2006年 06月 01日
海外リタイアメントライフの風景☆食
ONE WAVE のリタイアメントの記事、「ワンコと一緒に海外リタイアメントライフ」を書かせていただいてからは、ひょっとして「老後は海外でリタイアメントライフを」と考えていらっしゃる方も訪問して下さっているのでは・・・なんて勝手に思っている今日この頃です。
そこで長い海外暮らしで気になる食、こちらでの食生活についてちょっとご紹介します。
海外に居るとやはり日本食が恋しくなるのは当然ですよね。ましてや年をとってくると余計日本食が恋しくなるのかも。。。。
でも、ちょっとお料理をされる方であれば、別に海外でもホラ、こんなに普通に日本食が食べられるのですよ。
だって、日本で売られている殆どの食材がこのバルセロナでも手に入りますもの。

今日は火曜日に買ったあの豚バラ肉で角煮を作ってみました。

<今日の材料>
豚バラ肉・・・スペインの豚肉は美味しい!!イベリコ豚が日本では有名ですが、他にも種類があるようです。また普通の豚肉でも臭みがなくて十分美味しいです。特に脂身のところがトロッてしていて甘くて美味しい☆
卵・・・どこでも手に入りますね。
大根・・・こちらの八百屋さんではDAIKOって書いてありました。
お醤油・・・スーパーでも売っています。
お砂糖・・・これはどこに居ても問題ないですね。まあ、こだわりのお砂糖は手に入らないかもしれませんが。。。。
日本酒・・・バルセロナの日本食材店に行けばあります、が、無い時には白ワイン等入れてしまっています。
みりん・・・同じくバルセロナの日本食材店に行けばあります、が、私はわざわざは使っていません。

f0095647_2152577.jpgまずは皮を切り取ってから適当な大きさに切って、私は圧力鍋を使って余分な脂分を落としながら柔らかく煮ます。この時に、生姜と葱(今回はポロ葱の先の部分を使いました)を一緒に入れて、水を肉が隠れる程度に入れると肉の一部が出て硬くなることはありません。圧力が入ってから約15分位煮ます。その後冷ましてから、肉はぬるま湯で綺麗にあく等洗い落とします。
煮汁は冷蔵庫に入れておくと、脂身が白く浮くので、その下のスープを煮汁に使います。
この煮汁とお醤油・砂糖、日本酒等で煮込みますが、この時にゆで卵と大根を一緒に煮るとこれがまた最高です。こんな具合になります☆
f0095647_4435956.jpg
外国でもちょっと工夫すれば、ホラ、こんなに立派(???)な日本食が楽しめます。

f0095647_4443317.gifまずこれは火曜日の買出しデーの時に買って、作っておいた鯵の南蛮漬け。
マメ鯵、中鯵、大きな鯵とその日によって色々です。鯵は日本人には馴染みのある魚ですよね。鯵の開きも作れますし。こちらの、「自家製アジの開き」を参考にして下さい。


f0095647_4451421.jpg

これはワカメとキュウリの酢の物。でも具がはいっています。チリメンジャコと干し海老です。
両方ともパパさんが日本に戻った時に買ってきてもらいました。
日本食材店に行けばあるかもしれませんが、こちらのスーパーやお魚屋さんには残念ながらありません。
キュウリは日本で売っているような細くて小さいものではなくて、もっと大きなものです。でも酢の物にしてしまえばあまり変わりないですよ。それから米酢はこちらのスーパー等にはありません。いつも白のワインビネガーを使っているのですが、十分使えます。

f0095647_4454266.jpg白菜と大根の浅漬けです。白菜は一般的なようで、八百屋さんに売っています。大根もありました。お友達が日本から送ってくれた浅漬けの元と隠し味に昆布茶をちょっと入れて作りました。そして、乾燥ユズ、とっても香りが良いです。この乾燥ユズが優れもので、とても重宝しています。

f0095647_446191.jpg

トン汁には白菜、豚こま肉(冷凍してから薄くカットしました)、葱(今日は葱が無かったのでポロ葱)、マッシュルーム(ちょっと変?でもこれもまたいいですよ)、今日はついでに(?)ヒジキも入れてみました。
我が家のお味噌汁は日本に居る時から具沢山。。。。「一日30品目」には助かります。

確かにこちらでは手に入らない食材もありますが、まあしょうがないですね。
こちらの八百屋さんで手に入らない食材でとっても残念なのは、パッと思いつくものでは、まずニラ、ゴボウ、カボチャ(こちらのカボチャは柔らかく水っぽくて甘さがない・・)、サツマイモ、舞茸・えのき・シメジなどのお鍋の友・・・・です。。。
ロンドンやパリなどの他の都市の方が、バルセロナよりも日本食材は容易に手に入るような気がしますが、バルセロナの日本食材店に行けば、そこそこは手に入ります。


日本食は世界的にまだブームのようで、どこにでも日本料理のレストランが沢山あります。お味は???全く日本と同じように・・というわけにはいかないでしょうが、それなりのものはいただけるようです。ただ高いのが辛いですね。
値段がそこそこだと今度は「日本食のまがいもの」だったりするので、自分で作った方が美味しいような気がします。
ちなみにシッチェスにも2軒日本食のレストランがあります。でもまだ未体験です。。。
他のブログ等読ませていただいていると、外国に住まわれている方達は自分で色々作るようになるようで、皆さんマメですね。
最近ではインターネットで簡単に色々なレシピも手に入るので、お料理をされている方であれば十分楽しみながら日本食もそしてこちらの食事もエンジョイできます。
食生活についてはあまり問題ないと思います。
でも、リタイアメントライフではもう食事の支度に悩まされるのは嫌!!なんていう奥様方もいらっしゃるかもしれませんが、そういう場合はタパスの食べ歩きっていうのも良いかもしれません。

by rudy-love-111 | 2006-06-01 21:19 | 我が家の食卓 | Comments(4)
Commented by KAO-MARU at 2006-06-02 14:13 x
頑張って、工夫して、楽しんで、手作りしてる様子が手に取るようにわかります(*^_^*)。いつでも手に入ると思うと、ちっともやらないけど、手に入らないと、逆にどーしても食べたくなるのが人情ですよね。
白菜がスペインで一般的だなんて???確か原産地は中国だったはず。現地の人たちは、スープやクリーム煮にして食べているのですか?
日本みたいにカットして売ってるの?それとも丸1ケ?スペインの人たちは、毎日タパスやパエリア食べてるわけじゃないんですよね・・・。また、そんな事情も載せてくださいね~♪
Commented by okiron at 2006-06-02 15:44 x
すご~い。食生活充実してますね。器はそちらでそろえたんですか?パパさんのラグビーやrudy-loveさんのお料理ルディ君の育児(?)など夫婦で楽しいリタイアメントライフ素敵ですね。栄養満点なお料理とストレスの少ない地方で綺麗な空気を思う存分吸って家族3人ず~っと健康で楽しんでください。
Commented by rudy-love-111 at 2006-06-02 21:52
KAO-MARUさんそうそう白菜はね「CINO COL」ってなってましたから、中国キャベツって意味なんですよ。
どうやって使うのかは詳しくはわからないけどでもスーパーでだいたいいつも売ってますからよく出るのでしょうね。
チンゲン菜もありましたよ。
白菜はね、丸ごとですよ。カットなんかして売っているものは・・・・大きなスイカと大きなカボチャですね。
スペインの人達は良く料理してますね。だからしょっちゅう外食ではないように思います。
でも、カフェはしょっ中してますね。
我が家も大体お散歩の後はカフェに寄ってお茶していますが☆
コーヒーは外で飲むものなのかしら???
Commented by rudy-love-111 at 2006-06-02 21:57
orikonさん、器は全部日本から持ってきたものです。
それにお料理はお惣菜売っているデリとか少ないし、お惣菜自体があまり売ってないので必然的にお料理する事になります~~~。
タパスも美味しいけど、いつも外食じゃ栄養のバランスにも悪いし、飽きちゃいますからね。

こちらでの生活・・・・・ウ~~~ン、B型パパさんのケアが一番大変ですよ。。。。


<< 新聞少年ルディ君☆      火祭り わかった情報☆ >>