カテゴリ:スペイン生活手続き関係( 8 )

2011年 09月 14日
非営利目的の居住許可 更新手続き
スペインでは外国人の私達、、、、また居住許可の更新の時期がやってきました。
今年の7月に法律が改正になったそうですが、我が家の居住許可に関しては年間の最低収入額が多少下がった位であとは以前と同じ手続きだそうです。(大幅な変更がなくて良かった、、、)

更新の手続きはレジデンスカードに記載されている日付の2ヶ月前から申請できます。
以前は申請するのに朝早くから5〜6時間位ならんだとか聞きましたが、現在はネットでの完全予約制だそうで大分楽になっているようです。
我が家は専門の事務所に依頼しておりますので、今回も前回と同じ担当者にお願いする事にし、早速今日打ち合わせに行って来ましたので、その覚え書きを残しておきます。


必要書類

* パスポート
* レジデンスカード
* 健康保険証(CatSalut)
* 住民票
* 結婚証明書(Certificado de Matrimonio) (夫婦で申請する場合)
  アポスティーユを付けた戸籍謄本をバルセロナ領事館に持って行き結婚証明書を発行してもらう。
* 収入の証明書類
  ・ 日本で収入が振り込まれる銀行の明細書(公正翻訳)
  ・ スペインの銀行の年間の明細書
  ・ 収入の根拠を証明できるもの(年金・不動産賃貸契約書等 公正翻訳)
* 写真

我が家の居住許可の種類はスペイン国内で働かないという条件の非営利目的の居住許可です。
申請にあたっての重要事項は働くなくてもこちらで生活できる定期収入があるという事を証明する事です。
必要書類はその収入の種類によって異なりますので、更新手続きをされる方は事前に確認して下さい。

全ての書類を揃えて10月初めに最終チェック、その後申請手続きをしてもらう予定です。
いつも最終的にレジデンスカードを手にする事が出来るのは申請してから半年後位ですが、、今回はもっと早くなるのかしら、、、

f0095647_544545.jpg



今日は夜8時過ぎから街に出かけたのですが、どんどん暗くなるのが早くなってきていますが沢山の人がビーチ際をお散歩しています。
街にはまだバカスンス客が残っていますが、今月末のお祭りが過ぎるとグッと人も少なくなるのでしょうね、、、、

by rudy-love-111 | 2011-09-14 23:45 | スペイン生活手続き関係
2008年 01月 04日
Autorizacion de Regreso (再入国許可) 申請
我が家二人の現在のビザの状況は、、「ビザ更新申請中」というようなものです。
国内にいる限りはあまり問題にはならないのですが、一旦国外に出てしまうとこのままではビザがありませんので再入国が出来ません。
ビザが下りるまでに国外に出る時に必要になるのが Autorizacion de Regreso (再入国許可)というものです。
今日はビザの更新をお願いしました司法書士さんと一緒にバルセロナまでその書類の申請に行ってまいりました。

日頃の行いが良いからでしょうか(?)、昨日の大雨が嘘のようにあがり、今日は午後からすっかり晴れていました。
朝7時半にVilanovaにあるオフィスに行き、そこからバルセロナのお役所に向かいましたが、Renfeは復旧後の今も運賃無料です。
どうしてまだ無料なのか分からなかったのですが、、、途中で納得しました。。。。。
バルセロナまで行くのに、通常の2倍くらいの時間がかかってしまいました。。。。。


こちらはバルセロナのお役所の建物のバルコニーを支える女性?です。

f0095647_1562161.jpg


申請書類別に何箇所か窓口があるらしく、数箇所に列が出来ていました。
この怖い獅子??はそのうちの一つのエントランスのアーチの上部についていました。
f0095647_1563516.jpg
(コンデジなのにボケてしまいました。。。。)

通常ですと、2時間位外に並んで待つようなのですが、今回はクリスマスとお正月のバカンス時期に入ってしまっていましたので、そんなに人は居ませんでなんと整理券を取ってから15分くらいで順番が回ってきました。
勿論準備した書類に不備もなく問題なく「再入国許可書」を受けとる事が出来ました。
これで国外に出ても帰って来れます☆


手続き関係について忘れないように書き留めておきます。

< 必要書類 >

1. 申請書 Ex-08: Solicitudv de Autorizacion de Regreso

2. パスポート オリジナル&コピー 1部

3. レジデンス・カード オリジナル&コピー 1部

4. ビザの更新申請書(申請済みのもの) オリジナル&コピー 1部

5. 交付料支払書  5.59ユーロ (銀行で支払います。)

有効期間 : 90日間
注) この書類は飛行機で国境を超える時のみ必要で車で国境を超える時には必要ないそうです。

申請場所 : SUBDELEGACIO DEL GOBIERNO EN BARCELONA, OFICINA DE EXTRANJEROSEXT
         Sala B. Av. Marques de l' Argentera 4, Barcelona
最寄り駅  : L4 Barceloneta
 




待ち時間は殆ど無かったものの、朝が早くてお疲れモードの上、お腹がペコペコ・・・・・
寄ってしまいました、チョコレートショップのCACAO SAMPAKA (カカオサンパカ) ♪

チョコラテとフカフカパンをいただいてきました ♪
f0095647_1564769.jpg


ご存知の方はご存知な・・・・あのドロ~~~~ッとした飲むチョコレートです。
今回はちゃんとスプーンですくっていただきました☆
疲れた時はこの甘さが嬉しいです。

by rudy-love-111 | 2008-01-04 22:09 | スペイン生活手続き関係 | Comments(12)
2007年 12月 03日
非営利目的の居住査証 更新手続き
12月20日でスペイン生活4年目に突入する我が家はその前にビザの更新手続きを済ませなければなりません。

今回で2回目です。
1回目の更新 : 1年後の2005年12月20日
2回目の更新 : 2年後の2007年12月20日
3回目の更新 : 2年後の2009年12月20日

次回の更新はまた2年後の2009年12月20日です。そしてその後は5年ごとになります。

申請の手続きは有効期限の2ヶ月前から受付してもらえますので、我が家も11月始め頃から準備しておりまして、11月末には申請の予定だったのですが、、色々忙しくなってしまい、この時期までずれ込んでしまいました。

今日は書類が全て揃いましたので、前回にお願いしましたVilanovaの司法書士さん(みたいなもの・・)のところに書類を持って行きました。

f0095647_46078.jpg


が、、、、残念ながら書類不備(私達のせいでは無いのですよ~)で明日の申請には間に合わず、来週月曜日の申請になりそうです。
申請場所はバルセロナで、、多分お願いしないで自分達で申請するとしたら、、、きっと朝5時くらいから5~6時間くらい寒い中を外で立って待つような状況だと思います。

前回に引き続き今回もお願いしました行政書士事務所の名前は「GLOVAL」。
外国人のビザ関連専門に仕事をしています。
しかしながら、、、名前はGLOVALでも、英語は全く通じません。。。。。スペイン語のみです。

必要書類:

* パスポート & そのコピー
* レジデンスカード & そのコピー
* 健康保険の証書 & そのコピー
* 定期的な収入の証明 
<賃貸収入&年金収入>
  * 賃貸契約書
  * 銀行の明細書(公証翻訳) 
  * 年金交付証明書(公証翻訳)
  * 年金送金通知書(公証翻訳)


今日は4時半のアポイントメントだったので、ちょっと早めに出てルディを広場で遊ばせました。
勿論打ち合わせはルディも一緒に行きました。

f0095647_481131.jpg


相変わらず元気一杯に走っていました。 「早く投げてよ~~~」って言っています。
f0095647_482822.jpg


こんな可愛い建物があるのですが、、、、
初めはレストランかカフェかと思いましたが、、、、、不動産業者のオフィスでした。
f0095647_49071.jpg


なんだか勿体無い・・・・・なんて思ってしまいました。

今日は特大ダンボール箱3個詰めました。
まだまだ先は長い・・・・・・

by rudy-love-111 | 2007-12-03 22:18 | スペイン生活手続き関係 | Comments(8)
2007年 05月 02日
レジデンス・カード再発行手続き
実は先日事情があってレジデンス・カードの再発行手続きをしました。
次回に必要な時(無いように祈りますが・・・・)の為に書き留めておきます。

シッチェス居住者はお隣の街Vilanovaの警察署で申請手続きをします。
まずビックリしたのが、再発行の手続きについてVilanovaの警察署に聞きに行きましたら、まず警察の他の部署で申請の予約をとらなければならないという事でした。
今までのレジデンス・カードの申請の時には予約なんて取れなくて、前回の昨年6月頃には朝6時半頃から並んだ覚えがあります。。。。
予約できるなんてなんて素晴らしい!!!とその部署に行きましたら。。。。。
なんと取れた予約日というのが、、2ヶ月以上も先・・・・・
そして再発行の申請をしたのが、一昨日の4月30日でした。

今回再発行手続きをしたのは、
       「盗難・紛失時の再発行手続き」です。

< 必要書類 >

1.  パスポート&パスポートのコピー1通
2.  写真 2枚
3.  紛失したレジデンスカードのコピー(もしあれば)
4.  住民票(もし引越していれば)
5.  警察への盗難届け(もし盗難であれば)&そのコピー1通

                         以上です。

( Information 窓口 TEL : 93 893 0260 )

4の住民票ですが、事前に電話で確認すると、引っ越していなくても必要のようなので、シッチェスの役所に取りに行きました。

シッチェス市役所はいつもいくパリッシュ教会の隣にあり、お祭りのパレードの出発点や終点になるところです。
でもシッチェスの役所はそこだけではなくて、部署によって何箇所かに分かれています。
今回行ったところは最近新しく引っ越した別の建物でした。

引っ越す前まではいつも混んでいたのがスペースも広くなり、職員も増えたようで殆ど待たなくていい状態です。コンピュータ・システムも一新したのか、以前は住民票だけなのに1週間かかりましたが今回はその場で出してもらえました。
費用は無料です。日本は費用がかかりましたよね。

書類一式もって予約時間の12時半よりも30分位はやく警察署につき、窓口の職員に名前を告げ、待つこと約30分。
外国人専用の窓口なのですが、職員は一言も英語が話せず、、、、でもなんとかクリアしてレジデンス・カードの再発行手続き完了☆ちなみにこちらも費用は無料でした。
1ヶ月後の5月1日に同じ場所に受け取りに行かなければなりません。

ハ~~~良かった。


でも、今年の12月20日にはまたレジデンス・カードを更新しなければなりません。
前回更新してから2年、また更新時期です。
更新日の2ヶ月前から更新手続きが始められますので、10月20日には更新手続きが出来るようにまた準備しなければなりません。
ア~~~~考えると暗くなります。。。。
でも次回に更新すると、たしか、、、今度の更新は5年後だと思いました。

外人さんは何かと大変です。。。。

f0095647_4532925.jpg

ルディの手続きは、病院に行ってIDチップの登録をお願いしただけでごく簡単でした。
私達ももっと簡単にならないかしら・・・・

by rudy-love-111 | 2007-05-02 23:14 | スペイン生活手続き関係 | Comments(16)
2006年 06月 26日
スペイン国・居住許可書の申請手続き<2004年12月>
これは私達がスペインに着いてすぐのお話です。
まだ着いたばかりで何も分からない中を奮闘したその当時の記録です。

私たちがスペインに入国したのは2004年の12月20日です。そして居住許可書は入国してから30日以内に「所轄の警察署」に申請しなければなりませんでした。
そういうわけで、何が起こるかわからないので早々にその申請を済ませてしまおうと、とりあえずピックアップを頼んだところで来てくれた日本人女性に通訳を頼み早速「所轄の警察署」とやらに出向く事にしました。
でも彼女も詳しい事がわからなくて、私達は警察をたらいまわしにされやっと三箇所目に行った警察が申請場所だという事を確認できました。
始めに行った所は多分普通の警察署、2番目教えてもらって行った所は、今回私達が居住許可の更新手続きの情報を聞きに行った所で、今回司法書士さんが手続きに行ってくれた所です。10時頃だったと思うのですが、並んでいたのは100人以上の物凄い列が2箇所に出来ていました。
通訳の彼女がどちらに並ぶのかを聞きに行ったところ、居住許可書(レジデンスカード)の申請はこちらではないとの事で、また違う警察署を教えられました。
そして、いよいよ三度目の正直、目的の警察署に行った所、すでに外には人の列・・・・こちらも100人以上は並んでいました。多分そのときの時間はまだ11時過ぎ頃だったように思います。
申請に必要な書類もわからなかったので、通訳をしてくれた女性が中に入って行き、申請書をもらい必要書類を聞いてきてくれました。これにもかなり時間がかかりました。
その日はそこで申請書に必要事項を記入し、必要書類をどこでとれるのかということを彼女から教えてもらい、帰宅しました。

必要書類は下記の通りでした。
(* 必要書類等は変更されたりしますので事前に「所轄の警察署」に確認をお願いします。)

1. 居住許可の申請書
2. パスポート&コピー
3. ビザ(入国スタンプを押してもらったもの)&コピー
4. 住民票
5. 居住許可手続き費用(5.26ユーロ)の銀行の支払い証明書(申請書と一緒にもらう)
6. 写真 3枚

住民票は役所に登録に行かなければなりませんでしたが、幸い歩いて15分位のところでしたので、次の日にパスポートとアパートの賃貸契約書を持って役所に行きました。が、一言も英語は通じませんでした。

私は体調不良に悩まされつつも早くこれだけはやってしまわないとという緊張感から頑張れたような気がします。
住民票を登録して次の日に再度警察署に申請に行く事にしました。
今回はタクシーで朝早く、始まるのが8時半からだったので、8時前にはつくように家をでました。でも、ついたときにはすでに長い列が出来ていました。。。。
何時間待ったでしょうか、、、、外で2時間半位、そして建物の中に入って1時間くらいだったでしょうか。。。。
受付には4~5の窓口があって、処理していました。が、長い人になるともう20分くらい平気で時間がたってしまいます。
そして、あれあれ、、、暫くしたら、急に係りの人の人数が減ってきました。。。後でわかったのですが、お茶タイムを取っていたようです。。。。。
いよいよ、私達の順番が来ました。。。。勿論私達はスペイン語は話せません。
そうしたら、なんとそこの居る人たちも英語は話せませんでした。
担当になった人はパッパと書類に目を通します。書類は問題なく揃っていたようで大きな問題はありませんでしたが、途中申請書に記入されていなかったとことがありそれを聞かれてなかなか意味がわからず苦労したというくらいでした。最後に指紋を取って、やっと、申請は受理されました。ホットした瞬間でした。

それから待つ事1ヶ月ちょっとでまた別の警察署にレジデンスカードを取りに行きました。そこはそんなに混んではいなかったので楽でした。
レジデンスカードを受け取って初めてこれで正式なスペインの居住者だと実感しました。

スペインはとてもいい所だし、スペインの人達もとても親切でフレンドリーですが、どうもこの居住許可関連の手続きは本当に厄介なものでした。
あれから1年、一回目の更新をこの6月に済ませましたが、来年の12月にはまた更新手続きをしなければなりません。
まあ、外人なのでしょうがないですね。でも6年目からはパーマネントの居住許可書の申請が出来ると聞きました。パーマネントになると5年ごとの更新です。それまであと2回の更新です。

f0095647_5103647.jpg

             ルディ: パパ、ママ、頑張ってね☆

by rudy-love-111 | 2006-06-26 22:21 | スペイン生活手続き関係 | Comments(5)
2006年 06月 16日
レジデンスカード(居住許可書)更新の申請手続き
やっと、やっと今日レジデンスカードの更新の申請手続きをしてきました!!
・・・・実は昨日も行ったのですが、昨日はだめだったんです。。。。

月曜日に住民票を取りに行き無事書類が揃ったので、水曜日に隣のVilanovaの警察署に出向きました。確かそんなに人が並んではいなかったような気がしたので、この手続きは混んでいないのだと思い9時前の列車に乗って、警察署に着いたのは9時半前でした。
入り口付近には30名位の人が待っているようでした。
「良かった。やっぱり混んでいないのね」なんて話ながら、とりあえず中のインフォメーションでどうすればいいのかを確認。
そこに居たポリスのおじさんに、レジデンスカードの申請はココでいいのか確認したろころ、「明日、6時半にアッチの警察署ね」という返事。。。。
エ??今日はできないの??と申請書を見せながら聞いたら、「今日はダメ。明日ね」「人が一杯だよ」という返事。。。。

ショック。。。でもその時の私達の解釈は、「このレジデンスカードの更新の申請は木曜日じゃなくて、金曜日なのね。毎日いつでもいいわけではなくて、曜日がきまっているんだ。。。。」でした。

そして、一応明日来なければいけない警察署もチェックしようという事になり、トボトボ歩いて探しました。警察署といってもグランドフロアは何もなくガランとしていて、門というか大きな木の扉が開いていました。ちょっと中を覗こうとしたらドアのところに貼紙が。。。
レジデンスカードと書いてあるのは分かったけど、
「6時半 ○○○○・・・・」
「7時半 ○○○○・・・・」
確かに6時半とはあるけど、7時半もある。。。。
おかしいと思いながら、2Fに行って中の人に聞いたところ、やはり6時半にココに来て、整理券を貰わないといけないとの事。。。。
6時半から配られるのかしら???朝の6時半。。。。。
ようは今日はもう予定人数分の整理券を配り終わってしまったという事らしいです。。。
まだ9時過ぎなのに。。。。

明日、朝の6時半。。。。
どうしよう、、、始発列車は朝6時22分。。。。大丈夫かな。。。。。

そしていよいよ、今朝始発列車に乗りました!!起きれて良かった。。。。

駅に着いてからは走りました。。。。朝早くから。。。。

f0095647_4522547.jpgそして警察署に着いた時には、すでに人が居て、前のベンチにも座っていました。写真を撮る雰囲気ではなかったのですが、遠くからちょっとだけ。。。。
もう6時半過ぎていたので中を覗いたら、受付をしていました。まず現在のレジデンスカードを見せたら名前を書いてくれてました。14番と15番です。
どうやらまず始めにここで今日の人数をチェックするようです。
そして、7時半からここで整理券を配るそうです。

f0095647_4515711.jpgあと1時間近くあります。。。。周りのカフェなどどこも開いていません。。。
しょうがないのですぐ側の広場のベンチで座って待っていました。。。

良かった、、、冬でなくて。。。。
でも、ちょっと早すぎませんか?6時半から受付なんて、、、

だって、警察署で申請業務が始まるのって、9時ですよ。。。。

7時半にまた先ほどの警察署に行き、整理券をを貰いました。
その時にわかったのですが、この人達は全てレジデンスカードの更新の人たちだけではなく、パスポートの申請も同じくココで整理券をもらうようです。
そしてスペイン人のレジデンスカードの更新もココで同じく整理券を貰うようです。
スペイン住民も同じように朝早く並ばないといけない国らしいです。。。。

f0095647_4583293.jpg今度はカフェで待つことにしました。。。。この時間になるとカフェは開いていました。
このカフェはいつもお茶するところなのですが、パティオがあってちょっと素敵なんですよ。
今朝は美味しそうなパンとミルクティーを頂きました。そして1時間以上そこで待ちました。。。。他のお客さんの中にも先ほど整理券をもらっていた人がいました。
9時10分前位になってから、いよいよ申請場所の警察署に向かいました。
番号を持っているのに、入り口付近では沢山人が待っていました。まだ開いていません。。
待つこと10分、やっと開いた~~。

昨日のポリスが出てきて、順番に番号を呼んでいました。
でも、、、外国人のレジデンスカードの申請のほうは3番まで、、、ここって、パスポートの申請業務も一緒にやっているらしいです。。。。レジデンスカードの更新申請は窓口は一つしかありません。。。。これでは時間が掛かる。。。。
折角14番15番だったので直ぐかと思ったけど、、、、結局1時間半外で待っていました。。。。
でも面白い事に外で待っていると、自然に「同じ境遇のかわいそうな私達」って感じになるのでしょうか、終わった人と握手して喜んだり、なんとなくアミーゴ気分です。
さて、私達の番がやっときました。10時半過ぎでした。

書類を全て出して、OKサインを貰うだけ、、、、の、はずだったのですが、、、、なんと、一枚コピーが必要な書類がありました!!!
でも受け付けてくれたお姉さん、親切で手続きは全て済ませてくれてから、これをコピー取って持ってくればいいからって。。。。指紋も取りましたよ、外人ですから。。。。
大急ぎでコピーできるところを探して、コピーして戻って引換券を出してもらいました。

いつ取りに来るのかわからなかったので、インフォメーションのポリスのおじさんに聞いたら、7月25日だそうです。おじさんとっても親切でした。全て終わったので「グラシアス、アディオ~ス」って手を振ったらおじさんも手を振ってくれました☆
ハ~~~~、やっと終わった。。。。

ところで、今回の「レジデンスカード(居住許可書)更新の申請に必要な書類」は下記の通りです。

1) レジデンスカード(居住許可書)の申請書 オリジナル
2) 居住査証更新の認可書 オリジナルとコピー1枚(やっと届いた例の書類です)
3) パスポート オリジナル
4) レジデンスカードの申請手数料支払い証明書(銀行で支払って判を押してもらう)
5) カラー写真 3枚 (背景は白)
6) 住民票 オリジナル
7) 現在のレジデンスカード
以上です。
(注) こちらに関しては、変更などありますので、正確な情報が必要な方は直接管轄の警察署にご確認ください。

とりあえず無事に済んで良かった。朝早くから大変だったけど、この申請をするのに必要な居住査証の更新の申請は今回とは比べ物にならないほど大変です。
経験されている皆さんに聞くと、バルセロナの警察署に朝の4時とか5時頃から5~6時間並ぶという事ですからね。。。。
書類の不備があると、また次回に同じように並び直したと聞きました。
今回は司法書士さんにお願いしたので、そんな苦労をしなくて済みました。
今回のレジデンスカードは本人が行って指紋を取らなくてはいけないので、自分で手続きしなければなりません。
いずれにしても外国に住むということはこうゆう手続きが大変です。。。。

今回のレジデンスカードの有効期限は2007年12月19日までです。
2年間有効ってことです。
毎年だったら参っちゃいます。。。。

by rudy-love-111 | 2006-06-16 23:55 | スペイン生活手続き関係 | Comments(4)
2006年 06月 12日
スペイン国「非営利目的の居住許可」申請手続きについて
私達が今回申請したビザは「非営利目的の居住査証」です。このビザはいわゆるリタイアメントビザとよく言われるもので、入国後労働はしないという条件のビザです。
2004年の5月頃にスペイン大使館で入手した書類(2002年1月15日の日付が押印)に書いてあった申請に必要な書類は下記の通りです。
また、下記の内容については2004年の時点の状況です。ビザ交付の状況はその時の情勢によって変わりますので、現在の正確な情報が必要な場合は、必ず直接スペイン大使館にお問い合わせ下さい。

<必要書類>
1.査証申請書 オリジナルと両面コピー3枚
2.写真(4.5X3.5)4枚
3.パスポートとそのコピー1通
4.無犯罪証明書
5.健康診断書とそのコピー3通
6.収入を証明する書類とそのコピー3通
7.宿泊証明書とそのコピー3通
8.障害・疾病保険証とそのコピー3通
9.返信用定型封筒2通(切手添付)

4の無罪証明書の申請は
警視庁渡航証明係
  警視庁本部庁舎1階(正面玄関受付へ)
   所在地 千代田区霞が関2-1-1
   電話 03-3581-4321(内線58114~5)
申請に必要な書類
(1) パスポート(有効期限内のもの)(コピー不可)
(2) 戸籍抄本1通(発行から6ヶ月以内のもの)
(3) 住民票1通(発行から6ヶ月以内のもの)
(4) 証明書の発給を必要としている事実が確認できる書類
期間は2週間くらいかかるようです。無料でした。

5のビザ申請に必要な健康診断書はどこの病院でも発行できるわけではありませんでした。私たちは10月13日に広尾の日赤病院に予約して健康診断をし、診断書を作ってもらいました。診断書は当日に発行してもらえました。

6の収入を証明する書類とは、具体的には「印税収入とか不動産収入etc.」という説明でしたので、我が家は不動産収入があるという事を説明しました。
でも具体的にそれでは必要書類は何かという事になると規定はないそうで、マンションの賃貸契約書を提出することにしました。この必要書類についてはなかなかはっきりした事がわからず、そして収入がどの位であれば良いのかも規定されていないという説明でした。ビザを申請する専門の司法書士さん等に頼めばこうゆう事務的な事はそつなくやってもらえるのではないかと思います。私達はその当時はそんな事も考えなかったので、自分達で全てやっていました。最終的には窓口の人と何回か話しているうちに、前年の納税証明書、銀行の残高証明書等も一緒に添付すれば良いのではというアドバイスをいただきました。

7の宿泊証明書というのは、スペインに滞在する場所が確保されているという証明ですので、実際にはアパートの賃貸契約書になります。
多分こちらが今回の申請に当たって一番厄介な問題だったと思います。
ビザがいつ下りるかわからないのに、ビザを申請する前からアパートを契約しなければならない。通常の不動産業者を通すと、実際に引っ越すまでの数ヶ月分の賃貸料を支払わなければならないことになります。我が家の場合はたまたまインターネットでバルセロナのアパートを探している時に、日本在住者のオーナーとコンタクトでき、2005年1月からの契約書を作成する事になりました。
この契約書は日本の賃貸契約書の雛形にのっとっているわけではなく、一枚に必要事項だけが書かれた非常に単純なものでした。しかし、後にトラブルが生じ4ヶ月で引っ越す事になりましたが。
とりあえず、この契約書で問題ないのかを大使館で確認してから添付しました。

8の障害・疾病保険証については海外旅行傷害保険に1年間加入した保険証を提出しました。ただ、ビザが下りる時期がわからなかったので、加入期間を決めるのに神経を使いました。あまり先にしてしまうとビザの認可が遅れそうだし、かと言ってあまり早くしてしまうと認可される前に保険の効力が発生してしまいます。基本的に何度か大使館とやり取りをする過程で、ビザの認可の期間がひょっとして早くできそうだと感じましたので、2005年1月から1年の期間でとりあえず契約しました。実際にビザが認可された後に、契約を一度解約して渡欧前に契約期間の変更をし、新たに加入しなおしました。

以上が申請するにあたって私達が揃える必要のある書類でした。
そして、何回かその書類を持って、大使館に確認に行きました。合計5~6回行きましたね。やはり一番のポイントは6.収入を証明する書類と7.宿泊証明書でした。
そもそも、大使館のビザの申請の窓口の人は何かを判断する立場ではないので、私が色々質問してもなかなかはっきりとした返事はしてはくれませんでした。
でも何回か行くうちに段々親しくなって、多少の事はさりげなくアドバイスしてくれるようになりました。やはり、こうゆう事は電話ではなく直接足を運ぶ事が大事だと思います。

ちなみにビザは申請すれば全てが認可されるわけではないそうです。認可されない場合もあるそうですが、窓口では理由はわからないとのことでした。

公的な証明書類は全てアポスティール認証を受けスペイン語訳を添えなければなりません。このアポスティールは外務省に書類を持っていきます。受け取りは翌日になります。そして翻訳にも時間と費用が掛かりました。

いよいよ10月22日申請書を提出する時には申請者本人が行かなくてはならなかったのでパパさんも一緒に行ったのですが、その時ずっとお世話になった窓口の方が「奥さん、頑張ったんですよ。」って言ってくださいました。
ビザは問題なく、それも異例の速さで認可されました。
11月26日に認可されて、その書類が手元に郵送されてきたのは12月の初めでした。
丁度その頃は壮行会や引越しの準備で忙しく、スペインに発つまで休む暇も無く準備に追われていました。

ビザの交付の前にパスポートを窓口にもって行き、実際の入国日を届けなければなりません。原則的にはこの届けた日以外にはスペインに入国できないと説明されました。それから数日後、電話があり交付されたビザが貼られてあるパスポートを受け取りに行きました。

日本でビザを申請している時にはやはりビザ申請は大変だと思いながらやっていたのですが、実際はスペインに入国してからの作業の方がこの何倍も大変でした。


f0095647_4564747.jpg


ルディ: パパ、ママありがとう。
ボク、シッチェスで毎日とってもハッピーだよ☆






f0095647_457583.jpg



ルディ君、パパとママも毎日元気に走り回ってくれるルディ君見ているとっても嬉しいのよ☆






<参考>
スペイン大使館
〒 106-0032   東京都港区六本木1-3-29
Tel: 03-3583-8531/2
Fax: 03-3582-8627
Email: embespjp@mail.mae.es
文化部のサイト: http://www2.gol.com/users/esptokio/

by rudy-love-111 | 2006-06-12 23:20 | スペイン生活手続き関係 | Comments(5)
2006年 06月 04日
居住査証(ビザ)の更新の許可通知が届きました!!
金曜日に隣町のVilanovaに行ったのはただの買い物ではありませんでした。
実は、居住査証(ビザ:以下ビザとします)の更新の申請をしていたのですが、許可通知書がやっと届いたと今回手続きをお願いしたVilanovaの司法書士さんから電話があったので取りに行ってきました。

ビザの更新の申請書を提出したのは、昨年2005年の11月28日でした。そして、許可された日にちは2006年5月25日になっています。
許可が下りるまでに約6ヶ月もかかっています。。。。それって、どうなんでしょう?????

これこれ、この封筒にその許可書が入っていました☆
f0095647_1938398.jpg
このビザの更新の申請をするのが昨年後半の最大のイベントでした。
こちらに着いたときの居住許可証(レジデンスカード:以下レジデンスカードとします)の申請の時にも大変な思いをしたのですが、今回はそれ以上でした。。。。
結果を先に申し上げますと、このビザの更新の申請手続きについては最終的には行政書士さんにお願いする事となりました。

私達が日本で申請したビザは「非営利目的の居住査証」というもので、こちらでは働く事は出来ません。

スペインに入国してから手続きしなければいけない「居住許可証(レジデンスカード)の申請手続き」についてと、今回の「居住査証(ビザ)の更新の申請手続き」についてはまだご報告していなかったのですが、後日詳細事項をご報告させていただきます。

兎に角大変な作業でした。。。。駐在員さん方はこのような事務手続き等は会社で全て処理していただけるのでしょうが、私達一般人は当然全て自分達で処理しなければなりません。
この時つくづく「私達、外人。。。。」って思いました。
はっきりいって、この申請手続きや更新手続きなるものの詳細情報が無い。。。。当然日本領事館のHPにも載っていない。。。。電話して聞いても分からないという返事。。。。スペイン政府のHPには載っているのでしょうが、そんなものまだまだ解読不可能。。。。。


まず昨年申請したレジデンスカードの有効年数は1年間です。2004年の12月20日にスペインに入国していますので、更新手続きは2005年12月19日までにしないと失効になってしまいます。
しかし、レジデンスカードの更新手続きの前に、まずビザの更新手続きをしなければなりません。そして、その許可通知が来てから今度は30日以内にレジデンスカードの更新の申請手続きをしなければなりません。
でもこの事すら当時はわからなくて、後で司法書士事務所で打ち合わせをしている時に初めて知りました。
レジデンスカードの消失期日の2ヶ月前から更新の手続きを受け付けるという事だけは分かっていましたので、早速昨年10月20日過ぎに昨年「レジデンスカードの申請手続き」をした警察署に出向いて情報収集をする事にしました。が、それからとんでもないくらい大変な思いをしました。
その結果、今回は自力では無理だと判断し、司法書士さんに依頼する事になったわけですが。。。。

さあこれから又一仕事です。必要書類を持って、ビザの許可が下りた日即ち5月25日から30日以内に今度はViranovaの警察署にレジデンスカードの更新の申請手続きに行かなければなりません。
今回は2年間有効です。良かった、今年また更新の申請手続きしなくて良いんだ☆
居住許可が更新されてレジデンスカードが交付されて始めてこの一連の作業が終了です。
こちらも後日ご報告しますね。

でもとりあえずはビザの許可通知書が届いて良かった☆レジデンスカードの更新の申請は必要書類だけ持っていけばいいのでさほど問題はなさそうです。並んでいる列もバルセロナ並みではないようだし。
兎に角、スペインで暮らす上で一番大切な事ですから。
来週早々、またVilanovaに手続きに行ってきます。朝一番でね☆

by rudy-love-111 | 2006-06-04 21:06 | スペイン生活手続き関係 | Comments(4)