<   2007年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2007年 05月 31日
Rudyのちょっとそこまでおフランスの旅 6☆ミディ運河 (Canal du Midi)下り
今回の旅、美術館やお城など入れなかったのはちょっと残念だったのですが、、もう一つ予想外の事がありました。

おフランスは月曜日は日曜日と同じようにショップはほとんど閉まっていました。。。。
インフォメーションセンターは開いていたので聞きましたら、月曜日はほとんどのお店がお休みだそうです。
一部のパン屋さんやお肉屋さん八百屋さんが開いていましたが、カルカッソンの街の中心街はひっそりとしていました。

私の予定では月曜日はこの中心街を散策しながら楽しくおフランス製品のショッピング・・・・のはずだったのに、、、、、何も買えませんでした。。。。。
ちょっとショックで暫らく立ち直れませんでした。。。。
皆さん、おフランスは日曜・月曜日の滞在はショッピングは無理のようです。

f0095647_0225956.jpg


中心部に唯一あるスクエア(ってコテージのオーナーさんは言っていましたが広場の事のようです)の周りには可愛いショップやカフェが並んでいました。
こんな可愛いくて美味しそうなお菓子屋さんもお休みでした。。。。

f0095647_023221.jpg


気を取り直して、もうひとつのお楽しみであるミディ運河下り、世界遺産(1996年登録)、の発着場所とボートの視察をしてからまず食事にすることにしました。

食事はコテージのオーナーさんが教えてくれたレストランに行きましたが、カジュアルでカウンターで軽く飲めるようなところでしたが、ワンコ勿論OKです!

f0095647_0234450.jpg



ルディはすでにお疲れモード・・・・

レストランに入ったらすぐにペタッとしてしまいました。

f0095647_024161.jpg



食べる時になると起き上がってお弁当と野菜を食べました。

f0095647_0242210.jpg



今回はパプリカとトマトを沢山お弁当セットに入れておやつ代わりに途中で食べていました。

f0095647_0581713.jpg



ハムとサラダが出てきたのですが、このハムが見かけによらず美味しかったです☆
とくにこのオレンジのハムが美味しかった。

ワインでしょうね~~~絶対ワインですよね。。。。。

我が家、アルコールはいただけません、、、

f0095647_0583417.jpg



パパさんがメインに頼んだポークグリルはマッシュポテトの量にビックリしましたが、両方ともすごく美味しかったです。

ラザニアも美味しかったですけど、もうちょっと違うものにすればよかった。。。
メニューですぐわかったのがラザニアでしたので。。。。




ミディ運河下りは2時半出発でしたが、その頃にはもう暖かく日差しが痛いくらいでした。
これが今回乗るボートです。
勿論ワンコOKです☆そしてワンコは無料でした。

f0095647_025281.jpg


f0095647_0254575.jpg

                ルディ: ボクもウェルカムなんだって!!
                      初めてだよ~~
                      うれしいな ~~~♪



ボートの前方です。ちゃんと日差し除けもありました。
最後に小学生位の子供達が20人位乗ってきて大賑わい。

f0095647_027542.jpg



ママと一緒に記念撮影☆

f0095647_0272463.jpg



我が家の息子は初めのうちは起きていましたが、すぐに気持ちよかったのかウトウト寝てしまいました。

f0095647_027377.jpg


キャリーバック無しでワンコも一緒に乗れるなんて素敵ですよね♪



英語とフランス語での説明がありましたが、、、ほとんど右から左・・・・・
詳しい説明ができなくてごめんなさい。。。。


ミディ運河は、全長240kmの人口運河で、1996年に世界遺産に登録されています。17世紀末に大西洋と地中海の物資輸送を目的に建設されたこの建設事業は、水供給システムや暗渠トンネル、ロック建設など、当時としては最新の技術を駆使した壮大ものだったといえます。
今日では建設当時の面影を残しながら観光施設へと変貌をとげています。そして運河沿いに植えられた樹齢300年以上とも言われる多種多様な植物達が憩いを感じさせます。



このミディ運河はトゥルーズまで続いています。昔はワインや物資を運んでいたそうですが、今は観光、およびレジャー用のボートが行きかっています。
沢山のボートとすれ違いましたよ。その度に子供達は手を振っていました。

f0095647_028176.jpg

鴨はスイスイ、亀は日光浴していました。

f0095647_0281789.jpg

両サイドの並木は初めからあったわけではなく、後に運河の保護と日差しを防ぐ為に植えられたそうで、今では根がしっかりはって運河を強固にしています。

f0095647_0283771.jpg


風がとても爽やかでも気持ちよくゆったり森林浴できました。


あちらに見えるのが「ロック」です。


運河の水面の高低差をこのロックで調整してボートをスムーズに通過させるのが役目です。
どうゆう意味かと申し上げますと。

あのロックを境に手前の水面は低く、あちらの水面は高くなっています。
どうやってその高い水面に行くかと言いますと、、、、
普通の建物だったらエレベータがありますよね。
そう、、、こちらのボートもエレベーターに乗ります。それも水のエレベーター♪

f0095647_028554.jpg



正面に見えるのはあれは滝ではありませんよ。
まずあのスペースにボートが入ります。

f0095647_029219.jpg


こちらが後ろなのですが、入ったら後ろのゲートを閉めます。



あの赤いTシャツを着た男性、このロックの通行料を徴収しています。
これ、、、人力なのですよ、、、オートマではなくてその度に操作していました。

f0095647_0293913.jpg



後方のゲートが閉まるとこのスペースにどんどん水が入ってきて水位が上がっていきます。
エレベータになっているのですよ。

f0095647_0295841.jpg

お分かりいただけましたでしょうか???


では今度は帰り道です。
手前の水位はゲートの向こうよりも高いのですが、おわかりいただけますでしょうか?

f0095647_0302497.jpg



こちらは正面です。
だんだん水位が低くなってきています。

f0095647_0303857.jpg



こちらは後方なのですが、、、

あのゲートの向こうの水位が高いので、水が流れているのですね。

f0095647_0305382.jpg



水位がすっかり低くなり進行方向の運河と同じレベルになると、ゲートが開きボートはこのスペースから出ます。

f0095647_031982.jpg


これってやっぱりエレベータですよね?




今回は楽しみにしていたショッピングはできませんでしたが、初めてのルディと一緒の運河下りを楽しめましたので十分満足という事でしょうか。
でも、今回の教訓を生かして、次回におフランスに行くときには絶対火曜日からスケジュールを組みます。

by rudy-love-111 | 2007-05-31 22:24 | アンドラ公国・フランス旅行 | Comments(29)
2007年 05月 30日
我が家のベーグルセット☆
今日はおフランス紀行はちょっとお休みです。

最近(といってももう随分になりますが、、、)スペインのサンドイッチのファーストフードのお店「PANS」にベーグルメニューがお目見えしました。
いつもビーチのお散歩からの帰り道にこのポスターを見て気になっていたのですが、、、

f0095647_5501346.jpg


こちらではベーグルはまだポピュラーではないようなので、「PANS」でベーグルメニューが出たのは意外でした。以前にはベーグルをおいてあったカフェがありましたが、、、店じまいしてしまったし、、、他には無かったと思います。

先日el cielo azul desde Barnaのbarnapoohさんのブログで「PANS」のベーグルの事が紹介されていました☆
なんと、、、ベーグルセットで7€(1120円位)、、、、、ベーグルサンドに2種のフライドポテトにコーラが付いているのでしょうか?そして可愛いお皿がついているそうです。
お味はパニーニっぽかったそうですが美味しかったそうです☆


で、思い立ってベーグルを・・・食べにではありません!焼くことにしました♪
前回はベーグルを作ろうとして手順を間違ってしまい、ナンになってしまったので今度は間違いないようレシピを見ながら作りました。

NYスタイルのランチです☆

ベーグルの王道 クリームチーズ&スモークサーモン・ベーグル と トマトサラダ に、ニューイングランド風クラムチャウダーです♪

f0095647_5502785.jpg


でも、、、、このベーグル・・・実はこねているときからちょっと柔らかいなとは思ったのですが、、、形が少しつぶれ気味になってしまいました。。。。
水も小麦粉の分量もレシピ通りだったのですが、、、イーストをとかす人肌のお湯の量がちょっと多かったのでこねているときの温度が高くなってしまったのでしょうか。微妙に違ってくるのですね。。。。
でもスライスしたてのスモークサーモンにクリームチーズ、、、やっぱり王道!!

クラムチャウダーは・・・・何故かいつもよりも美味しかったです!!
材料はいつもどおりだったので何が違うのか考えたら、新玉ねぎを使っていました。
きっとこの新玉ねぎの甘さが出ていたのかもしれません。

今度はこの新玉ねぎを使ったピザが食べたくなりました。
皆さん、春野菜?夏野菜?しっかり摂っていますか?

by rudy-love-111 | 2007-05-30 23:52 | | Comments(22)
2007年 05月 29日
ルディのちょっとそこまでおフランスの旅 5 ☆カルカッソンヌ
カルカッソンヌ観光2日目は朝方は曇っていましたが、午後からはとても暖かく、半そでTシャツでも十分でした。
前日の日曜日と違ってワインテースティングも何もイベントはやってはいませんでした、それでも観光客が多かったです。

まず入り口前でルディの記念撮影☆
f0095647_254587.jpg

お隣に座っていたお兄さんに写真を撮ってもいいかと聞かれましたので勿論とお答えしましたら、沢山撮ってくれました。
f0095647_2553060.jpg

このメリーゴーランドは門のすぐ横にありましたが、他にも大きな広場にありました。
おフランスでは広場にはメリーゴーランドなのでしょうか。
f0095647_256878.jpg


この日は前日見られなかったサン・ナザール寺院を見に行きましたが残念な事に改修工事中でした。
f0095647_2563558.jpg

こちらは反対側から撮ったものですが、12世紀に建てられものだそうで、ロマネスクとゴシック様式が混ざっています。
f0095647_2565819.jpg


f0095647_2572232.jpg

内部のステンドグラスは、とても美しく、14世紀のものから、16世紀のダイヤでガラスをカットする時代のものもあるそうです。
f0095647_2581137.jpg

f0095647_2583423.jpg

こちらのオルガンは現存するフランス最古のオルガンで国宝だそうです。1522年に生まれ、何度も修復され、今でもその音が出るそうです。

f0095647_3453827.jpg


レストランも沢山あり、どこがいいのか迷いましたがちょっと素敵なテラス席を見つけました。
丁度空いていたので席に着きましたが、おフランスの食事の時間はスペインとは違います。
ランチは12時から2時頃位まで、ディナーは7時から9時10時位までなのですが、これが結構困りました。
f0095647_2592841.jpg

街にはレストランの呼び込みさんもいて、「店内ワンコOKですよ~」とか呼び止められました。
ルディも勿論ここでお弁当を食べました。
f0095647_2594470.jpg

店内です。
f0095647_30093.jpg

座っていた席から見た風景はこんなでしたが、これは日曜日なのでちょっと寒かったのですが、このテラス半分屋内のようなものなので寒くなくてゆっくりできました。
と言いますが、、、、ランチメニューのコースを頼んだのですが、ゆっくりなのですよ、、、、
1時間半くらいかかりました。。。。
f0095647_302074.jpg

パパさんが頼んだチキンサラダはチキンレバーのワイン煮だったそうでが美味しかったそうです。スープはオニオスープにしましたら、こちらも美味しかったです。
あまり写真は撮りませんでしたが、メインはパパさんがビーフグリルに私はカスレ(CASSOULET) というこの地方の郷土料理をオーダーしました。
カスレという専用の土鍋で作る白インゲンとソーセージや肉類を煮込んだものですが、この白いんげんがホクホクして味がしみていて本当に美味しかったです。ソーセージとお肉は鴨が煮込んであっただけではなく、鴨のグリルがのっていてこれがまた本当に美味しかったです☆
f0095647_303729.jpg

デザートのピーチパイも甘さ控えめでソースも美味しく大満足でした。
f0095647_31869.jpg

こういった観光地だとなかなか美味しいレストランを探すのが難しいのですが、こちらは偶然にもとても美味しくて素敵なレストランでした。

そうそう、ランチをしている間に、この前の道を騎馬隊が2回ほど通りました。
1回目は写真を撮れませんでしたが、2回目の時にはパカパカと音がしたのですぐに写真を撮りました。

街の中は細い路地がクネクネしています。中に住まわれている人たち以外の車は入れないそうです。
f0095647_313580.jpg

f0095647_333629.jpg

お土産屋さんが沢山あったのですが、結局クッキー類とハーブを買うくらいでした。
f0095647_335527.jpg

ちょっと奥まった路は静かで良い雰囲気でした。
f0095647_345545.jpg

最後に撮ったカルカッソンのお城です。曇り空の時とはまたちょっと雰囲気が違いました。
f0095647_352556.jpg


本当はライトアップされた姿も見たかったのですが、ライトアップは夜10時頃でないと暗くならないので無理。。。。。帰り道何も無い真っ暗なブドウ畑のドライブを考えるとちょっと不安でしたので今回は見ることができませんでした。
ちょっと残念でしたが、また次回のお楽しみということにします。

by rudy-love-111 | 2007-05-29 23:59 | アンドラ公国・フランス旅行 | Comments(20)
2007年 05月 28日
リュウゼツラン観察日記☆
今日はおフランス旅行のレポートはちょっとお休みして、リュウゼツランのその後のご報告です。

初めて見つけたのが5月11日、その時にはまだこんなに小さかったのですが、、、
f0095647_3452973.jpg


最後にご報告したのが、14日でしたが、こんなに成長しました。
こちらが今日28日のリュウゼツランです。

f0095647_0222055.jpg

そしてこちらは5月24日のものです。
f0095647_0224030.jpg


先端のほうが成長しているのがご覧いただけますか?
あの彫刻のような先端がいつのまにかなくなってしまいました。
ということは、、、、、これでもう伸びるのは終了でしょうか???

教会の前の広場から見るとこんな感じに先端が目の高さにきています。
観察するには丁度良い高さです。
でも、、、下のほうの房もまだ開花する様子はありません。
まだまだ時間がかかるのでしょうかね。。。。
f0095647_0225892.jpg


今日もとても良いお天気でした。
が、、、、スペインの家は何故か昼間南側の窓を開けないようです。
確かに日差しは強いのですが、、、そんなに締め切ったら暗くはないでしょうか??
f0095647_023185.jpg


ルディは旅の疲れもすっかり取れいつも通りに走っています。
f0095647_024581.jpg

f0095647_02351100.jpg

ちょっと休憩しながらなんて思っていると、
大きな声で ワン!
早く投げてよ~~って催促します。

教会の前のパティオでひと遊び♪





芝生の上でもおもいきり走りました。

f0095647_0242137.jpg

でもやはり日差しは強く、「ルディのお庭」にある森の中でちょっと休憩しています。
f0095647_0244232.jpg


ルディの体調もよく、私も疲れが取れてすっかりリカバーしましたので、、、
実は、、、先ほど行ってまいりました。

パイレーツ・オブ・カリビアン 3☆ 

f0095647_5165852.jpg


入り口前にこんな大きなパネルが飾ってありましたよ。
今日の観客は今までで一番多く、60~70人!確か今日が最後の日だったと思いますが。

う~~ん、迫力ありました!!!
オーランド・ブルーム、、ますます素敵になってきていますね。
十分楽しめましたが、、、、せめて英語版を見たかったです。。。。
ラストは・・・・アア、、、言ってはダメですよね。。。。
とっても切ない~~~。。。。。

by rudy-love-111 | 2007-05-28 23:11 | 街を歩けば・・・ | Comments(22)
2007年 05月 27日
Rudyのちょっとそこまでおフランスの旅 4☆可愛いお宿
今回のおフランスでの宿はサイトで探したのですが、カルカッソンヌの街から車で15分位(との説明でしたが・・・・)で、ギテ(GITE)と呼ばれるコテージに朝食付きでワンコウェルカムと我が家にピッタリのお宿をみつけました。

カルカッソンヌの近辺にはこのような長期滞在用のコテージが沢山あり、サイトは英語、料金も£というように多くのイギリス人がバカンスにやってくるようです。
コテージはかなりグレードが高く、高級別荘のようなものばかりで、今回我が家が泊まったコテージも石作りの落ち着いた素敵な建物でした。内装もとても可愛くなんといっても広いのが魅力でした。

2階建てになっていて、1Fにはリビングルーム、キッチンとバスルームがあり、2階がベッドルームになっていましたが、ベッドルームも十分の広さでしたし、キッチンとバスルームは今借りているピソの4倍位の広さでした。2~3人用のコテージなのに、洗面シンクはダブルシンクでビックリしました。
そしてキッチンにはオーブン・電子レンジ・ドラム式洗濯機など全て揃っていて長期滞在にも支障がありません。というか、、、、そもそも、このGITEは長期滞在用の宿泊施設でたいていは1週間でのレートになっています。
今回は空いていたので、泊まれたようですが、とてもラッキーでした。

f0095647_23411026.jpg

広いお庭には可愛い花やハーブ類が色々と植えられていました。
f0095647_23413635.jpg

こちらが入ってすぐのリビングルームです。
インテリアもとても素敵でした。絵や小物が沢山飾ってあるのに雑然とせずすっきり見えるのは何故でしょう。

f0095647_2342955.jpg

ベッドルームも広く、清潔でとても使いやすかったですよ。

f0095647_23423082.jpg















f0095647_2342517.jpg















こちらはキッチンですが、今使っているキッチンよりもよほど、設備もよく使いやすかったです。
今回は料理する事は無かったのですが、いつでもお茶を入れたりできましたし、ルディのご飯が作れたので良かったです。
疲れてグッタリしてしまったので慌てて牛肉を買ってきてステーキにして食べさせました。。。。
f0095647_23432269.jpg

ダイニングのセットも可愛いですね。
f0095647_23525699.jpg

この小さい窓も素敵でした。
f0095647_23434567.jpg

でも、、、、窓から見える景色というのが、、、、
あたり一面のブドウ畑・・・・・
f0095647_2344450.jpg


この葡萄の木ちょっと変わっていませんか????
かなり背が低いのですよ、、、ダックス君体系。。。。。
f0095647_23443477.jpg


実はカルカッソンヌの街からは15分以上でした。
30分は掛からなかったのですが、途中はこのブドウ畑しかない田舎道のドライブだったので実際よりも遠いような気がしました。
一度帰ると、出かけるのはおっくうになってしまいました。
夜暗くなってから出かけて帰るのはちょっと不安だったので結局一度帰ってくると出かけることはなく、シテの夜景が見られなかったのがとても残念でした。

こちらはB&B3部屋があるメインの建物のキッチンです。こちらもとても可愛いかったです。
f0095647_23445561.jpg

オーナーの奥さんですが、とても動物好きでワンコにネコさん、ピーコックと暮らしています。
f0095647_23464288.jpg

ルディも毎朝一緒でした。
食事はペストリーとジュースやヨーグルト、そしてフレッシュフルーツだったのですが、このペストリーが本当に美味しかった☆
そして、紅茶が最高に美味しかった!さすが、イギリスの方が入れる紅茶は美味しい☆

f0095647_2347299.jpg


この子はリオ君です☆10才なのですよ。
ルディの事を気に入ってくれて、ドアを開けると部屋に入ってくるんですよ。
朝もドアの外で待っていてくれました。でもルディは、、、、興味無しでした。。。。
f0095647_534139.jpg


プールもあって、夏場や暖かい日にはプールサイドのテラスで朝ごはんだそうですが、あいにくのお天気なのでキッチンでいただきました。
お庭には沢山の植物がありました。
f0095647_23475053.jpg

f0095647_23483538.jpg

着いた時にはとても風が強く、このツタがサワサワと波打っていてとても綺麗でした。
f0095647_2349144.jpg


とても可愛いコテージで3日間ゆっくりできました。ありがとうございました☆


< Information >
Domaine de Palatz

by rudy-love-111 | 2007-05-27 23:42 | アンドラ公国・フランス旅行 | Comments(22)
2007年 05月 26日
Rudyのちょっとそこまでおフランスの旅 3☆カルカッソンヌ
今日は日曜日と月曜日に訪れたカルカッソンヌの街のご紹介をします。
日曜日はあいにくのお天気で朝から雨が降っていました。朝食をすませて出かける頃には雨はあがったのですが、寒くてどんよりのお天気でした。
月曜日は朝方はちょっと曇っていましたが、午後からは晴れて暑いくらいでした。
晴れている写真は月曜日のものです。

コテージからカルカッソンヌまでは車で30分弱、とりあえずは城砦都市「La Cité」に向かい、入り口前の駐車場に車を止めました。

こちらがその城塞都市「La Cité」への入り口です。
お天気は悪かったのですが、日曜日だったからでしょうか、沢山の観光客が来ていました。

f0095647_2227468.jpg



こちらはまず、1つ目の城壁を越えてちょうど2つ目の城壁との間です。

f0095647_22281069.jpg



2つ目の城壁を抜けると、こんな街に入っていきます。

f0095647_22282636.jpg



細い道の両側にはお土産物屋さんが並んでいます。

f0095647_22284525.jpg



こんなお菓子屋さんもありました。おフランスですもの、、美味しいのでしょうか??

f0095647_2229175.jpg



人の流れについていくと、オープンカフェが沢山並んでいる大きなパティオに抜けましたが、そこでは演奏隊がなにやら楽しい演奏をしていました。
この演奏隊は移動しながら数箇所で演奏を披露していましたが、日曜日限定のようです。

f0095647_22293615.jpg



この日は日曜日だったので「ワイン・テースティング」のテーブルがあちこちに出ていました。

f0095647_22305781.jpg



私達はアルコールは飲まないのであまり興味は無かったのですが、ちらっと見たら、赤・白・ロゼで値段が違うようで初めにいくらが支払って、紐が付いたワイングラスを受け取ると色々なテーブルのワインを試飲できるようです。

沢山の人たちが首にワイングラスぶら下げていました。
ワイン好きの人たちにはたまらない???

f0095647_22302889.jpg



この建物は「La Cité」の中の高級ホテルの「ホテル・シテ」です。
この前でもワイン・テースティングのテーブルが沢山でしたいました。

f0095647_22295419.jpg



ワインと言ったらチーズでしょう♪
そうそう、ちゃんとチーズのお店も出ていました。
それも山羊のソフトなチーズが沢山。
山羊のチーズはちょっと癖があるので我が家は苦手ですが、お好きな方にはたまらないでしょう~?

f0095647_22311994.jpg



さすがおフランス、沢山のワンコ達も一緒に観光していましたよ。
でも、、この子はここに住んでいる子のようでした。

f0095647_22313874.jpg



どこからともなく現れたのですが、、
パパやママらしい人はそばには居ませんでした。

とても懐こくて、ルディもご挨拶していました。

f0095647_22315625.jpg



まだ仔犬のようなのですが。

巻き毛ちゃんなのですよ。

このクルクル巻き毛のお耳がなんとも可愛くて♪

f0095647_22322749.jpg



さよならしたのに、、、、
ルディの後をついてきてしまいました。。。。

暫らくストーカー君してましたが、途中であきらめて帰ってくれました。



コムタル城(Chateau Comtal)への入り口です。

f0095647_22324318.jpg


この橋を渡ってお城に入るのですが、、、、
おフランスだけど、ワンコはNGでした。

決まった時間にツアーがあるのですが、、勝手にさっさと回れないようだと時間が掛かってしまうのでこれまた見学できませんでした。

f0095647_22325962.jpg



お城には入れませんでしたが、城壁の中は自由に歩けますので色々探索することにしました。
おフランスの騎馬隊でしょうか?丁度交代の時間だったようです。

f0095647_22331926.jpg



f0095647_22333615.jpg


城壁のところから見た街の様子です。
f0095647_22335362.jpg

この日はどんより曇っていたのですが、それはそれでなんとなく良いムードではありませんか?まるで映画の一こまのようです。
f0095647_2234736.jpg



f0095647_22342443.jpg


日曜日は雨はあがったものの、道は濡れていたのでルディのTシャツもお腹がすぐ濡れてしまい、お着替えをしながの散策でした。
このシテ内で生活している人たちは1,400人位いると何かで読みましたが、シテ内はほとんどお土産屋さんかレストラン・カフェ等でした。
そしてあれだけワンコ連れが多かったのに、ワンコのウン○が放置されていることもなく、皆さんとてもマナーがいいのには驚きました。

次回は引き続きもう少しシテ内をご案内します。

by rudy-love-111 | 2007-05-26 22:55 | アンドラ公国・フランス旅行 | Comments(24)
2007年 05月 25日
ルディのちょっとそこまでおフランスの旅 2☆フィゲラス&カダケス 
今回は車での移動が多かったので、帰ってからもちょっとお疲れモードでしたが昨日1日休養しましたら大分リカバーしてきました。

思えば、土曜日出発しての1日目も結構ハードなスケジュールでした。

シッチェスから1時間半位で最初の目的地、フィゲラスに着きました。
インフォーメーションセンターで地図をもらい早速目的のダリの劇場美術館に向かおうとしましたら、途中の広場で小さな蚤の市がやっていました。
並木の下の両側に色々なお店が並んでいました。

f0095647_18521897.jpg



お店といっても並べられていたのは、アンティーク?な食器やアクセサリー、そして本やコインなど、色々なものが並べられていました。

f0095647_18523551.jpg



アンティークといえば、アンティーク・・・・・
違った目で見れば・・・・????


こちらのお店には使えそうな食器類が並べられていました。とてもヨーロピアン♪

f0095647_18525912.jpg



こちらはよくわからないようなものが並べられていました。

f0095647_18532278.jpg



なんだかとてもルディの体形に似たワンコがやってきました。ルディの事に興味があるようなのですが、ルディはご挨拶はしましたが、、興味はまったく無し・・・・でした。。。。

f0095647_18534180.jpg



こちらは目的のダリの劇場美術館(Teater-Museu Dali)です。このポチポチ、、、見覚えありませんか?

f0095647_1854678.jpg



先日ルディと一緒に撮った写真のあのポツポツなんですよ。
形はまちまち大きさは結構大きいですよね。

f0095647_18542755.jpg



ダリ自らが設計から内装まで携わり、1974年に開館しました。

こちらは道路を渡って撮ったものなのですが、残念ながら近過ぎて全体は写せませんでした。

f0095647_18545888.jpg



道を回って正面入り口に行ってみると・・・・・・列????

f0095647_18552632.jpg



そうなんです~~~こんなに並んでいたんですよ。。。。。
今まで旅行先の美術館や博物館などに行きましたが、日本と違って並ぶ事は滅多に無くこんな列が出来ているのにはびっくりでした。

f0095647_18554566.jpg



ルディ(パパ付きですが・・・)を待たせて30分位(?)並んで入るのはちょっと・・・・・ということで今回はあきらめました。
土曜日だから混んでいたのでしょうね。。。。平日に来るべきでした。
ダリは好きなので楽しみにしていましたが、また次回平日に来ようと思います。


f0095647_18561747.jpg



ところで、ダリの劇場術館に併設してダリ宝飾品(Dali Joies)を展示している所があります。
こちらだったら混んでいないようだったので、チケット売り場に行きましたら、、、チケット売り場のセニョーラは、ご親切にダリ美術館に入るとそのチケットでこちらも見れるので、そうしなさいと教えてくれました。
でも人が沢山並んでいるのでこちらだけでも良いからと言いましたら・・・・・そんなの10分位だから大丈夫とチケットを売ってくれる様子はありません。。。。。

また列を見に行きましたが、10分ではとても無理なようでした、、結局こちらもあきらめました。
でもでも、、、このパンフレット・・・・興味沸きませんか????
このルビーの唇とブルー・アイ☆

f0095647_21392146.jpg



次回のお楽しみです。

フィゲラスには他にも美術館はあるのですが、時間もないのでそのままカダケスに向かうことにしました。
細いクネクネ道を40分位ドライブ・・・・・ここのカーブは本当に心臓に悪いと思います。
気持ち悪くなるし、急カーブと対向車でハラハラドキドキ、、、もうヘロヘロでした。

やっと着いたあたりで写真を撮りましたが、、もう半分ダウンしていましたのであまり撮れませんでした。
街は白い壁にオレンジの瓦屋根、とてもスペインらしい街並でした。

f0095647_18564371.jpg



同じビーチでもシッチェスとは違い、カダケスは小さな入り江になっています。
ダリとガラが暮らした「卵の家」に向かう途中に撮ったのですが、この左に小さい卵型見えますか?これが「卵の家」です。
近くに行ってしまうと全然見えませんでした。

f0095647_1857572.jpg



そして、またまたショックな事。。。。。
「卵の家」は事前に予約しておかないと内部は見学できないそうです。
情報収集していた時には、「夏季は事前の予約が望ましい」と出ていましたが、、、、もし行かれる場合は必ず予約を入れておいたほうがいいと思います。
でも、、ひょっとして一人くらい大丈夫なのではと思い窓口に行きましたら、、、今日の「卵の家」ツアーは満員!
10分おきに十数人ずつ位内部に入っているのですが、、、、でも今日は既に満員だそうです。。。

近くからはこんな風にしか写真を撮れませんでした。、右側の象の鼻のようなものが見えませんか?あの鼻から水が流れていました。

f0095647_18572542.jpg



ここの入り江からの景色はとても綺麗で創作活動にはとても良い環境だったのでしょうね

「卵の家」の入り口のすぐそばで海をバックに。

f0095647_18574481.jpg



「卵の家」も見学できなくて残念だったのですが、、、またここまでまた来るのは、、、ちょっと考えてしまいます。。。。。

f0095647_2250112.jpg

今回のお弁当♪

鮭おにぎりとカツオのフリカケおにぎりです。

やっぱりお弁当はおにぎりでしょう。
ちょっと不調だったのですが、お弁当を食べてリカバーし、そのままフランスに向かいました。



フランスとの国境です。今回も車を止められることもなくそのままフランス入国でした。

f0095647_1858577.jpg



途中まではスムーズに行けたのですが、カルカッソンヌで高速を降りてから、3回ほど間違いなからなんとか目的地に着きました。

そこでお迎えしてくれたのが、このピーコック君です☆

f0095647_18582322.jpg



今回はホテルではなくB&Bとコテージのあるところで3泊しました。
私達が泊まったのは、朝ごはん付きなのですが、とても可愛いコテージでした。

f0095647_18585412.jpg



オーナーさんはイギリス人のご夫妻で私好みの素敵な内装と建物でした。

f0095647_185927100.jpg



で、、このピーコック君はこちらのご夫妻のペットだそうです。
50ユーロでヒナの時に買って育てているそうですよ。名前も聞いたのですが、、、忘れてしまいました。
なんだかどこかに行ってしまいそうな気がしますが、とても人懐こく、いつも奥さんのそばに付いているそうで、敷地内からは出ないそうです。

f0095647_18594689.jpg



でも、、、、、朝早くから屋根の上でものすごい声で鳴くんですよ。。。。。
この日は本当にお疲れモードでした。
でも可愛いコテージでお茶をしながらゆっくりと休めたはとても良かったです。
次回にはこのコテージもご紹介しますね。

<Information>

Fundació Gala-Salvador Dalí

ダリの劇場美術館 (Teatre-Museu Dalí ) & ダリの宝飾品 (Dalí·Joies )
Plaça Gala-Salvador Dalí, 5
E-17600 Figueres

Tel. 972 677 500
Fax 972 501 666
tmgrups@dali-estate.org

ダリの家美術館 (Teatre-Museu Dalí ) 「卵の家」
Portlligat
E- 17488 Cadaqués

Tel. 972 251 015
Fax 972 251 083
pllgrups@dali-estate.org

by rudy-love-111 | 2007-05-25 22:11 | アンドラ公国・フランス旅行 | Comments(14)
2007年 05月 24日
ちょっとお疲れ・・・
今日はまだお疲れモードからリカバーできません。。。
というか、昨日よりももっとお疲れ・・・・これって年齢とともに筋肉痛が後からくるのと同じでしょうか。。。。

そうゆうわけですので、今日はルディの頑張るワンの姿とおフランスでの足浴している姿をご覧下さい。
コメント欄は閉じさせていただきます。


カルカッソンヌの街の広場で、元気良く走りました。

f0095647_633392.jpg


二重の城壁の間でもホットドックを持って走りました。

f0095647_6342232.jpg


お陰で夜はグッタリのルディでしたので足浴でマッサージ。
人間でも気持ちが良いのですが、ワンコもかなり気持ちが良いらしいです。

f0095647_6231540.jpg


大事なおシッポが濡れないようにじいやがケアしています。

f0095647_6233894.jpg

           ルディ: ウ~~ン、もうちょっと右のアンヨのほうかな、、


気持ち良いらしくゆっくり浸かっていました。お陰で次の日も頑張るワンでしたよ。

明日にはリカバーできると思いますのでルディのおフランスの旅をご紹介します。

by rudy-love-111 | 2007-05-24 23:55
2007年 05月 23日
rudyのちょっとそこまでおフランスの旅☆1
皆さん、ただいま帰りました☆
今日の午後、ちょっとそこまでおフランスの旅から無事帰ってきました。
今回は予想していたよりも移動時間が多く、ルディともどもお疲れモードです。
初日はお天気だったにもかかわらず、国境を越えおフランスに入った途端曇り空となり、次の日の日曜日はどんより寒い1日となりました。
でも幸いにも寒いのはその日だけで後はお天気も回復して日差しが強くお肌がヒリヒリする日もありました。

今日はお疲れモードなので無事帰ったご報告とちょっとだけ写真を載せてみました。別に出し惜しんでいるわけではないのですよ、、写真が多くてこれから整理に時間が掛かりそうです。


こちらは初日に訪れたフィゲラスの街の広場です。土曜日だったからか、骨董市???(後日ご紹介します)が出ていました。落ち着いた良い雰囲気の街です。
f0095647_4531047.jpg

こちらはダリ美術館です。
f0095647_4532997.jpg

そして、こちらは何????これが何かは後日ご紹介しますね。
もうわかった方、いらっしゃいますか???

f0095647_4541928.jpg

この後、40分位ドライブして次の目的地のカダケスまで行きましたが、、その途中の道は細くてクネクネしていて、私はもうヘロヘロになってしまいました。
目的はカダケスから岬一つ越えたダリとガラの「卵の家」だったのですが、、、、、


カダケスからはまた同じ道をクネクネ戻ってそのまま、カルカッソンヌの宿泊地へ!
でも、、、途中3回くらい道に迷い、、、おフランスの田舎道・・・たどり着くのは大変でした。


さてさて、どうしてここにピーコックが???
これも後日ご紹介します。これはわかりませんでしょう???

f0095647_4544233.jpg


こちらが今回の目的地、カルカッソンヌの城塞都市です。
あちらの見えるのが古い橋、こちらの新しい橋から写真を撮りました。
でもあいにく、日曜日に訪れた時には曇り空でした。
月曜日に訪れた時には晴れましたので、写真は後日沢山ご紹介します。

日曜日はお天気は悪かったのにそれは賑わっていました。日曜日にはイベントをするそうで、この日は「ワインテースティング」をしていました。
この小さな城壁の中の街をワイングラスを首からぶら下げた人たちが沢山歩いていました。

f0095647_455741.jpg


カルカッソンヌで3泊した後は予定どうりアンドラ公国に向かいました。
フランスからアンドラ公国の国境を越えるルートは結局昨年と同じでピレネーを越えなければなりませんでした。。。。
昨年よりも1ヶ月近く遅かったからでしょうか、雪が少なかったです。

f0095647_4552758.jpg


実は、アンドラのホテルにチックインして直ぐに、PCゲットに街に出てのですが、結局PCゲットは出来ませんでした。
理由はOS・・・・・・アンドラだったら英語のOSがあるかと思ったのですが、全てスペイン語のOSでした。Windows Vistaですとスペイン語のOSでも日本語は読めるし、入力もできるはず(ですよね?)なのですが、OSがスペイン語では設定などに支障がでそうなので、結局購入は見送りました。でも、おまけでデジイチを実際に触ってチェックできましたのでそれはそれで良かったかなと。
肝心のPCゲットにはこれからちょっと時間がかかりそうです。。。。


今回の旅はかなり移動したのでちょっとお疲れ、、、、いつもは窓の外を見たがったり、途中で遊びたがったりするルディですが、今回は車の中ではほとんど寝てばかりでした。

f0095647_6461979.jpg


色々予定外の事もありましたが、それでも南フランスの旅、楽しかったです♪
これから写真を整理して少しずつご紹介させていただきます。

by rudy-love-111 | 2007-05-23 23:35 | アンドラ公国・フランス旅行 | Comments(28)
2007年 05月 19日
旅行のお知らせ☆
昨日もお伝えしましたように、今日19日から23日まで旅行に行っております。
途中インターネットにアクセス出来る環境にあるかわかりませんので、コメント欄は閉じさせていただきます。

今日・・・といってもこちらはまだ午前1時位です。
が、、、、まだ旅行の準備が出来ていません。

ルディのチキンジャーキーを作ったり、お弁当の下ごしらえをしたり、お掃除をしたり、、、
いつも旅行の前日は夜中まで準備しています。
こんな調子ですからいつも旅行に出発する朝はクタクタになっています。。。。


ルディは自分のガラガラにちょこんと乗って気分はもうおフランス???
ルディの荷物が詰まっています。
こんな小さいのにいつも荷物が一人前です・・・・

f0095647_7192257.jpg


    ルディ: お洋服やオヤツや、ホットドック君のおニューも入っているんだよ♪


さあ、今回はどんな旅になるか、帰りましたらゆっくりご報告させていただきます☆
それでは行ってまいりま~~す♪

by rudy-love-111 | 2007-05-19 01:00 | お知らせです