<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 31日
子持ち手長海老♪
今日で1月も終わり、、なんだかアッと言う間でした、、、
我が家の二人はやっと風邪が治り普通の生活が出来るようになりました。
そんな、昨日は土曜日恒例Vilanova市場買い出しDay♪
ちょっと風が強かったのですが、買い物中はルディとリナはビーチで遊んでていてもらい久しぶりにしっかり!両手一杯!持ち切れない程!買い物してまいりました。


中でも昨日の目玉はこちら! 子持ち手長海老です☆

キャビアのようなグリーンの卵をたっぷり抱いています。

f0095647_2464738.jpg



中くらいのサイズでピョンピョン跳ねた生きのいい海老が出ていまして、お店のセニョーラお勧めでしたので少し買ってきました。
時期だけではなく、その日によっても値段が大きく違います、、今日はこのサイズにしては比較的お手頃価格でした。
(こちら、地中海沿岸の割には甲殻類やイカなどは意外にお高いんです。)

f0095647_2503091.jpg

店先に並んでいた時にはピョンピョン元気が良かったのですが、、他にも色々買い物して家に帰った時には瀕死の重体・・・・・
慌てて、、フライパンでグリルしてしまいました、、、、


火を通すと鮮やかなオレンジ色になります。

f0095647_251622.jpg



パパさんはいらないというので(ひょっとして、、遠慮した??)、私一人でぜ~~んぶ(無理には勧めませんでしたので、、)いただいてしまいました。
生きがいいので、甘くて美味しい!

f0095647_251368.jpg



アッ、、、ランチのメインは、、、前の晩の残り物の再利用(笑)、自家製鯖の一夜干しで作った炒飯でした。
ネギにガーリック、ゴマたっぷりと卵を一緒に炒めて、隠し味にお醤油を少々フライパンの縁に垂らして香ばしく仕上げました。いただく前に、海苔をちらして完了です。

f0095647_1191399.jpg

日本に居た頃には、干物が余ってもポイしてしまっていましたが、、、今ではそんな事できません、、、、
再利用してしっかり美味しくいただきます!
海外組の皆様にはわかっていただけるでしょうか、、、、日本食材って貴重ですよね。



********************


先日久しぶりに映画を観に行ってきました。
「INVICTUS (インビクタス‐負けざる者たち‐)」、スペインでは29日封切りなのですが、28日の晩にプレミアショーのご招待で観てきました。

実は、、シッチェスの映画館貸し切りでシッチェス・ラグビー・クラブの関係者が招待されました。
夜10時からと遅い始まりだったにもかかわらず、子供達も多数きており、ほぼ満席(350席)の盛況ぶりでした。


ストーリーは反アパルトヘイト運動による27年間の投獄生活の後、1994年に南アフリカ共和国の初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ氏が、アパルトヘイト撤廃後も人種差別の問題を抱えた状況の中、1995年に自国開催された第3回ラグビーWCを機に、白人達のスポーツであった「ラグビー」を通して国民を融和していくプロセスが描かれています。
感動のフィナーレが記憶にあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

観客は何といってもラグビー好きの集まりでしたので、コアなところで歓声が上がったり、終始和気あいあいとした雰囲気で、クライマックスは勿論拍手喝采。
ただのスポーツ根性ドラマではなく、色々なメッセージが織り込まれ、ラグビーを知らない方が観ても胸にググッとくるものがあるのではないかと思います。
このご招待となったのは、シッチェス・RCの副会長Dr.ラモンと原作者John Carlin氏のお陰だそうで、どうやらお二人の間には親交があるようです。


「INVICTUS」、ラテン語では不屈という意味だそうですが、一番観て欲しい相手は・・・・あれから15年、、、未だに人種差別・経済格差・治安悪化等の色々な問題を抱える現在の南アフリカの人々ではないかとフト思ってしまいました。

by rudy-love-111 | 2010-01-31 21:42 | 我が家の食卓 | Comments(10)
2010年 01月 28日
リナ友♪
昨日は今年になって初めて真弓ちゃんとリナのエクスチェンジ・スタディをしました。
何しろ風邪引きでしたので、、2回も中止、、、
久しぶりの真弓ちゃんの訪問に、ルディもリナも大興奮・・・・・・オヤツがもらえるのでね、、、

f0095647_2141596.jpg



暫く会えなかったにも関わらず、リナはすっかり真弓ちゃんの事はリナ友と認識しているのか、、フタリで結構激しく(!)遊んでいました、、
昨日は寒くてお散歩には出かけませんでしたので、真弓ちゃんと遊んでストレス発散だったようです。


リナザウルス: ギャオ~~~

f0095647_21421468.jpg



他の人に抱かれるのを嫌がって暴れるリナなのですが、最近では大分真弓ちゃんには慣れてきて、、真弓ちゃんに捕まえられては抱っこされています。

f0095647_21423190.jpg


遊んでいる最中も、興奮して時々ワンワン!したり、、まだまだお嬢様には程遠いリナ。。。。
「リナちゃん まだまだ悪い子ね」って私が言うと、優しい真弓ちゃんはちょっと考えて、「ちょっとだけね、、でも可愛い♪」って言ってくれます。
まだまだ子供だと思っていた真弓ちゃんですが、、最近では人の気持ちを考え気遣いが出来る素敵な女性に成長中です。


そんな真弓ちゃんの日本語ですが、、おうちではケーブルTVのアニメを日本語で観ながらお勉強もしています。
聞く事は大分慣れてきてはいるのですが、まだ話す事は難しいらしく、苦戦しています。
話す事に苦戦・・・そうそう、、なかなか思うように言葉が出てこないのですよね、、私も同じです。。。。。
今年はもう少し会話中心に進めていこうかと思っています。(私もスペイン語の勉強頑張らなくては・・・)

by rudy-love-111 | 2010-01-28 18:28 | 日々の事 | Comments(16)
2010年 01月 25日
Costa Brava 紀行4☆ Besalú 中世の世界へ

f0095647_5193445.jpg


橋の向こうには 中世の世界が広がっていました・・・・・・ 




そんなフレーズがぴったりのBesalú(ベサル)の村は今回の旅行での一番のお気に入りです。

f0095647_571718.jpg

(実は、実際の風景は取り込んだ画像よりももっと幻想的に感じましたので、その時の雰囲気をお伝えしたく、画像の彩度と明度をちょっと落として仕上げてみました。)


ベサルのシンボルのこの橋が建造されたのは11世紀、その後幾度かの洪水や戦いで破壊されては再建され、1385年に元の形に修復されたそうです。

f0095647_3524343.jpg



橋の長さは105メートル、川の中の自然石を基礎として柱を立てた為に直線ではなく、折れ曲がっていますが、その形状がより一層変化のある風景を作り出しているような気がします。
中世の時代には、橋を通過する為に税金を支払っていたそうですが、今は無料ですよ。

今にも馬に乗った騎士がこちらにやってきそうな、、、、そんな中世の佇まいに暫く見入ってしまいました。

f0095647_4123966.jpg



ベサルの村の歴史的建造物の多くは9世紀から15世紀までに建築されたものだそうですが、数百年前の建造物とは思えないほど建物の状態はよく、外装はその年代を伝えるものの、内部はモダンにリノベーションされて使われているそうです。

f0095647_5575511.jpg



この日も石積みの建物が映える曇り空でした。平日のシェスタの時間帯だったからは観光客もまばらで人通りも少なく、中世の世界にどっぷり浸かる事ができました。

f0095647_481660.jpg




ベサルの村はシッチェスから車で2時間位、今回の滞在したホテルからは1時間弱位で、以前に真弓ちゃんファミリーと一緒にハイキングに行った火山の噴火口跡のあったOlotの街や同じく中世にタイムスリップしてしまったような小さな村があるGarrotxa(ガロッチャ)地方に位置します。
このガロッチャ地方は、カタルーニャ州の中でも自然にも恵まれ、そして歴史的建造物も多くの残っており、中世の街並みを残す小さな町や村も点在しているとても魅力的なエリアです。


橋を渡る手前にあったお土産屋さん、、この日はシェスタの時間帯だったからか冬だからだったか、お店らしいお店はここ以外にはありませんでした。

f0095647_349158.jpg



f0095647_5121263.jpg



f0095647_7213935.jpg



重厚な石積みの建物の壁の厚さがうかがえます。

f0095647_7232541.jpg



f0095647_7225014.jpg



橋の途中には敵からの侵入を防ぐ為のゲートがあります。戦いの時にはこのゲートを下ろして応戦したのでしょう、、、、なんだかイメージが膨らんでしまいます、、、

f0095647_221579.jpg



毎回で申し訳ないのですが、、記念ですので。。。。。

f0095647_8131331.jpg



ルディお兄ちゃん、、このような石畳も歩きにくいようで、途中からまたまたパパさんに抱っこしてもらいました。。。。。

f0095647_416071.jpg



村に着いた時には曇っていてもさほど寒さは感じませんでしたが、石畳と石積みの壁の間を暫く散策していると深々と冷えてきました、、
我が家の寒がりワンコも歩かなくなってしまいましたので、仕方なく帰ることにしました。


今回のご紹介だけでは、とても寂れた村のように感じられるかもしれませんが、ベサルはガロッチャ地方でも人気にある村で多くの観光客が訪れ、季節を通じてお祭りや色々なイベントが催されています。

この辺りはまだまだ見所がありますしデイ・トリップでも楽しめますので、もう少し暖かくなってからベサルの街そしてその他の小さな村をまた訪れようと思います。

f0095647_2114121.jpg



< Information >
Besalú 観光情報

by rudy-love-111 | 2010-01-25 18:45 | スペイン国内旅行 | Comments(12)
2010年 01月 24日
和食が恋しい時。。。
我が家はもとから和食党なのですが、体調が悪い時や疲れている時などは特に和食が恋しくなるものです。
風邪を引いている時など、私はお粥がいただきたいのですが、、我が家のパパさんはガッツリ食べる派、、、
体調が良い時に、保存出来るお惣菜を仕込んでおかなくてはいけません。。。。


先日、アリスさんのところでアメリカの巨大茄子(笑)を美味しそうに田舎煮にされていましたのを拝見しまして、私もいただきたくなりスペインの巨大茄子(笑)を田舎煮にしてみました。

f0095647_183641.jpg



こちらの巨大茄子は油と相性がよく、揚げたり、オイルで焼いたりするとトロッとしてとても美味しくいただけますので、我が家でも大いに活躍してくれています。
茄子の保存用のお総菜としては、揚げ浸しにしたり、スペイン風に焼いたナスをみじん切りにたニンニクを入れたお酢とオリーブオイルに浸けこんだりしていますが、この田舎煮もかなり美味しい!
茶系Foodは・・・・困ったことに食欲がなくてもご飯がすすんでしまいます。。。。

この茄子の田舎煮は油で焼いてからお醤油・お砂糖、みりん代りに白ワインを入れて煮詰めたのですが、とても美味しく、また味が濃いめなので数日間は保存できるお惣菜として活躍しています。
ただ、こちらの茄子はアクが強く、皮が固いので、皮をむいて煮ましたら、、なんだかちょっと見た目が微妙ではあります。

f0095647_155428.jpg





ご心配いただいています、我が家の二人の風邪ですが、薬をキチンと飲んでいましたら、喉の腫れも咳も収まりかなり楽になってきました。
私の方は、、舌の付け根に口内炎だかヘルペスだかが出来てちょっと食べるのに痛いのですが、パパさんの方はかなり回復しまして、そろそろトレーニングを始めようか(年寄りの冷や水・・・)など言っています。

ここ数日、お天気は悪いものの、気温は大分上がってきているようです。明日はまた雨のようですが、1月も後半、、そろそろ安定した気候になってほしいものです。



そうそう、先日ルディとリナがトイレタイムで外に出た時に、メイン・ベッドルームのバルコニーに出て様子を見ていたのですが、、
その時にお隣の奥さんもバルコニーに出ていらして、ちょっと立ち話(?)をしました。

今年のカーニバルに出るんだそうです!それもセクシー衣装をまとって、ダンスするのだそうです。
練習は昨年の9月から始めたそうで、今年のカーニバルのキーとなるグループで、カーニバル開会の式典でのパフォーマンスをやるらしいですが、何のテーマなのか楽しみ。

その肝心なカーニバルですが、2月11日に開会の式典があるそうで、その週の日曜日にパレードがあり、多分火曜日にファイナルのパレードがあるのだと思います。
この時期のシッチェス、かなり賑やかだと思いますので、機会がある方は是非遊びにいらしてくださいね。
スケジュールの詳細がわかりましたら、またお伝えします。

by rudy-love-111 | 2010-01-24 21:28 | 我が家の食卓 | Comments(14)
2010年 01月 21日
Costa Brava 紀行3☆番外編 カウントダウン グッズ♪
今年のお正月はホテルで過ごしたのですが、以前にも触れました通り、31日のカウントダウンはとても賑やかなのですが、、年が明けた元旦はとても静かなものでした。
ホテルで迎えたお正月も同様で、31日のディナーはご馳走が沢山並び華やかでその夜はバーやレストラン、ロビーでも多くの人たちがシャンパン片手に集まり盛り上がっていました。が、元旦は朝からとても静かで食事も普通よりは多少ご馳走があった位・・・だったような気がします。


そう、、、こちらでは31日の夜が大イベントなようです。

f0095647_155999.jpg



31日のランチの時に、近くにいらしたスペインのおばあちゃま方が夜に何を着るか話していました。
どうやら、大晦日の夜はドレスアップするらしい・・・
一応ちょっとお洒落な服は持って行きましたので、ディナーの時にはそれを着ることにしました。
確かにディナーの時は、皆さんお洒落をして素敵にドレスアップされていらっしゃいました。かなり煌びやかな方もいらっしゃいました。。。。

ビュッフェスタイルですが、沢山のご馳走が並んでいました。私はどちらかというと、オードブル系ばかりをいただいてしまいました、、
お腹いっぱ~~いご馳走をいただき、ひとまず部屋に帰ろうと思い席を立ちましたら、、
何故か出口が混んでいる、、、何故出るのに並ぶのか不思議だったのですが・・・・

出口では1人1人にこんなものを配っていました。

f0095647_161757.jpg



葡萄が12粒入ったパックとなんだか銀色の袋を渡されましたよ、、
これ・・・・お子ちゃま用のオモチャではないのですよ、、、、

f0095647_16371.jpg


早速開けてみると、、、なんと、、カウントダウン グッズでした~~

今晩はこれを使って盛り上がろうね! っていうグッズらしいです。


大晦日の夜は赤い物を身につけて、夜12時の12回の鐘に合わせて葡萄をいただくスペインの習慣に合わせて、12粒の葡萄が入ったパックも配るなんて、流石です。





ルディお兄ちゃんもこの帽子を被って一緒に盛り上がろる準備完了!
(リナは被り物はNGですので、、)


お兄ちゃんのこの帽子、、バースディの時にも活躍してもらいました。

f0095647_165963.jpg


準備完了したところで、カウントダウン1時間位前になってパパさんがロビーやバーにチェックに行きましたら既に人が一杯だとか、、、
私もちょっと偵察に行きましたら、既にロビーもバーもダンス会場も人が一杯でしっかりこのグッズが活躍して、、鳴りものがブーブー ピーピー、、、大騒ぎ!

こんな騒ぎの中ではとってもルディとリナを連れてロビーに行く事なんて出来ません、、、結局我が家はホテルの室内でカウントダウンを迎えました。
そして、今回もきっちり鐘に合わせて葡萄をいただく事ができない我が家でした。。。。。



他のホテルでもこんなカウントダウン・グッズが配られているのかは知りませんが、、、
窓を開けるとそこいら中からやはり歓声や鳴り物の音が響いていましたので、ご近所のホテルでも配られたのかもしれません。
ホテル内でのパーティは除夜の鐘ならぬ、教会の鐘が鳴ってからもずっと続いていたようです。




***********************



さて、、、、我が家の風邪ひき二人なのですが、、長引いています。。。。
一旦は少し良くなってきたように思えたのですが、また咳が出始め、ここ二日間ほど夜は咳が止まらず寝られないほどです。。。。

昨日今日はお天気がよく、昼間は体調が良かったので、久しぶりに「リナのお庭」に車で行ってリナをタップリ走らせてあげました。今年初めてです、、、
とても暖かく、Tシャツに薄いにウールのカーディガンで十分で、30分位遊ばせた後、そのまま食料品の買い出しに行き(食用品が尽きそうで)、、その後調子にのって他にも寄って、、なんてしていましたら、、
病み上がり(?)だったせいか、車に戻った時にはヘロヘロで気分も悪くなってしまい、、帰ってからソファで横になってしまっていましたら、、今度は寒気がし始め、、、熱が出始め、、、関節まで痛くなってしまいました。
風邪がぶり返したかも、、、
早めにベッドに入ったにも関わらず夜は咳が出て寝られず、今日も朝から熱っぽく関節の痛みが残っています(涙)。。。。

風邪を侮ってはいけませんね、、、、1週間位で復活出来ると思ったのですが、、思った以上に時間が掛かっています。。。。
今日は我が家のパパさんが一家を代表して(苦笑)また病院に行きました。

救急窓口経由で行ったので、我が家のホームDr.ではない先生に診ていたそうなのですが、英語あまり通じなくて結局お隣の診察室のホームDr.も診て下さったそうです。

で、、、その結果なのですが、、、、

ウィルス性ではないので、抗生物質は必要なし! またまた赤いシロップと痛み止めの薬の処方箋を出されたそうです。
咳にはあのシロップが効くそうでこれを続けるようにとの事です。
そういえば、、、実は一旦症状が良くなってから、シロップ飲んでいませんでした。。。。痛み止めの薬も飲んでいませんでした。。。。
どうやら、、完全に治るまでは続けなくてはいけないらしいです。。。。
今日はシロップ2本分(私の分も入っているそうです、、、)の処方箋を下さったそうです。。。。

、、、と、いう事で当分は大人しくレッドワイン赤いシロップと痛み止めを飲むことにします。

by rudy-love-111 | 2010-01-21 20:08 | スペイン国内旅行
2010年 01月 19日
自家製 餅米100%のお餅 ☆ Japanese rice cake
気がつくともう1月も後半に突入、、、ルディ家、今年は風邪のお陰ですっかり出遅れてしまいました。。。。
風邪といっても症状が残っているのは咳・・・・大分良くなってきてはいるのですが、夜になるとまたゴホゴホ咳が出始めます、、、早く治さないと映画も見に行けません、、、、

シッチェス、ここ数日間暖かい日が続いたと思いましたら、昨日・今日と雨がポツポツ ポツポツ、、今年も1月に入って天気は安定せず、降水量の多さとと日照時間の少なさが野菜や果物の収穫に影響を与え始めています。


そんな今日この頃、、初挑戦したものがあります。

お餅つきをしてしまいました!!

f0095647_22411675.jpg


先日久しぶりにVilanova市場に行った時に良いステーキ肉を見つけました。
すき焼きにしたら美味しそう~と、スライスする機械がある牛肉屋さんでしたので、薄く、薄~~く、スライスしていただきました。

で、、、帰ってからフト思いました。 すき焼きにお餅の薄いの入れたら美味しかったな、、、、、
お餅はそんなに好きというほどでもありませんが、鍋物やすき焼きに薄いお餅を入れるのは結構気に入っていました。

たしか、、、もち米はあった、、、、 ・・・・・という事で、急にお餅作りを思い立ちました。


出来ましたよ~~ 感激です!!
夜まで待っていられなかったので、まずは磯辺巻きを♪

Mochi : Japanese rice cake

f0095647_2321760.jpg



網で焼きましたら、、ホラ、、プクーっと膨らみました!

f0095647_23322296.jpg



なんたって、、餅米100%ですから、、伸びますよ~

f0095647_2324148.jpg


勿論、最高に美味しかったです☆


アッ、、お餅つきしたわけではありませんよ、、、
実はとても簡単な方法を思いつきました。我が家のホームベーカリーに活躍してもらいました。


まずは綺麗に洗って一晩水に浸けておいたもち米を蒸します。
サラシを敷いた上にもち米を入れて、、、柔らかくなるまで蒸しました。

f0095647_23544171.jpg



今回の挑戦は、餅米1.5カップをフードプロセッサーとホームベーカリーで「もちっこ」してみました。
ちなみに我が家のホームベーカリーはいたってシンプルですので、パン焼き機能の他にはついていません。

f0095647_0414020.jpg


左側が蒸したばかりの餅米。
中央が、フードプロセッサーでガーした後。、この状態までくるとガーできなくなりました。が、粒はまだ残っています。
右側が、ホームベーカリーの生地作り工程にセットしてペッタンコしてもらいました。

ホームベーカリーの前にフードプロセッサーを使ったのは、生地作りでの捏ねがどの位モチッコ機能に近いのは不明だった為、フードプロセッサーにかけてみました。

ホームベーカリの種類によっても違うかもしれませんが、十分お餅状態になっていました。


すき焼きにも入れましたが、餅米100%なので煮てもしっかり歯ごたえがあり、とても美味しかったです。

翌日、また磯辺巻きをいただいてしまいました。
伸ばして乾燥させていたのですが、、、成型がちょっと難しく均等に延ばせませんでしたが、薄すぎたところは手焼き煎餅のようでこれがまた美味しかったです。

ひょっとして自家製お餅で手焼きせんべい、そしてお気に入りの豆源の揚げオカキも出来るかな?
来年のお正月はお雑煮もできます♪
海外組の皆様、機会があればお試しください。


今後の課題としては、、成型・・・・・ 粘りが強いのでなかなか上手く形になりません、、


さぁ、今年もスローライフ始動です☆

by rudy-love-111 | 2010-01-19 10:45 | 我が家の食卓 | Comments(30)
2010年 01月 17日
Costa Brava 紀行3☆番外編 「ルディお兄ちゃんの危機一髪事件」
実は、、先日エントリーしましたTossa de Marの城跡を散歩中、「ルディお兄ちゃんの危機一髪事件」がありました。
今だからこんな風に書けるのですが、、その時はもう心臓バクバク、、私にとっては本当に怖い事件でした。。。。
ルディお兄ちゃんにとっては不本意でしょうが、、ブログを見てくださっている方の中にはシニアワンコと暮らしていらっしゃる方もいらっしゃいますので、エントリーします。


ルディお兄ちゃん、ゴメンネ、、、

f0095647_291624.jpg



「ルディお兄ちゃんの危機一髪事件」は城跡の頂上まで行き、おやつタイムを終えたその時に起こりました。

最近はルディお兄ちゃんのダイエットの為にスライスしたリンゴをオヤツに持ち歩いて与えているのですが、この日もスライスしたパプリカとリンゴを持って出かけました。
パプリカとリンゴを少しづつ与え、オヤツタイム終了した時です、、、

残ったリンゴの入ったタッパの蓋をせずにパパさんがリナに気を取られたその瞬間、、
ルディお兄ちゃんの鼻先にはリンゴ入りのタッパ、、、、、
ルディお兄ちゃん、いつもはそんな事はしないのに、何を思ったか パックン!!! ゴックン!!!

なんと小さくスライスしてあったとはいえ2~3個一度に呑み込んでしまいました、、、、
まあ、、、2~3個だし(多分・・・)、、パパさんが蓋もせずに鼻の前に出しておくのが悪いんだし、、しょうがない。。。。


でも悲劇はその後に襲ってきました。。。。
突然ルディお兄ちゃん、ゲホ・・・ゲホゲホ・・・

むせるというか、、苦しそうにゲホゲホ始めました、、、、
背中をトントンと叩きましたが、、収まりません、、、
水を飲ませようとしたり、、もっと背中を強めに叩いてみたりしても、一向にゲボゲボというのが収まりません、、、
呑みこんだリンゴが喉か気管支に詰まってしまったのか吐き出す事ができなくなってしまったようです、、、
いくら背中を叩いても収まらず、、どんどんゲホゲホが酷くなり、、
こ・・・このままでは窒息してしまうかも、、、心臓がバクバクし始めました、、


一瞬、お正月にお餅が喉に詰まってしまったご老人の悲劇が脳裏をよぎりました、、、


ルディ ルディ と名前を呼ぶも、苦しそうにゲボゲボ 私の心臓はバクバク、、、
その時頭に浮かんだのが、、赤ちゃんや小さな子供が何か呑み込んだときには逆さにして振るとか・・・・聞いた事ないですか???

とっさにパパさんに「逆さ・・・・逆さにして振って!」と叫ぶ私、、、、
が、、我が家のパパさんも気が動転していましたし、、、どうやったら良いのかわからず恐る恐る逆さにはするもののどうしていいのか分からない、、
で、、パパさんがルディを逆さにして胴体を支え、私がそれを上下に振ってみました、、

始めは振っても駄目だったので、パパさんがカラーをはずしてからまた今度はもう少し強く上下したら、、
やっと少し出ました!!ゲボゲボって、、、
その後もう一回逆さにして上下に振りましたら、丸呑みしてしたスライスリンゴが出てきました!
それからは自力で何度か吐き出し、食べたおやつを結局全て吐き出してしまったようです。
途中真っ赤な物を吐き出しましたので、血を吐いたのかと慌てましたら、先に食べたパプリカだとわかりホッ、、、、

その後綺麗に口の周りをふき取ってあげたのですが、、自分でもビックリしたのか震えだしまして、、歩くこともできませんでしたのでパパさんが抱きかかえ、散策を中止して一旦ホテルの帰ることに。
でも、暫く抱かれていると落ち着いたのか、震えも止まり、下ろすと普通に歩きましたので、旧市街をちょっとだけ散策してホテルに帰りました。


ルディ : ボク びっくりしちゃったよ、、、

f0095647_1491487.jpg



人間も年をとると唾液が出難くなり、喉に詰まらせ易いと聞きますが、、ワンコも同じなのでしょうか。。
この時のルディお兄ちゃん、、多分おやつを与えるのにリナの方が早く食べるので3倍くらい食べていましたから、ボクそんなに食べていないよってパクンしちゃったのかもしれません、、、、、


f0095647_1493312.jpg



こうやって書いてみるとそんなに時間も長くなかったし、大した事ではないように感じますが、その時には本当に心臓がバクバクして長い時間に感じました。
大事にならなくて本当に良かった。

f0095647_1495285.jpg


ルディお兄ちゃんの歯は大分抜けてしまっていて硬いものは噛めず呑みこんでしまいますので、普段から食べ物は小さくして与えていたのですが、今回のように一度に数個パックンして呑み込んでしまって喉に詰まらせるなんて予想外。。。。
年を取るって、そうゆう事なのだって改めて考えられさせました。。。。

これからはもっともっと気をつけなければ・・・・・・
シニアワンコと一緒にお暮らしの皆様も気をつけてあげてくださいね。

by rudy-love-111 | 2010-01-17 20:00 | Rudy&Lina | Comments(24)
2010年 01月 14日
Costa Brava 紀行2☆Tossa de Mar
コスタ・ブラバはバルセロナ県のお隣ジローナ県地中海沿岸の海岸線でフランス国境まで続いています。
過ごしやすい夏の気候や変化に富んだ海岸線、特に海水は透明度が高く他のEU諸国から多くのリゾート客が訪れます。
なかでもこれからご紹介しますトッサ デ マルは人気がある町の一つだそうで、地中海に面した城跡と美しい旧市街の街並みはただブラブラと散策するだけでもとても楽しい時間を過ごせます。


小島のように見えるこちらは城跡で右側に広がっている石積みの街並みは旧市街になっています。

f0095647_20295161.jpg



砂はシッチェスのように白くなく、赤茶っぽくでちょっと大きめな粒の砂浜で、ルディお兄ちゃんはちょっと苦手、、、、

f0095647_23401070.jpg



ゲートがあるわけではなくワンコもOKでしたのでルディ&リナも一緒に坂を登りました。
この日はそんなに寒くはなかったのですが、曇り空でした。でも、石積みの街はちょっと曇っているほうが雰囲気があって素敵なような気がします。

f0095647_23345877.jpg




この日は日曜日だったのでツーリスト・オフィスは休み、、残念ながらこの街の資料がなく、写真だけのご紹介となります。今回の旅行はシグマ30mm F1.4 DC HSM1本で前へトコトコ後ろへトコトコ人間ズームになって撮影してみました。(1枚目以外はトリミング無)

f0095647_0463478.jpg



シッチェスのパリッシュ教会の前の広場にある大砲と同じようなものがこちらには2門(or挺)もありました。

f0095647_23541934.jpg



ルディ&リナも元気でした。アッ、今日も元気で(?)お昼寝しています(苦笑・・・)、、、

f0095647_0421714.jpg


f0095647_18134.jpg



坂をずっと登って頂上に着くと、反対側の海岸線も見渡せます。かなり急な斜面なのですが、写ってはいませんがリュウゼツランが何本もニュッと伸びていました。

f0095647_052387.jpg




この城跡全体が公園のようになっているようで、散策道が何本かあり、旧市街にも抜けることができました。

トッサ デ マルの旧市街はとても狭いエリアなのですが、よくメンテナンスされた古い建物がそのまま今も使われて人々が生活していても or いるから か、とても美しい景観を保っています。

f0095647_1285182.jpg



この地域の旧市街は石積みの街並みが多いようで、同じスペイン国内でも先日旅行したアンダルシアの小さな村とは造りが大きく違っています。

f0095647_1353915.jpg



ただの路地でもとても雰囲気があります。

f0095647_4143915.jpg



こんな時期にアロエの花が咲いていました。
ちょっと季節外れのような、、、でも石積みの建物をバックに咲いたその朱色の花は一層美しく感じられます。

f0095647_2392653.jpg



アンダルシアの小さな村は太陽が似合っていましたが、石積みの街並みは、曇りの方がシットリして似合いませんか?

f0095647_23104184.jpg



実はこの日はもう少し散策しようと思っていたのですが、、思わぬハプニング(ルディお兄ちゃんの危機一髪・・)がありまして、、この後ホテルに帰ることになりました。
思わぬハプニングはまた後ほどエントリーさせていただきますね。



ところで、、、旧市街を抜けて駐車場に戻る途中でこんなものを見つけてしまいました。。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

BONSAI(盆栽)の種!?

by rudy-love-111 | 2010-01-14 18:25 | スペイン国内旅行 | Comments(20)
2010年 01月 13日
風邪には赤の・・・
ルディのお誕生日には沢山のお祝いのコメント、そしてメールをありがとうございました。
リナのお陰で脳が鍛えられているらしく(笑)、、まだまだ若い者には負けてはいません!
ルディおGちゃんお兄ちゃん、これからも元気でご長寿記録をのばしていきますので、見守っていて下さいね。


それはそうと、、、我が家二人の風邪なのですが、、、今回の風邪はしつこく、、今日も二人でゴホゴホ ゴホゴホ、、



そんなしつこい風邪には、、赤の ・ ・ ・ ♪

そう、、鮮やかな赤ワイン~~♪

f0095647_2336331.jpg




ではなくて、、、病院で処方された喉の痛みを和らげるシロップです。
でも、、、色がね、、、色がコワイ・・・・

f0095647_2321675.jpg


心配になってパパさんサイトで調べましたが、、やはりシロップらしい、、、
何故ここまで赤くなくてはならないのか不思議。

今まで喉の痛みや咳にはカモミールが効いていたのですが、、、今回はあまり効果がなく、、いつまでも咳が止まらず痛い、、、
先日病院で処方箋をもらっていたのですが、シロップだったらカモミールがあるので必要ないと買わないでいましたが、、いよいよ今日パパさんに買いに行ってもらいました。。

これで1.90€だったとか、、、

余談ですが、、こちらの先生、滅多なことでは抗生物質を出しません。消炎剤や痛み止めのようなものは出してくれるのですが、今回のようにシロップとか、うがい薬とか、、、あとはお茶や蜂蜜レモンを沢山飲んでゆっくり寝ていれば治ると言われます。。。。
抗生物質漬けよりも確かに体には良いような気がしますが、、、回復までにちょっと時間が掛かります。


意を決して(大袈裟・・)飲んでみると、、甘い! が、飲んで暫くは効果があるよう、、
キャップ1~2杯(5~10ml)を1日に4回位。


今日も我が家は鍋物語・・・・



ずっと外にお散歩に行けず、いよいよ猛獣化している我が家のリナザウルス、、、

f0095647_23212221.jpg

12日はリナのお迎え記念日だったのですが、、何もしてあげられなくてごめんね。。。。
治ったらルディお兄ちゃんと一緒にプレゼントと美味しいご飯を作ってあげるから。


今日の気温は13℃~15℃位で比較的暖かい。というか、通常は冬でもこの位の気温でほんの数日間くらいが寒くなり5℃位までさがるのだと病院の先生は仰っていました。

日があるうちはポカポカ暑い位なのですが、、夕方になるとまだまだ冷え込んできます。
でも、、、大分日が長くなってきましたね、、5時過ぎでもまだ明るいです。
このまま一気に暖かくなれ~!

by rudy-love-111 | 2010-01-13 17:45 | 日々の事
2010年 01月 11日
Rudy 14歳になりました☆
1月11日今日、ルディは14歳のお誕生日を迎えました。

昨年中は大きな病気もせず、年2度の定期検診でも何も異常はなく、元気で年を越す事が出来、そして14歳のお誕生日を迎えられたことは大病を患った仔なだけに嬉しさで一杯です。

f0095647_2232849.jpg



犬の14歳はスペインでは人間の84歳くらいにあたると考えられていますので、かなりご老体になってしまったルディお兄ちゃん、、、
今回の旅行でも、疲れたのか途中抱っこ抱っこと何度か歩かなくなりました。。。。

そういえば最近はリナが遊ぼうと誘っても寝てばかり、、、、
今日は相変わらず空気は冷たいのですが、よく晴れ陽があるうちはリビングはポカポカ暖かく気持ち良い1日で、ルディお兄ちゃんはお昼寝を楽しんでいました。

f0095647_615363.jpg



実は・・・ルディお兄ちゃん、可哀そうなことに、、バースディ・プレゼントがまだなんです、、、
旅行から帰ってからこちらは寒い日が続き、それが原因か旅行の疲れか、、まず私が風邪をひいてしまったようで、鼻がズルズル、、、喉はゲホゲオ、、、
そして、、私が回復してきたと思ったら、今度はパパさんが昨日から鼻がズルズル、、喉がゲホゲホ、、頭が痛いとか、、、今日は朝から寝ていました。

ということで、我が家は旅行から帰ってからすっかりお籠り生活になってしまい、、プレゼントを買いに行く事もできませんでした、、、
リナの時も遅くなってしまいましたが、、週末までにはプレゼントを用意したいと思っているのですが、、
ルディお兄ちゃん、ごめんね。。。



プレゼントが間に合いませんでしたので、ご飯タイムにはこんなものを用意しました。

ランチは、ルディお兄ちゃんの大好物(何でも大好物みたいなのですが、、、)のローストビーフ♪

f0095647_622328.jpg



そして夕方には、ターキーのお野菜たっぷり豆乳シチュー♪

f0095647_63553.jpg


この他にもまだ食べたんですよ、、
今日はダイエットの事は忘れて大盤振る舞いでした!


バースディ・ケーキは、、イチゴのショートケーキ ワンちゃんバージョンです♪

f0095647_632415.jpg

と言っても、かなりお手軽、、、、
昨日ロールケーキを作ったのですが、ワンちゃんバージョンは、ロールケーキ用生地に入れる砂糖を少なめにして一部をルディ達用にマフィン用のシリコンカップで焼きました。、少し濃くトロッとした無糖ヨーグルトをクリーム代わりにしてイチゴをトッピングしただけ、、、
それでもとても喜んで食べてくれました。


食べ終わるとリナは必ずルディお兄ちゃんのお口チェックをするのですよ、、、

f0095647_642161.jpg



ご飯タイムが終わると、、あ~~~ 眠たい、、

f0095647_6133063.jpg



またまたお昼ねタイムです。

f0095647_613866.jpg



こうやって気持ちよさそうに寝ている姿を見ていると本当に嬉しい。
愛おしくて愛おしくて、、つい抱きしめてしまう、、、

こちらのワンコ達は長生きな仔が多いような気がします。時々お散歩でルディの年を聞かれるのですが、「もう14歳なの、、、」って答えると、、「まだまだよ、、うちの仔なんてXX歳まで元気だったわ」とか元気づけてくれます。
病院のベアトリス先生も私がルディの事をとても心配するので、「実家のワンコは18歳まで元気だったんだから、ルディもまだまだ元気でいるわよ」ってよく慰めてくれます。
でも、、そんな言葉も嬉しい半面、、一緒に居られる時間は限られているのだと改めて考えさせられます。。。。

1年のうち、半分冬眠してもいいから、もっともっと長く一緒にそばにいてもらいたい。
神様、来年も元気でお誕生日が迎えられますように。

by rudy-love-111 | 2010-01-11 23:20 | Rudy&Lina | Comments(34)