2009年 09月 26日
南仏紀行3☆水道橋 Site Pont du Gard
今回ご紹介しますのは南仏滞在3日目に訪れましたムサック村からアヴィニョンに向かう途中に位置する、Site Pont du Gard(ポン・デュ・ガール遺跡)です。

ポン・デュ・ガール遺跡はユゼスの水源からニームまでの水を運ぶために作られた全長50km近くある水路の一部であり、ヨーロッパにおけるローマ時代の水路の遺跡としては一番良好な状態で保存されているそうで、ユネスコの世界遺産に登録されています。

f0095647_2152258.jpg



三層のアーチ構造を持ち長さ27m、高さ48m(ローマ帝国でもっとも高い)の巨大な水道橋は間近で見るととても迫力がありました。

解説書によると紀元38年に始まり、52年に終了した工事に参加した労働者の数は1000人余り、使われた石は5万トンを超えるそうです。

f0095647_17212796.jpg



この日も快晴、紺碧の空の下、

f0095647_2562870.jpg



この水道橋はフランスでも人気のある遺跡だそうで、バカンス時期はかなり混んでいるそうですが、9月に入っていたので、そんなに混むことはなく広い駐車場もルディとリナの遊び場になるくらい空いていました。

ちなみに駐車料金は5€、水道橋を見るための入場料は要りません。

f0095647_2564794.jpg



小さく見える観光客の姿から容易にこの橋の大きさがご想像いただけると思います。

f0095647_12175.jpg
f0095647_13374.jpg



現在、整備された165ヘクタールの敷地内には、橋の歴史を展示した博物館や、巨大スクリーンでのビデオ、子供達のスペースなどの施設が整っています。

f0095647_257565.jpg



この日は暑かったせいか?記念の為か?橋の丁度下あたりで泳いでいる人達もいました。

f0095647_11814.jpg



1.5キロの散策コースもあり、水道橋を見るだけではなく、自然の中を散策する事もでゆったり過ごす事が出来る良い所でした。
こんな所だと事前に分かっていたら、オニギリのランチBoxを持ってくるんだった、、、、

f0095647_11314.jpg



勿論ワンコOK(ノーリードはNG)ですので、ルディ&リナも一緒に橋を渡って向こう岸まで行きました。向こう岸に行くとワンコが泳いでいたのでルディ&リナも一緒に泳がせたかったですが、アヴィニョンに行く途中でしたので思いとどまりました。

f0095647_3411425.jpg





南仏旅行から帰ってきて既に2週間も経っているのですが、、なかなか記事のエントリーが進みません、、、
旅行から帰って来た時は急に涼しくなってしまったのですが、、ここ数日また暑さがぶり返し、ちょっと体がついて行きません、、、
夏の疲れが出る頃でしょうか、、、皆様もお気を付け下さいませ。

by rudy-love-111 | 2009-09-26 22:15 | アンドラ公国・フランス旅行


<< Wine Harvest Fe...      南仏紀行番外編3☆ヒマワリ畑 >>