg



(7) 最後に表面に刷毛でサッとウォッカを塗り、カビ防止の為に縁に塩を置きます。

f0095647_03020395.jpg




(8) 表面を空気がはいらないようにサランラップで覆ってから重しを置きます。(私はビニール袋に塩を詰めて重石にしています)

f0095647_02553516.jpg



蓋をして熟成。 気温があまり低いと熟成が進まないので、4月頃まではリビングに置いておき、暖かくなってからはキッチンに移動しました。

f0095647_02521165.jpg



2015.5.6  天地返し

中身はまだ糀の色が変わっていません。
味噌の外側と中心や上下で熟成にムラが出てきしまうので、掘りおこして空気に触れさせて全体を均一に熟成させる為に天地返しをするそうです。
掘り起こしているうちに収拾がつかなくなって、また全てステンレスボールに取り出して、味噌玉を作って詰め込みました、、、、

f0095647_02330407.jpg



2015.7.26 味噌開き♪

だんだん暑くなってきたので蓋を開けてみると、味噌の香りがしていたので、味噌開きすることに。

f0095647_02172018.jpg




掘り起こしてみると、中は綺麗なオレンジ色に。

f0095647_03095770.jpg



左側が2015年産、そして右側は2014年度産。

f0095647_00550750.jpg




熟成のスピードを遅らせる為にタッパに詰めて冷蔵庫に入れてあります。





麦味噌はお味噌汁に使うだけではなく、味噌漬けにしても美味しいですね。
簡単に日本の味を楽しめます。
我が家がよく牛肉の味噌漬け、豚肉の味噌漬けを作ります。数日間は日持ちするので保存食に便利。

f0095647_02035499.jpg
f0095647_02040999.jpg



麦味噌を味醂代わりに使っている甘口ワインのMoscatelと白ワインでのばして肉類を漬け込みます。


f0095647_02205747.jpg
f0095647_00561522.jpg
f0095647_00555742.jpg



ナスの味噌炒めも美味しい。豚ひき肉を入れても入れなくても美味しい。味が濃いのでご飯がすすむのが難点。。。。

f0095647_00554004.jpg



こちらは自家製ではないのですが、京都の白味噌(西京味噌)を使って鮭を西京漬けに。

f0095647_00564074.jpg
f0095647_00572189.jpg



焼く時に気を付けないと焦げてしまう、、、けど、香ばしくて美味しい。
スペインではレンジには魚焼き機能がないので、日本から買ってきた魚焼き網をで焼いています。

f0095647_00565850.jpg



*** 2014年 麦味噌作り ***

昨年は色々忙しく仕込みの時期が遅れてしまった上に、陶器の瓶の底から溜まりが漏れ始め、慌てて味噌開きをしました。

     仕込み  : 2014年4月10日
     天地返し : ? 多分5月中旬頃だったと、、、
     味噌開き : 2014年7月20日

f0095647_02290875.jpg



タッパに詰めて冷蔵時でゆっくり熟成させました。

f0095647_02345456.jpg



*** 2013年 麦味噌作り ***

     仕込み  : 2013年3月10日
     天地返し : 2013年4月23日
     味噌開き : 2013年8月4日



寒くなってきたら、味噌鍋、雑炊など、麦味噌活躍します。
作り方は複雑ではないのですが、、ちょっと手間はかかってしまうかもしれません。。。
でも、途中天地返しをしても、2日の作業で美味しい味噌ができるのですから、海外で美味しい味噌が手に入らない場合は一度試してみてください。
ちなみに2013年当時、乾燥麦麹を扱っている色々な所に問い合わせした結果、名刀味噌本舗だけが海外発送もしていただけました。





# by rudy-love-111 | 2015-09-17 19:30 | 我が家の食卓
2015年 09月 16日
晴れているのに荒れてます、、
今日のシッチェス、とっても良い天気♪

f0095647_05024091.jpg




年配のご夫婦(多分?)がベンチに座って仲良く読書、、

f0095647_05481790.jpg



でもシッチェスの海はこんなに荒れていました、、

f0095647_05032599.jpg
f0095647_05031448.jpg
f0095647_05035851.jpg




波が小さい時に降りてしまわないとグッショリ濡れてしまう、、

f0095647_05053383.jpg
f0095647_05033418.jpg
f0095647_05034216.jpg




夏の間ビーチに作られたちびっ子向けのミニゴルフもそろそろお店じまいかしら、、

f0095647_05062061.jpg




バカンス客もだいぶ減りました、、





波が荒れて赤い旗が立っている今日のシッチェスのビーチ、、、
ちょっとでも海に入ろうとすると、監視員(多分)がビーって笛を吹いていました、、

f0095647_05081904.jpg





歩いていたら、お兄さんが近寄ってきて何か言おうとした、、、
外国人に近づいてくるなんて絶対に不審者!
って、振り切って歩いて行こうとしたら、、何か撮影中、、、、 
・・・・は、、ハズカシイ、、、、

f0095647_05082973.jpg
f0095647_05083810.jpg




こんなに空は青くて良いお天気なのにね、、、

f0095647_05085095.jpg
f0095647_05511152.jpg

(photos by iPhone6)





# by rudy-love-111 | 2015-09-16 22:40 | 海と太陽の表情
2015年 09月 13日
南仏紀行 ★ 南仏の塩田 Gruissan & Palme
今回で3回目になりますが、養蜂場に行った帰りにグリュイッサン(Gruissan)の街に寄りました。

うっすらサーモンピンクの塩田が広がっています。あの魚の骨のオブジェ、この前来た時(2012年10月)と全く同じ!

(2015.9.1 by iPhone6)
f0095647_00001910.jpg
f0095647_00192424.jpg



こちらの塩田はツアーがあるのですが、まあ近くで見られるので今回もパス。。
f0095647_00185293.jpg



そばでよ〜く見ると、シャーベット状になっていた、、
f0095647_00190120.jpg



お嬢さん、ちょっと風があったので、小さいお目々が線線になってしまった、、、
f0095647_00193328.jpg




今回は初めてこの塩田に併設されているレストランでランチをしました。
1回目は完全に時間外、2回目に来た時は開いていたのですが、ランチ時間が過ぎていて(フランスでは大抵12時〜2時)、食事はできず生牡蠣のみとの事、、、、 
f0095647_00171652.jpg



これ、、、レストラン・・・?
f0095647_00180411.jpg



9月に入っていたのですが、結構混んでいた。
f0095647_00174076.jpg



テーブルにはこのセットが、、、
開いてみたら、お皿にナイフ&フォーク、ワイングラスにグラス、そして手拭きがワンセットになっていました。
f0095647_00172364.jpg



前回来た時にメニューにあった魚介のスープがいただきたかったのですが、、、夏だからかメニューになく、、
珍しく火の通った牡蠣料理があったので、エビの他に牡蠣のオーブン焼きと白ワイン蒸しを。
f0095647_00154431.jpg



メインは、、、、チキン。。。
ここに来て何故魚料理でないかと言いますと、、
このチキン、丸ごと1羽の塩釜焼きなんです!
ここグリュイッサンの天然塩をたっぷり使って包まれて焼かれたチキン♪
手前にある塩の塊が、塩釜を砕いたもの、、 塩加減もちょうどよく、美味しゅうございました。
f0095647_00191412.jpg



ショップでは色々な塩、地元で作られているワイン等が売られています。
f0095647_00201632.jpg



ハーブソルトもあります。
f0095647_00200429.jpg



グリュイッサンの街、以前来た時にはルディも一緒でした。。。。
f0095647_00202593.jpg



グリュイッサンの塩田の他に、もう一箇所塩田があるというので、行ってみました。

Salin de la Palme (ラ・パルム塩田)

(2015.9.4 by iPhone6)
f0095647_00165232.jpg



グリュイッサンと違ってあまり観光化されていないよう、、
f0095647_00215854.jpg
f0095647_00211649.jpg
f0095647_00214280.jpg


ラ・パルム塩田の Fleur de Sel (フルール・ド・セル : 塩の花)の量り売り。
f0095647_00205769.jpg



100gゲットしました。
f0095647_00210506.jpg




今回グリュイッサンでゲットした、粗塩とFleur de Sel。
Fleur de Selが入った小さな可愛いポットもゲット。
f0095647_00204865.jpg



ラ・パルム塩田のFleur de Sel。
f0095647_00163717.jpg



こちらは南仏のスーパーでゲットしたゲランドとカマグルの天然粗塩。

1kg4袋、 500g2袋、計6袋買ってきてしまった、、
これでチキンや黒鯛の塩釜焼きが作れる♪
バスソルトとしても使える♪
f0095647_00160428.jpg



キッチンにラ・パルム、グリュイッサン、カマグルの3種類のFleur de Sel。
f0095647_00170893.jpg



我が家は減塩を心がけているので料理にはそんなに塩を使わないようにしているのですが、それでもやはり塩は料理には必要。
料理だけではなく、パスタを茹でたり、食材の下処理に使ったり、、、
色々なソルトバスを作ってバスタイムも楽しめます。
たかが塩、されど塩、、ちょっと嬉しい塩コレクション♪





# by rudy-love-111 | 2015-09-13 22:00 | アンドラ公国・フランス旅行
2015年 09月 08日
スペインはやはり魚介類が豊富♪
久しぶりにVilanova市場に買い物に行ってきました。
やはりスペインは新鮮な魚介類が豊富!!

南仏の港で揚がったばかりの魚類を売っているフィッシュ・マーケット、、、どこのお店もエビは見かけなかったわ。。。

今日買ってきたのは、アンコウ(左下から時計回りに)、赤いエビ、小さめの真鰯、アサリ、イカ、天然黒鯛(今時期のようです)、真ん中の鮭。
f0095647_06032166.jpg



帰ってきてから早速ペスカトーレに。
f0095647_06033835.jpg



赤いエビの頭で出汁をとって、玉ねぎをあめ色に炒めて、、フレッシュトマトも入れて、、
赤いエビとアサリとイカ、タップリ具材を入れたら絶対自分で作ったほうが美味しい!
f0095647_06034632.jpg



500g買った真鰯は、頭とワタを取り除いて開いて唐揚げに。
エキストラ・バージンオリーブオイルで中骨までカラっと揚げる。
カルシウムたっぷり、これまた美味しい!
リナもバクバク食べました。
f0095647_06033017.jpg



お嬢さん、旅行中野菜不足だったのか、買って来たばかりのフレッシュなニンジン1本かかえてボリボリ、、
f0095647_06035434.jpg




昨晩寝る前にPodcast でニュースを聞いていましたら、千葉で竜巻! 屋根が飛んだ、、とか、、、、
お天気が不安定のようですね、、、

こちらスペインも南の方のバレンシアやアンダルシアなど悪天候で、豪雨による注意報が出されたようです。
TVのニュースでは大雨で道路が川のようになり、停めてあった車が流されていく映像が流れていました、、、
こちらバルセロナ近郊は曇ったり、晴れたりのお天気ですが、夕方になると急に気温が下がり曇ってきてどうもすっきりしません。
このまま秋になってしまうのかしら、、、

そういえば、日本は台風18号が接近してきているようですが、、皆さん、お気をつけ下さいね。





# by rudy-love-111 | 2015-09-08 23:30 | 我が家の食卓
2015年 09月 07日
南仏紀行 ★ 南仏の天然蜂蜜  La Miellerie des Clauses
南仏旅行中、滞在先から車で45分位の山奥に養蜂場 La Miellerie des Clauses があるというので、行ってみました。

本当に山の中、、、やっと見つけた建物は、、ポツンと建っていた。。。
(2015.9.1)
f0095647_06173528.jpg



馬に乗って農場を散策するツアーや蜂蜜セミナー(みたいなもの?)があるそうなので、セミナーに参加してみたいと思っていたのですが、、説明はフランス語のみで、途中デモンストレーションがあるけど言葉がわからなければ理解できないということだったので、ショップで買い物だけすることに、、、残念。。。。。
でも、ショップはリナもWelcomeでした♪
f0095647_06174409.jpg
f0095647_06182141.jpg
f0095647_06183849.jpg
f0095647_06190989.jpg
f0095647_06192159.jpg



奥では丁度瓶にハチミツを詰める作業をしていました。手作業です、、
f0095647_06193092.jpg



勿論ハチミツを始め全ての商品をお味みできます。
ハチミツは味の薄いものから順に並べられてありました。

ヒマワリ、ローズマリー、百花蜜(ミックス)、ライム、栗。
栗以外は全てこの春採取したばかりのハチミツです。
f0095647_06180424.jpg




今回ゲットしたのはこちら!
f0095647_06153868.jpg




そして珍しい蜂蜜のビネガー。
f0095647_06202054.jpg




私が選んだローズマリーとライム、そしてパパさんが選んだ百花蜜。
私が選んだライムのハチミツ、サイト上ではもう在庫無しになっていました、、人気なのかな、、
f0095647_06154908.jpg

ハチミツにはほぼ1種類の花から集めて作られた単花蜜と数種類の花から集められた百花蜜があるそうです。
以前から色々なハチミツの種類があるけど、混ざってないのかしらと不思議に思っていたのですが、ミツバチは通常1種類の花から蜜を集めるという習性があるのだそうです。

ただ、蜜を沢山出す花があっても、その数が少ないとミツバチたちは1種類の花だけではなく、色々な種類の花に飛んでいき、百花蜜が出来上がるそうです。
季節によっても採蜜場所によっても、花の種類が違いますから、一言で百花蜜を言っても、味・香り・風味など様々だそうです。





こちらはハチミツ石鹸。
ハチミツ+ポロポリスとか、、その他は???

前回のリグーリア旅行でも石鹸を幾つか買ってきて使っているのですが、良い感じです。
f0095647_06202918.jpg




そしてこの小さな赤いポット♪
形も可愛く、ただの赤単色ではなく、ちょっと渋くて良い色合いだったのでゲットしました。
f0095647_06171324.jpg




こちらは蜂蜜たっぷりのパン・デピス(Pain d'épices)♪
4種類あったのですが、今回はレーズン&クルミ、イチジクの2種類をゲットしました。

まず最初にいただいたのは、イチジクのパン・デピス。
ハチミツ40%、小麦粉29%、イチジク16%、ミード6%(Mead:蜂蜜酒)、残り9%はミルク、スパイス、ベーキングパウダー、塩。

ハチミツ40%って、、凄くないですか???
f0095647_06155709.jpg




カットする時の感触、、いかにもハチミツたっぷりという生地です。
f0095647_06161058.jpg




濃厚な味なのですが、ハチミツの自然の甘みがここちよく、、
3ヶ月間日持ちするという事だったのでもう1〜2本買ってくればよかった、、、、
f0095647_06162027.jpg




敷地内にある別の建物。きっと春はこちらで色々作業するのでしょうね、、
f0095647_20421050.jpg



駐車スペースの脇にイチジクの木が、、、実が生ってる!
f0095647_06200223.jpg




白イチジク、二つほどいただきました、、、 甘くて美味しかった♪
f0095647_06201234.jpg

<Information>
La Miellerie des Clauses

8 Pech de la Garrigue - Hameau des Clauses
11200 MONTSERET
TEL : +33 (0) 4 68 43 30 17




# by rudy-love-111 | 2015-09-07 15:20 | アンドラ公国・フランス旅行
2015年 08月 31日
南仏便り ★ 牡蠣を楽しむ
先週土曜日(8/29)から我が家は南仏に来ています。
途中お気に入りの Céret の街に寄ってランチしたのですが、、なんと気温は38〜40℃、、暑いはず、、、、

街に入ってしまうと並木道で日陰になるのですが、駐車場が満杯で7〜8分歩いた所に車を停めたのですが、、その間抱いていたにもかかわらずリナがグッタリ。。。
市がたっていたのですが、何も買い物もせずランチの後すぐに目的地に出発。。。
f0095647_03535328.jpg


今回でこのエリアへは6回目位?かな?  このエリアの旅行のメインの目的は牡蠣!!
f0095647_04000098.jpg



上の牡蠣の盛り合わせは他の方のテーブルに運ばれたのですが、
到着してから毎日牡蠣直売所で牡蠣をゲットして滞在先のアパートメントでいただいています、勿論美味しい!
f0095647_04252132.jpg
f0095647_04151281.jpg
f0095647_04274235.jpg



パパさん、2日目位から牡蠣の殻を開けるのが早くなってきました。
f0095647_04444287.jpg



直売所の脇には、、牡蠣の殻の山!!
f0095647_04202076.jpg



日曜日は混んでいて、広い駐車場も満杯状態、、
牡蠣を購入する人達だけではなく、大きなお皿に目一杯盛られた牡蠣とワインを楽しむ人で賑わっていました。

でも、、、今日月曜日に行ってもやはり混んでいた。。。。。
フランスの人達は本当に生牡蠣が好きなのね、、、、
f0095647_04585858.jpg


今回のアパートメントは湖に面しているので、リナは初日からバシャバシャ楽しんだのですが、、もうクラゲが出ていたので(湖といっても海に繋がっているから?)、残念ながらいつものようにはバシャバシャ楽しめません、、、
f0095647_03551497.jpg



今日は朝から2回ほど出かけているのですが、、リナ嬢、iPhone並みのバッテリーなので、ちょっとアクティブに動くともうバッテリー切れ、、1日もたないの。。。。。
f0095647_04023674.jpg



アパートメントの前は小さなポートになっていて、ヨットやクルーザーが停泊しています。
夜釣りをやっている人たちもいます、、、
f0095647_04395949.jpg
f0095647_04371010.jpg


ロケーションはとても良いのですが、ネット環境が劣悪。。。
Wi-Fiを1種間契約したのですが、、、信じられないくらい遅い、、、 途中で切れる(涙)。。。。。
と、いうことで、あまり更新できませんが、南仏ライフ、楽しんでいます。
1週間の予定ですので、今週土曜日にはシッチェスに戻っていると思います。
f0095647_04080255.jpg


(*** 撮影は全てiPhone6、エキサイトブログの画像雛形を適用しています。)






# by rudy-love-111 | 2015-08-31 21:50 | アンドラ公国・フランス旅行
2015年 08月 27日
Fiesta Mayor 2015 @ Sitges
8月21日〜25日までシッチェスはFiesta Mayor、夏のお祭りで大賑わい、、
特に土曜日から月曜日は悪魔達の炎の行進で煙もくもく、ヒュ〜ルルルル、バンバンバン!!!
f0095647_22185812.jpg



日曜日は夜中もずっとヒュールルル、バンバン!!
月曜日はシッチェスは祭日で、早朝から小悪魔達がヒュールルル、バンバン!!!
日曜日夜11時半から始まった花火大会のクライマックスは今まで以上に長く、そして激しかった。。。。
f0095647_22191729.jpg
f0095647_22175632.jpg
f0095647_22174745.jpg



悪魔達の炎の行進、合計で何回あったのか、5〜6回位だったかな、、
シッチェスの街の狭いクネクネした路地を悪魔達が花火を振り回し、あたりは火花がバチバチ飛んでアッチッチ、、、
f0095647_22183524.jpg



悪魔達の炎の行進の後からは王様御一行、ウルルン隊の行進も。
f0095647_22192538.jpg
f0095647_22181700.jpg
f0095647_22195970.jpg



Fiesta Mayorの悪魔達の炎の行進の市役所はシッチェス市役所前の広場です。
広場といっても狭いスペースにそれは沢山の人たちがひしめき合ってみんな汗だく、、 
f0095647_22194330.jpg



悪魔達の炎の行進の最後のグループが終点に着いた所で帰ることにしたのですが、
ウルルン隊の行進がまだ途中だったので狭い路地をなかなか進めず人の波をかき分けながら家路につきました。。。。
夜の10時半頃でしたが、一人でトコトコ帰っても大丈夫。以前住んでいたサンフランシスコも比較的治安は良かったですが、夜なんて歩けなかったな、、、
f0095647_22190594.jpg




# by rudy-love-111 | 2015-08-27 22:00 | Festival・Event
2015年 08月 25日
ルディ 三回忌

8月25日、今日はルディの三回忌。
ルディが亡くなってから丁度2年になります。

Rudy : 1996.1.11 〜 2013.8.25 16:48
f0095647_22284219.jpg
(photo : 2012.5.5)



17歳7ヶ月と14日、静かに天寿を全うしました。
それは一生懸命生きてくれました。
f0095647_22283312.jpg
(photo : 2009.5.5)



夏になると大きなスイカをリナとフタリで仲良く食べてた。
f0095647_22285084.jpg
(photo : 2012.8.14)



朝起きると、ルディ、おはよう。
寝る前には、ルディ、おやすみ。
1日だってあなたを忘れる事はないわ。
f0095647_22282319.jpg
(photo : 2007.12.20)



ルディは何故か黄色いアヒルが好きで、小さい事からアヒルのオモチャが多かった。
f0095647_22281305.jpg
(photo : 2012.11.24)



シッチェスに引っ越してきてすぐのピソはバスルームが狭くて、よく洗面カウンターでシャンプーしてたものですが、良い仔だったわ、、
f0095647_22275796.jpg
(photo : 2007.9.6)



ルディ、、キョトンとした目が可愛いの。
f0095647_22274811.jpg
(photo : 2007.9.6)



最後の数ヶ月は、もう歩けず寝たきりで、、、トイレも自分ではできなくて、、
ご飯だって離乳食のようにしたものをスプーンで口元に運んで食べさせて、、
水は哺乳瓶で飲ませて、、、、
耳も聞こえないし、目もみえない、、、どんなに不安だっただろう、、

何回も酷い血便の下痢をしたり、、嘔吐したり、、何回病院に連れていき、点滴してもらっただろう、、、
24時間パパさんと交代でルディの介護をした日々、、
夜急になき出すの、、、ご飯でもなく、水でもなく、、抱いたり、外気にあてたり、、
どうしてあげたらいいのかわからなくて、、見ているのが辛かった、、

最後の頃には担当医のベアトリス先生に「ルディの心はもうここにはなくて、ずっと遠くにいってしまっているのよ、、体力ももうない、、もう楽にさせてあげた方が良い、、」って、、
f0095647_22280529.jpg
(photo : 2007.9.7)



ベアトリスにはルディが点滴ではなく、食べられて水が飲めるうちは自分たちで介護していきたいと伝え、もしルディが苦しむような状況になれば、ベアトリスに家まできてもらって楽にさせてもらうようお願いしていました。
でもルディは最後まで親孝行な仔で、私たちに悲しい決断をさせることなく、静かに私たちの見守る中、私の腕の中で天寿を全うしました。
f0095647_22272262.jpg
(photo : 2007.8.8)



シッチェスの街を歩いていると、未だにルディを知る人から声をかけられることがあります。
この前はリナの見て、エッて顔をした人もいたっけ、、 ルディと違うって思ったらしい、、
ルディは沢山の知り合いがいたんだわ、、、
f0095647_22273159.jpg
(photo : 2007.8.11)



ルディの遺灰が入っている小さな木箱、、、
木箱で良かった、、、触れると温もりが感じられるから。
f0095647_23203226.jpg


最近よく思う、、、あの時ああしてあげていたら、、、とか、、
もっとこうしてあげていれば、、、、とか、、、
あの当時は考えてやるというよりも、、、兎に角なんとかしてあげたいと思うばかりで、、、
今思うと、、、、 まだやってあげられることはあったのにって、、、いろんな場面が思い浮かんで切ない。。。

最後の頃にはルディは人の痴呆と同じような症状がでていました、、、、でも、撫でてあげたり、抱いたり、、
私たちの温もりは感じていたと思う。
だって、、、逝く前に、最後の力を振り絞ってママを呼んだの、、キューキューって、、、
あのまま教えてくれなかったら、ルディは一人で逝ってしまっていただろうと思う、、
ルディの呼ぶ声で、私はルディを抱きあげ、膝の上に寝かせていたのだから、、、、
それから暫くしてルディは永遠の眠りについた、、、それは穏やかに、、、
ルディはあんな状態になっていてもちゃんと私たちの事を感じていてくれた、、、
ルディに巡り会えて本当に良かった、、、、ルディを私たちに譲ってくださったおばさん、ありがとうございました。





# by rudy-love-111 | 2015-08-25 16:48 | 今日のRudy
2015年 08月 21日
簡単お惣菜2種 ラディッシュ&生姜
体に優しい超簡単お惣菜2種♪
f0095647_01072974.jpg



こちらなんですが、、、
f0095647_01071811.jpg



スペインでも簡単に入手できる、、もしくはプランターでも簡単に栽培できるラヂィッシュを使ったお惣菜。
f0095647_01070296.jpg



優れもののMy包丁でラヂィッシュを薄く、薄く、うす〜くスライス。
この包丁が相棒になって以来、スライス、みじん切りもなんのその!!
後日ご紹介しますね。
f0095647_01065250.jpg



材料はラヂィッシュと以前ご紹介したお気に入りのフォムファス (VOM FASS)のアップル・ビネガーの二つだけ。

ドイツVOM FASSのビネガーは無添加のフルーツビネガーでほんのり甘酸っぱくてフォルム (Avgvstvs Forvm)のノーベル賞晩餐会にも使われた ワイン・ビネガーシャルドネと同じく私の大のお気に入り。
お砂糖を全く使わずに酢の物やマリネにしたり、炭酸水で割ってドリンクにしたり、お肉やお魚にそのままソースとしてかけていただいても、とても美味しい。
f0095647_01074562.jpg



酢の物は体に良いと言われますが、お砂糖結構使いますよね、、、、、
でも、このVON FASSのお酢類だとそのまま酢の物にできるので健康的ですし、簡単で嬉しい。

そして、美味しい♪
f0095647_01164751.jpg


数日間漬け込んでおくと、。
f0095647_01081452.jpg



こんな綺麗なピンク色の酢の物に♪
f0095647_01082256.jpg



日持ちするので、何か1品、という時に便利です。
f0095647_01084090.jpg
f0095647_01084939.jpg




こちらもとっても簡単、生姜の酢醤油漬け♪
f0095647_01092153.jpg



実は5月に日本から遊びにきてくれた友人からいただいた生姜の酢醤油漬けがとても美味しくて、
自力で作れないかと頑張りました。

生姜もこちらでは簡単に入手できますし、お安い!

my包丁で生姜も薄く薄く、うす〜くスライスして、、
みじん切りにして、今度はVON FASSのワイン・ビネガーとお醤油で漬け込んで。
f0095647_01090365.jpg



1週間位漬け込んで、暖かいご飯に混ぜてみる。
そのまま箸休めとしても良いですし、炒め物にも使えるし、便利な一品です。

昨晩は肉じゃがを作ったのですが、生姜ご飯にしました。
f0095647_21171370.jpg


WECKの瓶に保存して、これで2品出来上がり♪
f0095647_01093453.jpg



VOM FASS (ビネガー、リキュール、オイル)
住所 : C/Cigne 14, 08012, Barcelona
TEL : 93 416 0673

Cellers Avgvstvs Forvm S.A
Ctra. Sant Vicenç s/n. 43700 El Vendrell
Tel.: (+34) 977 666 910 / 663 929 552
Fax.: (+34) 977 666 590
GPS: 41.206178,1.521121




# by rudy-love-111 | 2015-08-21 15:15 | 我が家の食卓
2015年 08月 16日
リグーリアの旅 2015 ★ ラパッロ(Rapallo)
リグーリアの旅の最初の1週間の宿泊地はリグーリア州ジェノバ県にあるラパッロ(Rapallo)という人口約3万人の街でした。
(2015.5.9〜2015.5.16)
f0095647_22233750.jpg



ラパッロは第一次世界大戦後に結ばれた2つのラパッロ条約の調印地として国際的に有名なのだそうです。
f0095647_22230672.jpg


ラパッロの街の事は全く知らなかったのですが、今回はジェノバとチンクエ・テッレの観光を考えていたので、その中間位に位置した街ということでラパッロに決めたのですが、街自体がコンパクトで滞在先としては大正解でした!
f0095647_01131075.jpg



小さくて可愛いラパッロ駅。アパートメントは国鉄の駅にも、街の中心街や海にも徒歩圏で、買い物にも朝カフェにもとても便利でした。
f0095647_01133510.jpg



チェックインして荷物を運んで一服してから街に探索に出かけたら、丁度何かのお祭りだったらしく、小さな広場ではこんなパフォーナンスをやっていました。
f0095647_01140349.jpg
f0095647_01141597.jpg
f0095647_01142574.jpg


ラパッロのシンボル。塔の上のピンクの飾りは、イベント用の飾りです。
初めは母の日の為のピンクの飾り? って思っていたのですが、、
サイクル・ロードレースのジロ・デ・イタリア( Giro d'Italia:イタリア版ツール・ド・フランスのようなもの、、)の総合優勝者に与えられるリーダーシャツ、マリア・ローザのピンク色にちなんでいるようです。

後日知ったのですが、5月11日の第三ステージはこのラパッロが出発地点だったそうです、、実は、私と友人はジェノバに行っていて、お留守番していたパパさんとリナはこの出発の式典を見たそうです、、
ちなみに2015年の総合優勝者はスペインの誇るアルベルト・コンテスタドール選手でした♪
f0095647_21272804.jpg



さて、海沿いを歩いていたら、船着き場に人が集まっている、、
f0095647_01151903.jpg



小麦粉捏ねて、何か作ってる! その場で作って皆さんでワイワイガヤガヤ、、
イタリアン式楽しみ方?
f0095647_01145799.jpg



3年前にもイタリア、リグーリアを旅行したのですが、その時にもフォカッチャが美味しくて、、
日本で出されているものとはかなり違っていると思います、、
今回は、到着した翌朝以後毎朝朝カフェしてフォカッチャとカフェ・ラテを楽しみました。

色々種類はあったのですが、私のお気に入りはオニオン・フォカッチャ!
f0095647_01160384.jpg



そうそう、イタリアではカフェ・ラテなんて通じませんでした、、、
ミルクたっぷりのコーヒーはラテ・マキアート(Latte Macchiato)というそうです。
f0095647_05364017.jpg



アパートメントのオーナーさんからうかがった、ラパッロで一番美味しいというフォカッチャを求めて毎朝通いました!
f0095647_22184321.jpg
f0095647_01154535.jpg



勿論、リナも一緒でしたよ。
旅行中は相変わらずご飯を食べたり食べなかったり、、、、、
f0095647_21532880.jpg



ジェノバの名物、フォカッチャ・ディ・レっコ(Focaccia di recco) 薄い生地の間にチーズが挟まっています。チースがトロッ、、こちらも美味しかった!
f0095647_01161146.jpg



玉ねぎだけではなく、オリーブの実、ハーブ、勿論シンプルなフォカッチャも。
f0095647_22185158.jpg



お惣菜やスイーツ類もありました。
f0095647_21543185.jpg



朝ごはんにはボリュームがありすぎなので、一度もいただく機会がなくちょっと残念でした、、、
f0095647_21550495.jpg


私はパントーネが大好きなのですが、クリスマス時期は売られていないそうです、、
こちらはパントーネの原型だと言われるパンドルチェ・ジェノベーゼ(Pandolce Genovese)、クリスマス時期以外でも売られているそうです。
高さの低いものと高いものがありますが、低いものは身が詰まっていて日持ちするので、最後の日の朝に買って帰りました。
f0095647_21541780.jpg


店員さんもとてもフレンドリーで、兎に角フォカッチャ、美味しかった、、
f0095647_22190070.jpg


こちらはラパッロでもう一軒のお気に入りだったお店。
f0095647_21412157.jpg



こちらもほぼ毎日通いました、、、
チーズ、ハム・サラミ、ワイン、パスタ類やその他お色々ありました、
f0095647_21511332.jpg



左下の茶色のチーズはモッツァレラチーズの燻製! 初めてです、、、
勿論買っていただきましたよ、室温に戻していただきましたら美味しかったです。
f0095647_21513738.jpg



パルメジャーノも3種類位ありました。
f0095647_21402097.jpg



こんなに大きいんです〜!
ニースに立つ前日にお持ち帰り用を購入しました。
f0095647_21403214.jpg



英語が話せる店員さんがいたので助かりました。皆さんとてもフレンドリー。
f0095647_21405048.jpg


イタリアは3年前もそうでしたが、レストランに行ってもハズレが滅多になくどこで何をいただいても美味しい。
アパートメントのオーナーさんに教えていただいたレストランもとても美味しかった。



オーダーしたのを忘れらてしまったピザ(多分、、)を待っている間にお腹が一杯になってしまったのに、、、ピザが来たら、その美味しさに完食!!!
f0095647_22201428.jpg


今回は前回のイタリア旅行の時のような大きな朝市はなかったのですが、街には野菜屋さんが何軒もあり、旬な野菜を買って料理しました。



花ズッキーニ♪
f0095647_22213500.jpg



アーティチョーク♪
トゲトゲのある初めて見る種類でした、が、、、今回はこれを料理する時間はなく、買いませんでしたが次回には是非チャレンジしたいと思います。
f0095647_22224292.jpg



こちらも丁度旬だったソラマメ「ファーベ」♪
イタリアではこのファーベとペコリーノ・ロマーノという山羊のチーズと一緒いただくのだそうです


オープンテラスで飲んでいる人たちのテーブルにはこのファーベがありました、、
私たちもフレッシュなファーベを買って生でいただきましたが、、、ちょっとエグミがあり、、日本人的にはサッと炒めたり茹でたりしたほうが良いかも、、、
きっと収穫したてのものだったら美味しいのかもしれません、、
f0095647_22215645.jpg



時期外れの、、、ポルチーニ、、、
地物ではないので、買いませんでしたが、、、
f0095647_22221636.jpg



これらの野菜やチーズやハム・サラミ、生パスタ類、etc..etc..、色々なイタリアならではの旬の食材を買ってアパートメントで調理したのですが、こちらもとても美味しかった!
f0095647_22194872.jpg


イタリアのお店は早くから開いていてびっくりでした。シッチェスだとお肉屋さん、八百屋さん、魚屋さんなど、、開くのは10時頃から、、
でも、ラパッロの街は朝8時過ぎ頃から開いていたので、一緒に行った友人も驚いていました。
イタリア人、働き者なんですね、、
ラパッロの街、滞在していてとても便利で楽しかったわ、、、






# by rudy-love-111 | 2015-08-16 23:00 | アンドラ公国・フランス旅行