カテゴリ:カナリア諸島☆テネリフェ島旅行( 5 )

2007年 01月 29日
カナリア諸島・テネリフェ島紀行☆その3
              ルディ火星に漂着!!!

f0095647_3271534.jpg



周りはゴツゴツした岩ばかり・・・・

f0095647_3274541.jpg



          ルディ: ママたすけにきてくれるかな???  
   
f0095647_326596.jpg


では無いのですよ、、、、テネリフェ島です。


カナリア諸島・・・・もう1ヶ月も前の事になってしまいました。
今回はレンタカーして訪れたスペインの最高峰テイデ山、そしてその後に海沿いの小さな街ガラチコ(Garachoco)に寄りましたのでその様子をご紹介します。

あちらに小さく見える山がテイデ山です。滞在地のプエルト・デ・ラ・クルス(Puerto de la Cruz)から約1時間のドライブでした。

f0095647_3262843.jpg



テイデ山は3,718m、ほぼ日本の富士山(3,776 m)と同じ位の高さです。
でも、、、このテイデ山、、、こうやって近くから見ていると富士山と同じくらいの山にはとても思えませんでした。

f0095647_3264412.jpg



テネリフェ島の道路状況はとてもよく、地図を見ながらでもちゃんとたどり着きました。
たどり着いた先はこんな岩ばかりの所・・・・

f0095647_327316.jpg



よく映画などで見る惑星のようでした。

f0095647_328980.jpg



あたり一面このような風景だけが続いていただけなのですが、沢山の観光客がバスから降りて火星探検をしていました。

f0095647_3282261.jpg
 


石、溶岩が固まってできたものです。色は黒いものから赤茶、茶と色々でした。

f0095647_3291315.jpg


こちらはゴツゴツした岩
そういえば、カフェで岩石スイーツが売られていました。
アッ、ただすがた形を岩石に似せていただけですよ。


テイデ国立公園にはロープウェーがあり、それに乗って行くとテイデ国立公園唯一の宿泊施設であるパラドールがあり、また眺めがとても良いそうなのですが、ロープウェーはあいにくワンコNGだったのでこのゴツゴツした溶岩地帯だけを眺めて次の目的地に向かいました。

次の目的地までは山道を30分ほどドライブした後、今度はどんどん海岸線に向かってクネクネ道を降りていきました。
古い街並がそのまま残っているのでとても良いとインフォメーションセンターの係りの人が薦めてくれましたが、本当にまだ観光地されていない小さな素敵な街でした。

f0095647_3323657.jpg



クネクネした道を降りていってやっとたどり着いて一番先に目に入ってきたのがこの要塞(?)

f0095647_33259.jpg



でこんなところに大砲がありました。
シッチェスにあった物と似ていますから、同じような時期の物しょうか、、、、

f0095647_3321944.jpg



車を止めて歩き始めたら、お腹が空いたと大騒ぎのパパさん、、、、
海岸沿いを少し歩いてルディも入れるレストランを探したら、素敵なところを見つけました。
外から見ると石積みの3階位の大きな閉鎖的な建物でしたが、中に入ってみるとパティオがあってとても素敵です。

f0095647_57293.jpg



こちらは典型的なこの地方の建物のスタイルらしいです。建物は閉鎖的で外側にはあまり大きな窓はなく、中央にある大きなパティオから明かりをとっています。
この階にも、この上の階にも席はあるのですが、このパティオ席だけがワンコOKなんだそうです。
この黄色い壁は漆喰になっています。とても鮮やかな黄色でした。

f0095647_039142.jpg



パティオはとても明るかったですよ。
ルディも持っていったランチをペロリと完食しました。

f0095647_033726.jpg



ちょっと場所を変えて記念撮影もさせていただきました。

さあ、こちらで何をいただいたかといいますと・・・♪
このジャガイモはカナリア諸島産のものでとても小さく新じゃがのようなのですが、お味はちょっとまったりしたというか、ヌメヌメ感が無いキヌカツギのような食感でとても美味しかったです。
皮がシワシワになって塩が付いていました。

f0095647_333642.jpg



こちらの2種類のソースはモホスと呼ばれカナリア諸島独特のソースだそうです。
オリーブ油・酢・ガーリック・塩・ハーブ類などを混ぜ合わせて作られているそうです。
どんな料理にも合い島の料理には欠かせないそうで、そういえばどこでも出てきました。
お土産屋さんにもスーパーにも沢山瓶詰めが売っていましたよ。
使い始めると確かに癖になるかもしれない味でした。パンにもつけるそうですよ。

f0095647_3325362.jpg



こちらやはりカナリア諸島のプチェロと呼ばれる郷土産品で作られているシチューだそうで、かぼちゃ・サツマイモ・ジャガイモその他のお野菜タップリ入っていました。
美味しかったのですが、一皿がかなりのボリュームでした。

f0095647_334480.jpg



こちらはメニューからは、もう少し違うイカ料理を想像していたのですが、カラマリ(イカのリング揚げ)です。

f0095647_3341652.jpg



そしてこちらはビックリ料理でした。
タコ~~~~の足が丸ごとから揚げになって出てきました!
タコのから揚げって書いてあったので、バール(タパス屋さん)等で出てくるミニミニタコのから揚げだと思ったら、とんでもない。。。。
タコは好きだけど、、、、こんな姿のままっていうのはちょっと・・・・
と思ったのですが、いただいたら、これがなんと柔らかく美味しくて、、パパさんと二人で完食してしまいました!!!

f0095647_3343491.jpg



このタコは日本で売られている種類とは違って、足が長いでタイプのタコです。

どれも美味しかったですし、とてもリーズブルなお値段でした。テネリフェはシッチェスに比べると物価がとても安く感じます。

すっかり満腹になって、ちょっと街を一回りしてから、帰り道の途中、イコット・デ・ロス・ビノス(Icod de los Vinos)にあるリュウゼツラン科の常緑高木「竜血樹(ドラゴン・ブラッド・ツリー)」を見に行く事にしました。

これが何回も道を通り過ぎてしまいなかなか目的地に着かなくて、や~~~っとの思いでたどり着きました。
これがその「「竜血樹(ドラゴン・ブラッド・ツリー)」ですが、名前に相応しい形相です。

f0095647_3402645.jpg



ルディも一緒に記念撮影、ご利益で長生きできるかしら???

f0095647_3404186.jpg



ドラゴン・ブラッド・ツリーも凄かったのですが、こちらの大きな木も凄かった~~~
この木は上の写真を撮っていた広場に植えられていたものなのですが、グネグネ、、、

f0095647_3405898.jpg



ホラー映画にでも出てきそうな木じゃないですか???
そうそう、トロ監督の映画にでも出ていそう。。。。

f0095647_341153.jpg



この後はもうルディも車の中でグッタリでした。
相変わらずどこででもホットドックを持っていって走っていましたから。
レンタカーは3日間、、まだまだ色々行きましたよ。
これからまた写真整理して徐々にアップしていきます☆

by rudy-love-111 | 2007-01-29 23:10 | カナリア諸島☆テネリフェ島旅行 | Comments(26)
2006年 12月 21日
カナリア諸島・テネリフェ島紀行☆その2
先日はスペイン・リタイアメントライフ2周年のお祝いをありがとうございました。
今日から3年目に突入です。これからも皆様の応援を励みにアクティブに頑張っていきたいと思います。

さあ、今日はテネリフェ島紀行の2回目です。
実は次の日ホテルをお引越ししました☆ 

というのはチェックインしたホテル・・・1週間過ごすにはちょっと。。。。。
ホテルのすぐ近所に今回申し込んだ旅行会社の支社があったので、次の日にたずねて事情を説明しました。
チェックインしてしまってからホテルを変えるのはちょっと大変かと思ったのですが、一応事情だけは報告しておこうと思いまして。

そうしましたら、担当してくれました女性はすぐに「そんなにひどいのね。で、ホテル変えますか?」ですって。すぐに「勿論!!」ってお願いしました。

でもテネリフェ島でのこの旅行会社が扱っているホテルでのワンコOKホテルの数は少なく、あまりチョイスはありませんでした。
彼女が薦めてくれたホテルは場所は一等地なのですが老舗のようでちょっと古そう・・・・大丈夫かしらと考えていましたら、その女性からホテルのお部屋を見るよう勧められましたので見てまいりましたら・・・同じ4☆でも雲泥の差!!
すぐに戻ってそのホテルに変えるよう手配してもらいました。

そのホテルは立地条件は文句無く良いのですが小規模でスパ施設が無く屋上にプールがあるだけでした。でも手入れの行き届いた老舗らしいどっしりとした内装はとても落ち着いて素敵でした。
追加料金は支払いましたが、それでも十分その価値はありました。
ちなみにルディの宿泊料:一泊10€でした。でも、食事とベッドは付いてませんでしたよ。

そんなわけで2日目に荷物を持って Hotel Valle Mar に移動しました。
f0095647_4163154.jpg

この選択はグッドチョイスでした。
ホテルのお部屋も食事も、そして全てのサービスは前ホテルとは雲泥の差。。。。
勧めてくれた女性の説明どおり食事が本当に良かったです。
毎日沢山の種類のお料理全て美味しくて、パンもケーキもバクバクといただいてしまったルディ家は・・・・BU~街道まっしぐらでした。。。。
そしてお風呂はなんとジャグジー風呂☆あまりに大きく危なく溺れてしまいそうでした(笑)

お部屋のバルコニーからの眺めはこんな感じです。
f0095647_4172685.jpg

すぐ前はもう公園のようになっていて車が入って来ませんのでルディにはとても安全です。
街中ではほとんどリードをする事なくお散歩できました。

ロビーは広くはないのですが、クリスマスツリーとサンタさんがありました。

f0095647_421302.jpgf0095647_424046.jpg
















f0095647_426169.jpg



ルディも満足☆ちょっとアロハ気分です♪
f0095647_4321298.jpg



驚いた事にルディは一度部屋に入っただけでもう部屋を覚えてしまい、外から帰ってくるとエレベータを降りて一人でお部屋まで帰ってしまいます。
たまに他の宿泊の方に会うのですが、皆さんに声をかけてもらいながら悠々と一人でお部屋の前で待っています。。。。
f0095647_4322384.jpg



ホテルでは皆さんに可愛がられました。
お陰ですぐに他の宿泊客の方とダイニングでもエレベーターでもご挨拶したり話たりするようになりました。
ちなみにこのホテルはドイツからの方が殆どだったようです。

夜はホテルのすぐ下でスペインの民族音楽のコンサートをやっていましたが、下までいかなくてもバルコニーの特等席から鑑賞できました♪


f0095647_4324313.jpg


テネリフェに着いてから最初の3日間はこの街を探索して楽しみました。

素敵なオープンカフェも沢山ありワンコ連れにはとても嬉しい街です。
ここでチーズケーキをいただきましたが、美味しかった☆
f0095647_437385.jpg

この機関車スタイルのバスは水族館(の様なものだと思います、イルカショーやオウムショーがあるらしいですから・・)に行くのですが、可愛いバスだったので運転手のおじさんに聞いたら、ワンコは入場できないのですって。当たり前??
で、写真を撮っても良いか聞きましたら「勿論!」って言ってくれてルディの写真を撮るのを横で見ていたので「ルディと一緒にいかが?」って言いましたら喜んでお隣に来てルディを撫でてくれまひした。
やはり小さいワンコが居るのですって、お鼻はペッタンコだけど女の子でとっても可愛いって言っていました。
サングラスした大きなおじさん、、、見た目はちょっと怖いのですが、とても優しいおじさんでした。
f0095647_4375455.jpg



テネリフェ島には変わった植物が沢山ありましたよ。以前にカナリア諸島をご紹介した記事のなかの「原生種であるドラゴの木」や「照葉樹林」というものらしいです。
f0095647_4381132.jpg



今回は街中でお散歩中に見つけたいくつかの植物をご紹介します。
f0095647_4382667.jpg



これは観葉植物の小さいものだったら見たことがある気がしますが、こんな大きなものは初めて。。。。
f0095647_4384382.jpg



でもようく見ていただければ分かっていただけると思いますが、、、
これ観葉植物ですよね???
名前・・・・・きっとどなたかがご存知なのでは???
f0095647_440066.jpg



こんな木も珍しくないですか?
f0095647_5215189.jpg



実をアップで撮るとこんな感じです。
赤い実と黒い実がありました。
f0095647_523672.jpg



この木は妙に可愛くて気に入ってしまいました☆
f0095647_5235735.jpg



そして、この木・・・・・ハイビスカスの  です。
ハイビスカスの木がこんなになっているのも初めて見ました。
f0095647_4385829.jpg



写真がボケてしまっているのですが、、、
確かにハイビスカスの花でした。

後程ご紹介しますが、ポインセチアの木も沢山ありました。
f0095647_4391299.jpg



歴史的建物もいくつかあったのですが、写真を撮り忘れたものもあり、後程他の街で撮ったものをアップします。
カナリア諸島の典型的スタイルはこの回廊のようなバルコニーのようです。
f0095647_4392943.jpg



今回のホテルのお引越し、ルディ君も大感激でした。
f0095647_4394216.jpg



何故かって??
これはまた後程ご紹介しますが、私達がブッフェでお夕食をした後のお持ち帰りのルディご飯の質が全然違いましたから。。。。
ルディは毎回ひな鳥状態・・・・
親鳥が帰ってくるのを首をなが~~~くして待っていました。
そしてこのホテルのお食事がかなり気に入ったようです☆
f0095647_441644.jpg


          ルディ: ママ、ホテル変えてよかったね☆

by rudy-love-111 | 2006-12-21 22:15 | カナリア諸島☆テネリフェ島旅行 | Comments(20)
2006年 12月 20日
カナリア諸島・テネリフェ島紀行☆その1
今回滞在した場所はテネリフェ島のPuerto de la Cruz(プエルト デラ クルス)といってテネリフェ島の北側に位置した最もポピュラーなバカンスの地だそうです。
比較的早くにリゾート地として開発されたということでホテル自体は南側地域と比べると規模も小さくリゾートホテルとしてもちょっと施設が充実していないかもしれませんが、街自体はとてもよく整備され、歴史的な建物も沢山あっていいところです。
特に中心街は車入って来れないようになっているのでルディが歩いていていても安全でした。

ここでもルディは我が家の渉外係りとして良く働いてくれましたよ。
沢山の方から声を掛けられたり、ホテルでもルディのおかげで親しく話しかけられたり、本当にワンコ好きな方が多かったです。
マジョルカ島同様、ドイツやイギリスからのバカンス客が多かったせいもあるのか、沢山の方がルディに話しかけてくれたり、写真やビデオに撮ってくれたり、ルディは毎日ルンルンでした☆
ルディのおかげではじめての地でもとてもリラックスして滞在できました。

今日はルディのフライトの様子も織り交ぜてご紹介します。

出発は11日、フライトは10時50分だったのですが、荷物チェックに時間が掛かるからと9時前にはチェックインを済ませるように言われていたので、なんと家を出たのが7時半頃・・・・
まだあたりは薄暗くとても寒かった。。。。空港に着いた頃には明るくなっていましたがダウンのコートで正解でした。


ルディもチェックインを待っています。
f0095647_7511613.jpg



チェックインはスムーズに済み、ルディの計量・・・なんと6㎏!!
f0095647_7524210.jpg



荷物と一緒に計量したのでちょっとオマケかしら??切捨てかしら??
ルディのテネリフェ島までの運賃は39€(6000円位)なり。
このキャリーバック、形がちょっと崩れてしまったのですが、キャビン持ち込み仕様で軽いので今回も使いました。



今回は初めて、自分で動く歩道(??)に乗りました。
初体験です!
途中で何回か間があいているのですが、初めはちょっと降りたときにつまずき加減だったのが、すぐに慣れてスタスタ次に進んでいました。
f0095647_7531255.jpg



セーフティチェックは思ったよりも厳しくて、私は3回目で無事通過、パパさんも何回かやり直し・・・
ルディ君、1回でパス☆
スタスタ歩く姿を皆さんニコニコしながら見ていました。
セーフティチェックを通過した所にクリスマスツリーがありました。綺麗だったのでちょっとクリスマス気分を味わいました。
f0095647_801815.jpg



空港内はワンコが歩いても良いのですよ。キャビンに乗り込む時にバックに入れていけば良いのでルディはキョロキョル色々なところを観察していました。
成田空港ではずっとキャリーバックに入れてなければならなかったので可哀相でした。
f0095647_8122248.jpg



さあ、いってきますね☆

f0095647_863111.jpg



この日は思ったよりもキャビンは混んでいました。
席は通路側だったのですが、窓際って言わなかったので後悔・・・・
でも、窓際の席には誰も来なかったので結局真ん中にルディのキャリーバックを置いていました。
ワンコが居るので席を空けてくれたのかしら??
f0095647_8132336.jpg



ルディは離陸する時にちょっとバックから出てきて抱っこしていました。
やはり少し揺れたので怖かったのかしら?
f0095647_8134249.jpg



外ものぞいていました。
ウ~~ン、、、空を飛んでいるってわかっているのかしら???
f0095647_8135683.jpg



暫くするとバックに入ってしまいました。
基本的にこのバックはルディは気に入っています。
このバックに入ってお出かけすると楽しいところに行けると思っているようです。
f0095647_8205325.jpg



すっかりお休みモードでした。
朝が早かったのと、ちょっと興奮して疲れたのだと思います。
バックはこうして開けてあったのですが、この後はもうずっとバックの中に篭っていました。
約3時間のフライト中殆ど寝ていました。勿論おやつタイムはありましたよ。
f0095647_821728.jpg


          海の上にたくさん綿菓子が浮かんでいました☆
f0095647_8211834.jpg



テネリフェの空港は寒かった。。。
タクシーの係りの人は厚いダウンのロングコートを着ていました。。。。
これは失敗かと思ったのですが、空港は山の方にあるので気温が低いようです。
ビーチまで来たらだいぶ暖かくなっていたので安心しました。
でもこの日のお天気はあまり良くなかったです、波も高く海は荒れていました。
f0095647_83883.jpg
f0095647_8382126.jpg



ホテルにチェックインしたのは良いのですが、、、、ちょっとガッカリ。。。。。
一応4つ☆ホテルなのに、、、、これは3つ☆クラス。。。。
ウ~~~~ン、、、、と考えながらとりあえずお散歩に行きました。
f0095647_8333078.jpg



ルディは砂が気に入ったのか自分から走って行きました。
こちらの砂は黒い!!
これは溶岩が流れて出来た砂なのだそうです(パパさんの説明)。
f0095647_8334826.jpg



ルディは相変わらずホットドック君で遊びました。
何しろ観客が沢山いたので張り切る事張り切り事。。。
f0095647_834317.jpg



朝6時半から起きて準備して、3時間のフライトもなんのその、とにかく頑張ったルディです☆
f0095647_8341672.jpg



ルディは夕方はドライを食べました。でも、私達が夕食に行ったときにルディ用にお肉をもらってきましたのでお夜食はお肉を食べてエネルギー補給しましたよ。
でも、さすがに夜はグッタリでした。
f0095647_8503167.jpg


ちなみにこのホテルの食事も4つ☆ではありません!
この食事である決意をしましたよ。次回をお楽しみに☆

by rudy-love-111 | 2006-12-20 00:58 | カナリア諸島☆テネリフェ島旅行 | Comments(26)
2006年 12月 19日
ただいま☆
皆さんただいま☆テネリフェ島から一家三人無事帰ってきました。
カナリア諸島・テネリフェ島でのバカンス、とても楽しく過ごしましたよ♪
でも今日はもうクタクタなのでちょっとだけ写真をアップします。

まずは、ホテル屋上のプールサイドから撮った風景です。
とても晴れていて綺麗な海と空でした。
これは帰る前の日の午後なのですが、なんと気温は28℃から30℃・・・・夏でした。
f0095647_1093436.jpg
f0095647_1095092.jpg


そして我が家のルディはいつものポーズです。
f0095647_1010963.jpg

これは到着したその日だったのですが、空港は風がビュンビュンで寒かったです。
今回のチョイスは失敗だったかしら・・・なんてちょっとブルーになりかけましたが、タクシーに乗って目的地に着くと風はなく暖かくなってきました。
荷物を置いてすぐTシャツを着せたままお散歩に出たのですが、途中暑くなってすぐに裸で走り回っていました。
この8日間本当に元気に毎日走り回っていたんですよ。
夜はグッタリして大丈夫なのか心配になるほどだったのですが、一晩寝るとリカバーしてまた走り回っていました。もの凄いスタミナにビックリでした。

そして飛行機に乗っても、もう慣れたようで余裕の表情を見せています。
f0095647_10315029.jpg

             ルディ: ママ、飛行機久しぶりだね♪


そしてカナリア諸島のお土産は、、、、カナリア焼け&カナリア太り・・・・・

これからテネリフェ島での様子少しづつご紹介していきますね。

by rudy-love-111 | 2006-12-19 03:37 | カナリア諸島☆テネリフェ島旅行 | Comments(22)
2006年 12月 09日
カナリア諸島☆テネリフェ島
カナリア諸島行きをご報告したのは1ヶ月程前のような気がしたのですが、あっという間に出発です。
月曜日の朝には空港に向かっています。

12月11日~18日まではカナリア諸島テネリフェ島に行っています。
あちらのインターネット環境がわからないので更新及び皆様のブログにおじゃまできないかもしれません。
帰ってまいりましたら出来るだけ早く旅行のご報告をすると同時に皆様のブログにもお伺いさせていただきます。

昨日は準備に追われて更新できませんでしたが、今日は出かける前にカナリア諸島についてちょっとご紹介したいと思います。

カナリア諸島はアフリカ大陸の北西沿岸に近い大西洋上にある、火山の噴火によって生まれた7つの島からなる群島だそうです。
イベリア半島から1,840km、アフリカ大陸沿岸から115kmに位置するそうで、殆どアフリカですね。。。。

北回帰線のやや北,北緯28度に位置する為,平均気温は冬が17.7℃,春が20.6℃、夏が24.33℃、秋が20.5℃と温暖な気候に恵まれているそうです。総面積は7,242k㎡、人口約160万人。
でもサイトでここ数日の気温をチェックすると16℃前後になっています。これではシッチェスより低いかもしれません。でも昨年マジョルカ島に行った時にも、調べていった気温よりもずっと高く、パパさんはあちらで短パンを買ったほどです。
海沿いの気温は実際にはもっと高いのできっとテネリフェも暖かいのではないかと思います。


カナリア諸島自治州は下の地図上の中央付近にある大きな二つの島、サンタ・クルス・デ・テネリフェ県(テネリフェ島)とラス・パルマス県(グランカナリア島)との二つで構成されています。
2つの都市が共同州都となっていて、それぞれの島にcabildo insular(島の集会)と呼ばれる行政組織があるそうです。
そういえば、以前はもっと日本漁船によるマグロ漁が盛んだった為に、このグランカナリア島
には日本領事館があります。
f0095647_1591275.jpg

このカナリア諸島は、ギリシャ神話に登場した、黄金のリンゴがあるというヘスペリデス島のモデルだと考えられているそうですよ。 また、古代ローマの学者大プリニウスが、島に多くの野犬がうろついていることを最初に伝えたために、ラテン語で犬を意味するcanisがカナリア諸島(Canaria)の名前の由来となったそうです。
今でもワンコが沢山いるのかしら???

今回我が家が向かうのは、テネリフェ島です。初めて行くというと、皆さんテネリフェ島を勧められます。勿論この二つ以外の島もとても良いそうですよ。むしろそちらの方が落ち着いてバカンスを過ごせると聞いています。が、我が家はワンコ連れ・・・・今回は最もオーソドックスな場所を選びました。

カナリア諸島自治州は、嬉しい事にEUの関税の範囲外、即ちタックス・フリーなのです♪
もうそろそろお化粧品がなくなりそう・・・ゲットしてきます☆

またカナリア諸島の標準時間はスペイン本土より1時間遅く、リスボンやロンドンと同じ時間帯だそうです。スペイン国内で時差があるのですね。

テネリフェ島での見所はいくつかあるようです。スペイン最高峰のテイデ山(3,718m)がそびえたっているテイデ山国立公園、ユネスコ世界遺産にも指定されている古い街並みのサン・クリストバルデ・ラ・ラグーナ市旧市街、そしてなんとスペインにピラミッドがあるそうです。
原生種であるドラゴの木(ドラカエナ・ドラコ)や照葉樹林をさすラウリシルバなど複数の生物種、自然環境が保護されているそうで、テネリフェ島にある植物園も楽しそうです。
でもピラミッドや植物園はルディが居るから無理かしら。。。。

スペイン国内のワンコ連れ旅行なので色々と制限があるでしょうし、どれだけ観光が出来るかわかりません。
でもルディと一緒にリゾート地でバカンスできるというだけで私達は充分満足ですので、その中で出来る限り色々とご紹介していきたいと思います。


昨日の我が家のルディは午前中は前の日のお疲れが出たのか、ずっとこんな感じで寝ていました。
f0095647_2344597.jpg

でも大きなスーツケースをリビングに出して広げた途端にキュンキュンいって覗き込んでいました。
ちょっと入れてみたのですが、この中に入って行きたいのかしら??
それはちょっと大変だと思うけど。。。。
f0095647_236415.jpg


1週間だというのに我が家の荷物ものすごい事になっています。。。。
ちなみにこの大きなスーツケースとガラガラ(わかります??)を用意しているのですが、このガラガラ・・・・私のパソコンが入る以外は全てルディの物です。。。。
予備のホットドック君も入れました。旅行中に無くしたら大変な事になってしまいますので。。。。

フライトは10時55分なのですが、現在スペインでは荷物検査をとても厳しくチェックしています。水溶性の物の持ち込みは100ml以内です。だからペットボトルもダメ・・・・荷物検査を通過してから空港内で購入しなければなりません。180mlのペットボトルが3€だったとユリアが言っていました。。。。
そんな訳で国内フライトなのに2時間前にはチェクインを済ますようにとの事なのですが、我が家はルディが居るのでもっと早く空港に行かなければなりません。。。。
大丈夫かしら???

それでは皆さん行ってまいりま~~~す☆

by rudy-love-111 | 2006-12-09 20:15 | カナリア諸島☆テネリフェ島旅行 | Comments(32)