2012年 10月 24日
塩コレクション★Fleur de Sel(塩の花 )
こちらもフランスからのお土産。色々あるけど、全て天日塩。

f0095647_3441060.jpg



そして、下の三種類が先日もふれました、Fleur de Sel :フルール・ド・セル (塩の花)、天日塩の中でも最高級の塩と言われています。

今回のバケーションハウスのエージェンシーの人は、水面の上の部分に出来る塩でほんのわずかしか出来ない最高品質の塩、、、というような説明をしてくれましたが、
サイトで調べてみると、どうやら、濃くなった塩田の水面に一番最初に現れた結晶で、ふわりと最初に浮かぶ「塩の花」、それを丁寧にすくいとったものだそうです。

火を通して料理する時ではなく、最後の仕上げにパラパラと使いますよ、サラダとか、天ぷらとか、、肉や魚を焼いていただく前にパラパラと、、

f0095647_3435767.jpg



こちらはいつも使っているフランス・プロヴァンス地方カマルグ(Camargue)地域の Fleur de Sel(左)と顆粒タイプ(右)。

以前に行った事があるのですが、パッケージのようにフラミンゴが居ました、、そして水の色はほんのりピンク。

f0095647_3433315.jpg



蓋はコルクになっていてちょっとお洒落。

f0095647_3441834.jpg



中味はカラカラに乾燥しているわけではなく、シットリしています。
甘みがあってマイルド。

f0095647_3442189.jpg



こちらは最も有名な、ブルターニュ地方のゲランド Guérande のFleur de Sel (右側)と顆粒タイプ(左側)。

f0095647_3435057.jpg



こちらは今回の旅行で訪れた小さな街 Gruissanの のFleur de Sel (右側)と粗塩(左側)。
小さな街なのに、塩田があったんです! 塩田のご紹介は後ほど。

f0095647_3435371.jpg



Fleur de Sel には小さな木製のスプーン付き。ひょっとしてオリーブの木のスプーンかしら、、使うごとに艶が出そうで楽しみです。

f0095647_34458.jpg



こちらは粗塩。

f0095647_3441583.jpg



塩スプレーも買ってきました。

f0095647_344192.jpg



実はこちらは量り売りで買ったハーブ塩。

f0095647_3442515.jpg



忘れないように名前を書いて小さな瓶に保存。
左側 Thyme(タイム ) 、 右側 Celery(セロリ )、肉料理に合うそうです。

f0095647_701523.jpg



こちらはフランスのスーパーで買って来た粗塩。右側は以前に買って来たもので今使っているもの。
左側が今回買った新しい粗塩。塩鮭や干物作り、キャベツや白菜の浅漬けやキムチを作る時の白菜の漬け込み、その他色々使っています。

f0095647_34266.jpg



こちらもこうやってボトルに入れてあります。

f0095647_2355147.jpg



こちらはフランス産ではないのですが、お気に入りの一品。
ポルチーニ入りの塩なのですが、こちらも美味しい。
ホックホクのジャガイモや、パスタ etc. に最後の一振り、、

f0095647_23552632.jpg


こんなに塩をどうするのって聞かれそうですが、、
これだけ塩があっても我が家は基本的に減塩を心がけています。
でも、こちらは素材自体が新鮮で美味しいので、色々料理しなくても美味しい塩で味付けするだけで十分美味しい料理になるのですよ、、美味しい塩は必需品。

それに色々あると楽しいじゃないですか。お料理好きなわけではないので少しでもお料理が楽しくなるようなモチベーションが必要な私です。

by rudy-love-111 | 2012-10-24 23:59 | 我が家の食卓・食材編


<< Fleur de Sel(塩の...      ルディ&リナ 今日も元気♪ >>