2011年 12月 05日
お料理教室3☆クリスマス・チキン&カネロネ
今月のお料理は季節柄、クリスマス用のチキンの詰め物、そしてこちらでは12月26日にいただくカネロネを教えていただきました。


こちらが今回の主役のチキンの詰め物です。

f0095647_0125184.jpg




クリスマス用のチキンとなっていたので、「チキンの丸焼き」 をイメージしていたのですが、出来上がったものはこんなもの、、、、 OH~!

f0095647_0121611.jpg



大きなチキンを開いて骨を取り除いた物に、豚肉と牛肉のひき肉同量にトリュフとその他諸々を一緒にコネコネしてプラムと茹で卵をクルンと巻くようにして縫い合わせます。 

詰めすぎると破裂するし、足りないとしぼんでしまうし、、、微妙な具合がちょっと難しい、、        
f0095647_0121690.jpg



初めに両面を焼いてからオーブンでじっくり焼きます。

f0095647_0122177.jpg




こちらは今回使ったカネロネです。
この「Facil(簡単という意味ね)」っていうのがポイントかも、、水に浸けておくだけで簡単、そして扱いやすい。

f0095647_0121818.jpg



カネロネの中身なのですが、タマネギとニンニクを炒めてから牛肉・豚肉・鶏肉の角切りを入れて時間をかけて炒める。

先生からアドバイス :

■ 肉類はパサパサになるのを防ぐ為に小さくカットせずに大きめにカットする。


f0095647_0122359.jpg



その後、全て一緒にフードプロセッターにかけてこのような状態に。

肉類を炒める時間が結構長かったので、これではしっかり中まで火が通ってしまいどちらにしても固くなってしまうのではないかと思ったのですが。出来上がった物はしっとりしていました。

まとめやすくする為にベシャメルソースを少し混ぜながら調整する。

f0095647_0123017.jpg



カネロネの中身の詰め方については、筒状のものを茹でてその中に詰めるとか、茹でないでそのまま詰めてからベシャメルソースをかけてそのまま焼くとか、、色々聞いていたのですが、、
どうやらスペイン式はこのようにカネロネシートで巻いて作るようです。

f0095647_0122934.jpg

f0095647_0123422.jpg



スペインでは26日にカネロネをいただくのが伝統だそうです。

f0095647_0123892.jpg




こちらは出来上がったチキンですが、ボリュームたっぷり!

f0095647_0124886.jpg



カットするのが難しそうと思っていたら、、、先生、電動ナイフでカットしていました。

f0095647_0124332.jpg




事前にある程度準備してあとはオーブンで焼けば良いのでパーティーなどには良いメニューだと思います。
我が家のような少人数家族用には、腿を開いて骨を取り除いてもらって詰め物をしても良いかも、、

f0095647_0124517.jpg




この日は先生方からこんなに可愛いプレゼントをいただきました。

f0095647_0123789.jpg



ここのところずっと良いお天気が続きお散歩日和です。昨日はリナのコースでまたまたバシャバシャ..帰って来てルディお兄ちゃんとリナをお風呂に入れてクッタクタ、、
今日はルディお兄ちゃんのコースで街まで行ってカフェでお茶タイム。ルディお兄ちゃんはとっても満足♪

ところで今日は本当に暖かく、ビーチに寝転んで日光浴をしている人も沢山いたのですが、、その中に人魚姫がいたのにはビックリ!!

さあ、今年も残り1ヶ月をきりました、、忙しくなってくるでしょうが皆様体調を崩さないようおきを付け下さいませ。

by rudy-love-111 | 2011-12-05 18:15 | ちょっと特別な日


<< バギーガール♪      イカ大根作ってみました。 >>